2017年5月22日から5月26日までのFXと株式投資の予想と先週の結果

過去の投資予想
スポンサーリンク

先週はトランプ大統領のFBI長官解任問題により、大統領が罷免されるかどうかの話題でダウ平均も急落し、ドル円日経平均も大幅続落した週となりましたが、週末に少し盛り返した形で終了しました。

来週も果たして緊迫が残る流れが続くのか、落ち着きを取り戻して上昇トレンドが継続するのかが注目となりそうです。

来週の為替・株式の展望

スマホ
日経平均ももう一度2万円を付けそうなところまでいきましたが、そこから急落し19,500円まで落ちた形となりました。

ドル円も114.30銭を付けた高値から110円20銭と4円も急落した珍しい大きな値幅の週となりました。

果たしてこの流れは、どうなるのか来週は大きな転換ポイントとなるでしょう。

売買は自己責任となりますので、このブログを読んで損をした、被害が発生したなどのクレームは一切受け付けておりません。免責事項を読んで、あくまで参考情報として楽しんで読んでください。

ドル円予想

先週の予想レンジは113.50銭~112.10銭と下予想とします。

が結果を見ると

113.84銭~110.23銭と大きな下落となりました。まあ下予想は的中し、4時間足の雲を抜けたら完全下落と書いたので良かったのではないでしょうか。

問題は来週でポイントは上へ向かうのか下へのトレンドが再開するのかが注目です。

あまりにも急激に落ちたドル円は単純に考えると下へとトレンドが変わったと考えるのが妥当といえるでしょう。

短期での注目ポイントは、1時間足の雲を上抜けするか下抜けするかで、上抜けすれば買い下抜けで売りという考えでいいのではないでしょうか。

ゆえにそれを見極めてからエントリーするほうがリスクの少ないトレードと言えます。

下記がドル円1時間足チャートです。白丸部分が抜けのポイントなので、そこを見極めていきましょう。

1時間足チャート

少しレンジ相場に入ったような感に見えるので、それだけは注意しておいてください。

スポンサーリンク

4時間足のチャートを見ると大幅な上昇はすぐには無さそうで、下への下降のほうが値動きが大きそうです。4時間足のチャートが下記です。

4時間足のチャート

上記白丸部分が上への突破ポイントなので、水曜か木曜まではじりじり上昇か下への下落かになりそうです。

ということで来週の予想レンジは、あえて上昇とみて

113.20銭~111.20銭と上昇を予想します。

トランプ大統領問題次第で、あっさり下へと向かいそうですが、それがない限り上昇でいいのではないでしょうか。どちらにしてもあまり手を出さないほうが良さそうな週と言えます。

FXの予想でチャートが未来のパターンを予測して教えてくれるのがFXプライムのぱっと見テクニカルです。これだけでかなり動きが読めるので、FX初心者は使ってみてください。

株式投資予想

これまでに予想した銘柄のおさらいをすると

  • ブロードバンドタワー 231円で結果は247円
  • トレイダーズホールディングス  142円で結果は146円
  • 日本アクア 385円で結果は408円
  • ゼット 173円で結果は172円
  • ネポン 203円で結果は210円
  • アンドール 416円で結果は478円
  • 日本コークス(3315)102円で結果は97円
  • ホットリンク(3680)489円で結果は515円
  • トランスジェニック(2342)621円で結果は618円

    結果アンドール以外は目立った動きもなかったですね、一瞬の上昇を期待したトレイダーズホールディングスは、140円割れれば、そろそろ見切ろうと思います。

    167円を付けた時点で10%以上の上昇でしたから、業績が悪い企業の深追いは禁物といえます。

    まとめ

    以上が2017年5月22日から5月26日までのFXと株式投資の予想と先週の結果でした。

    株価が大きく動くのは第3週というのがセオリーですから、来週が上へいくのか下へ向かうのかそれぞれ注視していきましょう。

コメント