2019年1月2日最新のドル円の今日の値動きポイント

2019年7月5日

2019年1月2日は年度が替わり、ドル円は抜けた月足チャートの雲の中に再突入してしまいました。あとは週足の一目均衡表の109.60あたりを下抜けてしまうとさらなる下落が待っています。

本日は日本市場がお休みですが、米国市場は開いており、夕方までは小動きが予想されます。果たして本日節目の109.60を下回って終えるか注目の日といえます。

下記ランキングに参加していますので、参考になりましたら応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ

ドル円長期目線

ドル円月足チャート

上記月足チャートのレジスタンスは、上はボリンジャーバンドの真ん中銭の111.00銭と一目均衡表の雲の110.60銭

下のレジスタンスは月足チャートでは75月移動平均線の109.00銭あたりと、下記の週足の雲の下限109.60銭となっています。

ドル円週足チャート

上記はDMM FXのプレミアムチャートを参考にしています。

ドル円日足チャートポイント

一目均衡表の日足の雲をした抜けしたドル円は、下落トレンドとなっています。なので基本は戻り売りです。

売りのポイントを日足チャートで見ると

  • 111.00銭 白矢印
  • 110.60銭 黄矢印
  • 下値は109.40銭 赤矢印

がサポートとなっています。ボリンジャーバンドを広げようと下への圧力が強いということがわかってきます。

結構参考になるのは、ヤフーファイナンスのドル円チャートの移動平均線です。

下記チャートを見てもらうとわかるように二つの移動平均線に沿って下落しています。まだ移動平均線のほうが、下落についてきていないので、やや買い優勢といえますが、基本は戻り売りで行きましょう。

ヤフーファイナンスのドル円チャート

この二つの移動平均線にタッチしたら、買いは利確で売りは売りポイントといえます。

ドル円8時間足・4時間足チャートポイント

ドル円8時間足チャートを見ると

ドル円8時間足チャート

雲へのタッチは白丸部分、上抜け部分は赤丸です。今日はなのでそこまでは行きにくい流れといえます。

赤矢印が110.30、黄色矢印が110.05銭となっておりこの辺りまでが買いのポイントであり、戻り売りのポイントといえます。

4時間足チャートを見ると

4時間足チャート

雲への突入部分は白丸で上抜けは赤丸なので、8時間足チャート同様今日は上抜けは厳しいといえます。110.00銭と110.40銭にレジスタンスがあるので、そこらあたりが今日の目安となるでしょう。

ドル円1時間足・30分足・15分足チャートポイント

為替の基本は1時間足の雲を抜けるかどうかです。雲をした抜けしたら売り、上抜けしたら買いという基本のスタンスで臨むことです。

ドル円1時間足チャート

上記同様雲の中に入る部分は白丸で抜ける部分は赤丸部分です。1時間足の本日のレジスタンスは109.90銭の白線ポイントです。

ドル円30分足チャートは最近ではかなり戻り売りのポイントとして精度は高めです。雲から離れると近づくのがドル円の習性なので、15分と30分足の雲にタッチしたら売るというスタンスで、雲を上抜けしたら損切という考えで短期トレードしていきましょう。

ドル円30分足チャート

上記同様白丸が雲へ入るポイントで、赤が抜けるポイントです。この辺りまで待って戻り売りをすれば、負ける確率は低いといえます。やはり110.00銭前後がポイントとなっています。

15分足チャート

上記は15分足チャートです。少し雲から離れているので、近づいていくと思います。やはり110.00~109.90銭 あたりが売りのポイントといえます。

まとめ

以上が2019年1月2日最新のドル円の今日の値動きポイントでした。

これらを踏まえると今日の上下のレジスタンスは

  • 上のレジスタンスは110.30銭か110.00銭
  • 下のレジスタンスは109.60銭と109.40銭と109.00銭

ということが見えてきます。

下記ランキングに参加していますので、参考になりましたら応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ

スポンサーリンク