2019年3月15日最新のドル円の予想と今日の値動きポイント

2019年7月5日

ブログの閲覧数今日の読者数 1690
昨日の読者数 2938
総閲覧数 264850

結局ドル円はあがってしまいました。とりあえず今日の政策金利でどう動くかですが、今のところ買い優勢で落ちるところはなさそうです。

やはり分厚い雲は動きがないので、ゆるやかな上昇が予想されます。とりあえず200週移動平均線の112.30銭かボリンジャバンドの113.00銭を目指しそうです。

ドル円長期目線と現在のトレンド

週足

一目均衡表で見るドル円の週足雲割れは、雲の中に入らない限り上でよさそうです。

雲のコブが右端にあり、あれを超えるにはなかなか難しいので、とりあえずはダブルトップを付けて落ちるか、下げても110.00銭や109.60銭が固そう。
一目均衡表で見る現在のトレンドは

  • 月足チャート 買い
  • 週足チャート 買い
  • 日足チャート 買い
  • 8時間足チャート 買い
  • 4時間足チャート 買い
  • 1時間足チャート 買い
  • 30分足チャート 買い
  • 15分足チャート 買い

と買いしかありません。15分足の雲がまだ落ちそうもないので、買い有利と言えます。

トレンド確認1.雲の中にいるともみあい

2.雲の上にいると買いが強い

3.雲の下にいると売りが強い

がトレンドの目安となります。

下記ランキングに参加していますので、参考になりましたら応援やSNSでの拡散をよろしくお願いいたします。読者が少ないと判断した場合は突如前触れもなく、予想記事更新は終了するかもしれませんので、あらかじめご了承ください。

にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ  

ドル円は基本を知っておけば、どの通貨より取引しやすい通貨といえます。詳しくは下記で紹介していますので、しっかり学習しておいてください。

ドル円日足チャートポイント

ヤフーファイナンスの移動平均線の日足チャートで見るとこの移動平均線を抜き去りました。またここを割るまではアップトレンドと言えます。

参考になるのはこのヤフーファイナンスの移動平均線です。

MT5でチャートを見てみると

上にはレジスタンスが112.13銭しかなくなり軽くなりました。下は111.50~111.34銭にレジスタンスが集中していて、ここを割らないと下がりそうもありません。

ドル円8時間足・4時間足チャートポイント

ドル円8時間足チャートを見ると

MT5で見ると下抜けポイントは赤丸部分ですから、今日の政策金利次第では、落ちもあります。

下のレジスタンスは111.45銭から110.33銭がレジスタンスが集中しています。上は111.85銭にレジスタンスがいますから、ここを抜けるとさらに上昇するでしょう。

4時間足チャート

おちるところは 赤丸だけです。今日踏ん張ればさらに買いとなります。

上はレジスタンスがなく、下は111.53銭と111.41銭にレジスタンスがいます。

スポンサーリンク

ドル円1時間足・30分足・15分足チャートポイント

為替の基本は1時間足の雲を抜けるかどうかです。雲を下抜けしたら売り、上抜けしたら買いという基本のスタンスで臨むことです。なので今は1時間足の雲の上にいるので、買い有利の相場です。

ここを把握しないとFXは勝てません↑

ドル円1時間足一目均衡表を見てみましょう。

とりあえず下抜けポイント赤丸です。雲から離れたので大きな上昇は考えにくいですが、日銀の政策でどうなるか。

昨日の下抜けポイントでは割らずに、15分足の雲ブレイクで上昇していきました。あのポイントさえわかっていれば昨日は大勝できたと思います。私はウリ予想でしたけどね。

30分足チャート

下抜けポイントは赤丸です。雲が分厚いので落ちにくい。政策金利待ちか。

15分足チャート

下抜けポイントはなし。買い有利です。政策金利で叩き落されるかどうかだけ注目

勝率7割超え!FXチャートの読み方
FXの勝率を上げるのは、チャートのパタンを覚えるだけです。そのチャートパターンさえ覚えてしまえば無理にエントリーすることはなくなります。

まとめ

以上が2019年3月15日最新のドル円の今日の値動きポイントでした。

3/14日の予想レンジは

111.30~110.30銭と予想をします。と書いて上下いまいちでした。

3/15の予想レンジは

112.25~111.64銭とみます。15分足の雲割れなしですから、思い切って買っていきましょう。

  • 今日の上値の目安は112.30銭と112.10銭
  • 下値の目安は111.60銭と111.40銭

です。そろそろびしっと当てたいところですね。

上値が重すぎてトレードには向いていない日が続いています。こういう場合はハイレバレッジで取引できる海外FXなどがおすすめです。

スポンサーリンク

おすすめ記事