2018年12月24日から12月28日までのFXと株式投資の予想と先週の結果

先週はダウ日経ともに、これでもかというぐらい下落しました。ドル円もついに一目均衡表の日足の雲を下抜けてしまい、後は下がるだけとなっています。

ただし来週からはクリスマス相場であり、恒例の横横相場か、それともさらに下落があるのか注目と言えます。

来週の為替・株式の展望

PC

ドル円は週足の75週移動平均線と200日移動平均線がレジスタンスとなり、終えた週でしたが木曜は久々の大幅下落でした。

日足の雲をした抜けしたのもかなり久しぶりで、いかに下落の勢いが強いか見えてきます。

売買は自己責任となりますので、このブログを読んで損をした、被害が発生したなどのクレームは一切受け付けておりません。免責事項を読んで、あくまで参考情報として楽しんで読んでください。

ドル円予想

先週の予想は予想レンジは、

113.40~111.60でした。

結果を見ると

113.51~110.81銭と上値はピタリでしたが、下値は大きくずれてしまいましたが、方向感はあっていたので良かったとおもいます。

日足の雲を抜けたドル円は、週足のボリンジャーバンドの中心をレジスタンスでレンジを形成していましたが、した抜けしたため今後は下記白矢印が大きなレジスタンスとなるでしょう。現在では112.30銭ですね。

週足

短期足で見ると下記は4時間足チャートです。

上抜けするのは白丸部分ですから、早くても週末までは112.30銭を超えないということがわかります。どちらにしろ4時間8時間の雲から遠ざかっているので、少し近づいてからまた下落するとみればいいのではないでしょうか。

あとはクリスマス相場で24.25は小動きが予想されますから、戻り売りで挑んでいきましょう。

週足の雲のレジスタンスが109.70銭にありますが、一発割れは考えにくいので一度反発してから落下するとみておきましょう。

週末で109.70銭を下回って終わればドル円は完全下です。株価の下落トレンド傾向を考えるとした目線でトレードしていきましょう。

ということで来週の予想レンジは、

111.40~119.70銭とします。

株式投資予想

株価は下落トレンドが確定的ですから、動きの速い新興市場で売れる銘柄を売っていきましょう。

先週推奨した売りの推奨銘柄は

オークファン 1392円 → 1,372円

ラクス 2038円 → 1,704円

電算システム 2333円 → 2,194円

日医工 1887円 → 1,658円

前田工繊 2808円 →2,585円

と全銘柄売りの勝ちでした。最近高値を付けた銘柄を売ればローリスクで勝てる売り相場です。儲けは買いに比べると少ないですが、勝てる確率の高い銘柄を探していきましょう。

まとめ

以上が、2018年12月24日から12月28日までのFXと株式投資の予想と先週の結果でした。