2019年1月17日最新のドル円の今日の値動きポイント

2019年2月2日

昨日は日本時間はドル円は下落しましたが、そこから盛り返して節目の109.08銭を突破して終えました。しかし週足の一目均衡表の転換線109.22銭手前で売られて終えています。

次は週足の基準線109.45銭と一目均衡表の雲の下限109.70銭がレジスタンスとして残っています。果たしてどこまで伸びるでしょうか。

ドル円長期目線

週足チャート

ドル円長期目線は、下記記事で2019年度の予想と展望をまとめましたので、参考にしてください。

週足チャートを見るとまだ移動平均線が全く追い付いていません。これが下げにくいチャートの理由とも言えます。

とりあえず下げない理由はダウ平均が上げっぱなしなので、ダウのポイントをヤフーファイナンスの移動平均線で見てみましょう。

ダウ平均

赤矢印がとりあえずレジスタンスで、23,350ドルあたりに最初のレジスタンスが位置しています。となると今日あたりが天井ではないでしょうか。

下記ランキングに参加していますので、参考になりましたら応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ  

ドル円は基本を知っておけば、どの通貨より取引しやすい通貨といえます。詳しくは下記で紹介していますので、しっかり学習しておいてください。

ドル円日足チャートポイント

一目均衡表の日足の雲を下抜けしたドル円は、以前下落トレンドとなっています。なので基本は戻り売りです。どこまで戻るか頂点を見極めるためにも週足や月足チャートのチェックは必要といえます。

ヤフーファイナンスの移動平均線は、強力なレジスタンスを2本とも抜いて買い有利となっています。

ヤフーファイナンスの移動平均線

今日下がる場合は108.64銭と108.20銭あたりが下のレジスタンスということになります。

参考になるのは、上記ヤフーファイナンスのドル円チャートの移動平均線です。

DMMFXのテクニカルチャートを見ると

上は109.45と110.70銭、下は108.40銭と108.70銭に反発ポイントが存在しています。今日は109.45銭抜けチャレンジがあるかどうかといえますね。

日足

後は日足の雲までの距離の緑線がまだ長いのでどこまで詰めてくるかがポイントとなります。

上記はDMM FXのプレミアムチャートを参考にしています。

ドル円8時間足・4時間足チャートポイント

ドル円8時間足チャートを見ると昨日の動きはすべて8時間足のポイントで動いていました。

昨日書いた109.19銭と108.96銭が上の天井ポイント

下は108.40銭と108.00銭がポイントとなっています。の範囲で収まっています。

8時間チャート

雲下抜け部分は近いので売っていいレベルのゾーンに来ています。上は109.22銭までボリンジャーバンドが広がっています。8:00の段階で109.08銭を下回っていれば売り仕掛けに適しているといえます。109.08銭割ると売り勝負でストップは109.25銭ぐらいでいいと思います。

下は108.40銭と108.19銭がとりあえず堅そうなレジスタンスといえます。

109.08を上回っていた場合は109.08銭割るまで109.45か109.25銭まで様子見です。

4時間足チャート

4時間足チャート

昨日盛り返したおかげで、下抜けポイントの本線は赤丸部分まで伸びてしまいました。当面は雲の下限108.30銭を割らないと下への圧力はかからないということです。

スポンサーリンク

ドル円1時間足・30分足・15分足チャートポイント

為替の基本は1時間足の雲を抜けるかどうかです。雲を下抜けしたら売り、上抜けしたら買いという基本のスタンスで臨むことです。なので今は1時間足の雲を抜けたので買い優勢といえます。

昨日のおさらいです。

ドル円1時間足一目均衡表を見てみましょう。

1時間足一目均衡表

買い優勢なのですが、雲の下抜けゾーンが赤丸なので、ストップを浅め108.80~85銭あたりにして売りを仕掛けていいタイミングです。

と書いてそこまでは完璧でしたが、赤丸ゾーンで落ちなかったので買いです。簡単ですね。

30分足チャート

30分足チャート

雲下抜けポイントは赤丸です。この赤丸部分で落ちずにキレイに反発しました。だから買いです。簡単ですね。

それでは現在の1時間足チャート

1時間足チャート

赤丸部分が落ちる箇所です。あそこで落ちないと買いです。まだまだ先なので、今日の朝は様子見が賢明といえます。

30分足チャート

30分足チャート

赤丸部分が落ちる箇所です。あそこで落ちないと買いです。

15分足チャート

15分足チャート

同じく赤丸で落ちないと買いです。売りには少し早そうなので、108.70銭まで売ったら利確してはねたところを再度売ればいいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

以上が2019年1月17日最新のドル円の今日の値動きポイントでした。

2019年1月16日の予想レンジは

108.70~107.70銭とおお外しでした。まあ前半は良かったのですが、雲下抜けゾーンで反発したのでこの結果となりました。

結局落ちるところで落ちないと反発しますし、上げるところで抜かないと下がります。ここをしっかり認識すればば昨日も往復で40~60銭はとれます。

1/17日の予想レンジは

109.08~108.30銭と下げ予想をします。

  • 今日の上値の目安は109.45銭と109.25銭 
  • 下値の目安は108.60銭と108.30銭

です。今日の朝は昨日の高値の109.20よりちょい上でストップをかけて全力売り仕掛けでいいと思います。落ちた場合108.30銭と108.00銭が反発ポイントなので、そこまで行ったら利確していいのではないでしょうか。

毎日の為替情報を手軽に入手したいなら、どこがいいのか考えている人は、下記を読んでみてください。