2019年5月7日最新のドル円の予想と今日の値動きポイント

2019年5月17日

昨日はダウも思ったより下げずドル円も急速に戻しを見せました。しかし111.09銭の窓埋めは終わっておらず、となるとまだ円高にはならないということを示唆しています。

となると窓埋めまでは110.00銭ぐらいがサポートするということでしょう。日足の雲が110.30銭ですからどちらが底かということでしょう。

ドル円長期予想と最新のトレンド

週足

週足のこの雲は上ひげが出やすく、引っかけも多いので売り一辺倒とはいきません。月足のロウソク足が悪い形でないので売りともいえないでしょう。

一目均衡表で見る現在のトレンドは

  • 月足チャート 売り
  • 週足チャート もみあい
  • 日足チャート もみあい
  • 8時間足チャート 売り
  • 4時間足チャート 売り
  • 1時間足チャート 売り
  • 30分足チャート もみあい
  • 15分足チャート 売り

となり、後は日足が売りになるか1時間足が買いになるかがポイントということです。

トレンド確認1.雲の中にいるともみあい

2.雲の上にいると買いが強い

3.雲の下にいると売りが強い

がトレンドの目安となります。

下記ランキングに参加していますので、参考になりましたら応援やSNSでの拡散をよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ  

ドル円はレジスタンスと基本を知っておけば、どの通貨より取引しやすい通貨といえます。詳しくは下記で紹介していますので、しっかり学習しておいてください。

ドル円日足予想

ヤフーファイナンスの移動平均線の日足チャートで見ると、節目の線がまだ追い付いておらず下げ渋っています。赤矢印の日足がとりあえずサポートラインとして機能しています。

今日は上は111.17銭と111.25銭に位置していて、下はありません。米中貿易の内容でいきなり動くのでチャートをずっと見れない人は、トレードに適していません。

参考になるのはこのヤフーファイナンスの移動平均線です。

MT5でチャートを見てみると

黄色い線の左はまだ固く、通り過ぎると落ちやすい 左で落ちると引っかけが多く110.00銭か、週足の雲の下限109.60銭までの下落と見ておきましょう。

上のレジスタンスは111.16銭と110.94銭にレジスタンスあり。下は昨日の安値しかレジスタンスはありません。

ドル円8時間足・4時間足チャートポイント

ドル円8時間足チャートを見ると

8時間足の雲上抜けは今週はないと出ています。となるとMAX111.35銭を見ておきましょう。

レジスタンスは下はない。上は111.00銭~111.18銭と111.34銭。

4時間足チャート

雲上ぬけは赤丸が抜けゾーンなので、一方的な上昇はなし。111.10銭~111.40銭まで上げたら一回落ちるでしょう。1時間足の雲を抜けるかだけ見ておきましょう。

上はレジスタンスは111.40銭。下は今日の高値110.75銭と111.00銭と111.16銭がレジスタンス。

スポンサーリンク

ドル円1時間足・30分足・15分足値動きポイント

為替の基本は1時間足の雲を抜けるかどうかです。雲を下抜けしたら売り、上抜けしたら買いという基本のスタンスで臨むことです。なので今は1時間足の雲の下にいるので、売り相場です。

ここを把握しないとFXは勝てません↑

ドル円1時間足一目均衡表を見てみましょう。

赤丸が上抜けポイント。日足の雲下抜けがまだといっているので、上か横横111.20~110.60銭のレンジ相場とみるほうが無難か

30分足チャート

30分足の端にそろそろ到達赤丸で上抜けか下抜けかをみてトレードがおすすめ。上値は重いし下値も固い

15分足チャート

15分足でひさびさ雲に沿っての上昇がみられるか。

勝率7割超え!FXチャートの読み方
FXの勝率を上げるのは、チャートのパタンを覚えるだけです。そのチャートパターンさえ覚えてしまえば無理にエントリーすることはなくなります。

まとめと今日のドル円予想レンジ

以上が2019年5月7日最新のドル円の今日の値動きポイントでした。

5/6日の予想レンジは

110.84銭~110.28銭と書いて後出しだったのでまあまあでした。

5/7の予想レンジは

111.05銭~110.60銭とみます。

  • 今日の上値の目安は111.16銭と111.00銭
  • 下値の目安は110.60銭と110.30銭

です。

ボラの低い相場がしばらく続きそうですね。