2017年5月1日から5月5日までのFXと株式投資の予想と先週の結果

過去の投資予想
スポンサーリンク

先週のドル円相場は月曜日が上への窓開けスタートと、売り手を困惑させた相場となってしまいました。私自身も売りで勝負をしていて、月曜から買いに転換しようと考えていたので痛い目に合いました。

窓埋めすらせずに上昇したドル円は上昇基調が強いことを示唆する展開となったと言えるでしょう。日経平均もあっさり19,000円を突破してまた上昇トレンドに突入しましたが、来週はGWのため、少ない日数で動きは少ないのではないでしょうか。

来週の為替・株式の展望

タブレット

北朝鮮問題は、いつ何起こるか分からい緊迫した状況なので、為替や株式もリスク管理がきっちり必要な流れとなってきました。

また5/7のフランス国民投票は日曜にあるため。来週は為替株式ともに週末にポジションを閉じるかどうか難しい判断が迫られる展開となりそうです。

売買は自己責任となりますので、このブログを読んで損をした、被害が発生したなどのクレームは一切受け付けておりません。免責事項を読んで、あくまで参考情報として楽しんで読んでください。

ドル円予想

選手のドル円は月曜に窓開け上昇をして大きく伸びた結果となりました。それにしても毎週月曜日は上昇からスタートが続く展開となっていますね。

先週のドル円予想レンジは

111円40銭~109円00銭と上昇トレンドと予想します。として結果は

111.78銭~109円58銭と素晴らしい結果に終わりました。月曜日の窓開け上昇がなければ、もっと値幅がとれていたのでそこだけが残念と言えます。

先週おすすめしたポンド円も好調で、148円50銭か150円まで上昇するのではないでしょうか。6/8までロング勝負をして決戦日に利確するかそのまま保持するか見極めていきたい所ですね。

ユーロ円も日足の雲を抜けたので、フランス選挙がなければ買いで勝負したいと言えます。まあ週末まで買いで勝負をして木曜か金曜に決済するのが、一番賢い方法と言えます。

スポンサーリンク

というわけで、

来週のドル円予想レンジは

112.80銭~111.20銭と上昇トレンドを予想しますが、GWなので値幅の狭いレンジ相場もあることを頭にいれておきましょう。

それにしてもフランス総選挙が日曜なのがネックと言えますね。

ドル円の上値の抵抗線は112.30銭と80銭で下値は111円00銭です。111円割れなら売りで参戦しましょう。

FXの予想でチャートが未来のパターンを予測して教えてくれるのがFXプライムのぱっと見テクニカルです。これだけでかなり動きが読めるので、FX初心者は使ってみてください。

株式投資予想

再開した株式予想もまずまずの結果となったのではないでしょうか、先週おすすめした銘柄の結果を見ると

  • ブロードバンドタワー 231円で結果は239円
  • トレイダーズホールディングス  142円で結果は144円
  • 日本アクア 385円で結果は398円
  • ゼット 173円で結果は172円
  • ネポン 203円で結果は213円
  • アンドール 416円で結果は452円

とほぼ上昇という結果に終わりました。来週は2日しかないので、予想銘柄はこのあたりで継続していきますが、一瞬の上昇を狙いたいのが

  • テイツー 60円で90円くらい
  • トレイダーズホールディングス  142円で230円くらい
  • ジースリーホールディング 119円 で170円くらいか

とチャート的に見ても一瞬伸びそうな銘柄がこれらで上ひげをつけて終了するとみますが、いつ噴火するかはわかりません。

まとめ

以上が2017年5月1日から5月5日までのFXと株式投資の予想と先週の結果でした。

フランス選挙が終わるまで無理にポジションを持たない方が賢明と言えますが、あくまで上昇トレンドに変わったことは頭に入れておいて下さい。

コメント