XMの両建て取引の特徴&その他取引の禁止事項

ブログの閲覧数今日の読者数 607
昨日の読者数 770
総閲覧数 371680

XMTrading(エックスエムトレーディング)では両建て取引に関しては、取引することに関しては問題はありませんが様々な制約があります。

ここでは両建て取引の特徴から、その他の取引での禁止事項を詳しく紹介していきますので、参考にしてください。

スポンサーリンク

両建て禁止事項

両建て禁止事項
XMtradingには両建ての禁止事項で代表的なものは

  1. 複数の口座で行う両建て取引は不正行為
  2. 他の海外FX業社の口座と行う両建て
  3. 複数の人が異なる口座で行う両建て

などが挙げられます。

複数の口座で行う両建て取引とは例を挙げると

侍
ドル蔵
スタンダード口座でドル円を買い、ゼロ口座で売りというポジションを取ることです。

他の海外FX会社を利用した両建てとは、XMでポンド円を買い、他社でポンド円を売りというエントリーは禁止ということになります。

複数の人が異なる口座での両建て取引とは、仲間内でXMの口座を開いて、上記のように自分がドル円ではショートポジションをとり、友人Bがドル円の買いをエントリーすることです。

しかしスワップを狙った両建て取引などは禁止されておらず、両建てでスワップだけ稼ぐ手法もあるのですが、XMでは、こういったスワップの両建て対策がきちんと実施されています。

少女2
カワコ
プラスのスワップポイントの銘柄は、マイナススワップポイントのほうが必ず大きい設定となっています。

よって両建て取引でスワップを狙う手法も禁止こそされていませんが、実践しても損をするだけのスワップポイントに設定されています。

参考記事

ちなみに両建て取引でスワップだけ稼げるのは、GEMFOREXだけなので、金額は月に数万円しか稼げませんが、興味があれば読んでみてください。

両建ては稼げるのか

少女1
ミミコ
基本両建て取引で稼げるのは、しっかりとトレンドが出た場合のみです。

例えばドル円を108.00銭で売りと買いでエントリーした場合、30pips上昇したのでショートポジションを損切したとします。

侍
ドル蔵
その後ロングポジションが急落し、エントリー時より下の値に変動してしまえば損をします。

なので両建て取引で稼ぐには、片方のポジションを閉じた際に残したポジションが、その時のレートよりさらにpipsが増減していないと稼げません。

これを見極めれるようになって初めて両建て取引で稼げるようになりますから、今の値動きが少ないAI相場で両建て取引をするチャンスは少なめと思っておきましょう。

またある程度値動きが大きい銘柄で実践しないと、利益自体も大きく稼げません。

値動きが大きい銘柄例

  1. ポンドクロス GBP/JPY GBP/USD GBP/NZD GBP/AUD GBP/CAD
  2. ユーロクロス EUR/NZD EUR/AUD EUR/CAD

これら怪物通貨で両建て取引すれば、大きなトレンドが出やすい銘柄なので勢いさえ乗ればクロス円やドルストレートなどで取引するより効果的です。

こういったトレンドを見極めるには、最低でも下記の指標でレジスタンスを把握しておかないと無理と言えます。

  1. ボリンジャーバンド+-1σや+-2σ
  2. 移動平均線10MAと20MA
  3. 一目均衡表

これらの推奨設定は下記で紹介していますので、設定せずに両建て取引を始めようと考えている人は、最低限のチャート設定を下記記事でチェックしておいてください。

両建てのやり方

せっかくなので、両建てのやり方のエントリーポイントを紹介しておきます。

両建てでエントリーするポイントは、大体が下記がトレンドが大きく出やすい位置と言えます。

  1. 一目均衡表の雲のねじれに近づいたとき
  2. 上昇トレンド中にボリンジャーバンドの+1σを割った時
  3. 下降トレンド中に-1σを抜いたとき

これらを時間足で見ると、週足や日足、4時間足や8時間足まで見ておくと両建て取引のエントリーポイントは見えてくると思います。

少女2
カワコ
雲のねじれに近づいたときは、雲の上にロウソク足があれば上昇が強めで、雲の下にあれば下降が強めです。

またボリンジャーバンドの+1σより上にいると上昇は強く、下にいると下降トレンドという認識でトレードするといいでしょう。

下記はポンド円の8時間足チャートの雲のねじれ付近です。

雲のねじれ

チャートを見ると8時間足なので、ロウソク足で数えると後10本くらいです。

10本と言うことは8×10で80時間ですから、

1日24時間で計算すると 80÷24=3.333

と言う事は後3日以内に「大きなトレンドが出やすいチャート」と言えるのです。

侍
ドル蔵
この辺りで両建て取引をすると、大きな値幅にのって稼ぎやすいと言えるでしょう。
少女1
ミミコ
個人的な意見としては「両建て取引」はおすすめしません。

損切や利確のタイミングも難しいので「エントリー」は簡単ですが、「損切」「利確」のタイミングは上級テクニックが必要だからです。

どちらにしても両建て取引を考えているのであれば、上記3つのポイントぐらいは抑えておくといいでしょう。

両建ての際のXMPポイントのキャッシュバック

XMでは取引に応じて、XMPポイントを稼ぐことが可能です。

これは日本でいうポイント還元と同じシステムなので、買い物でポイント付くのではなく取引量に応じてポイントが付きます。

少女1
ミミコ
貯まったポイントはクレジットとして取引に利用できますし、ランクが上がれば換金も可能です。

詳しくは下記記事を参考にしてください。

このポイント還元の特典はロイヤリティプログラムと言われていますが、両建て取引でも稼ぐことが可能です。

そうなってくるとこのポイントだけ稼ぐ手法が、無敗の必勝法にも見えますが、さすがにXMでも露骨なポイントの稼ぎ方は禁止しています。

一般取引と両建て取引両方を交えたトレードなら問題ありませんが、XMPポイント狙いの両建てばかり行うと警告が来るので注意しておきましょう。

両建てがバレた場合の罰則例

XMで異なる口座で両建て取引を行った場合さすがにばれるのは理解できると思います。

しかし他社の口座とXMの口座で両建て取引をした場合、本当にバレるのでしょうか。

少女2
カワコ
これに関してはバレるという情報が多いのですが、実際にバレたかどうかまで確認した人は見かけなかったので真意は不明です。

しかしばれてしまうと利益は没収されるのは当然なので、無理にチャレンジする必要は無いと言えるでしょう。

ちなみにバレた場合や禁止事項に触れてしまうと以下の罰則がかけられます。

  1. 口座閉鎖
  2. 利益の没収
  3. レバレッジ制限(100倍まで規制)
  4. ボーナス付与停止

いずれにしても禁止内容と、トレード内容で処置が下されるので真面目にトレードしている人であれば気にしないでいい内容と言えます。

ただしEA(自動売買)で異なる口座で運用していた場合、意図せず自動で両建て取引が成立した場合も禁止事項に該当するので、複数口座でのEA運用も要注意です。

両建てした際の証拠金

XMで両建てした際には、証拠金は相殺されて0になります。

CFD商品の場合は同じ銘柄で両建て取引する際の証拠金は、一度のみ必要となり常に50%が証拠金となります。

少年
トレ太
いずれにしても資金に対する半分までの証拠金が、最大取引枚数で両建て取引するためには必要と言えます。

ロスカットは証拠金維持率20%以下で強制決済が執行されるのですが、証拠金は相殺されてしまうのであまり気にしなくていいでしょう。

両建て取引にメリットなし

トレードしている人

両建て取引というのはあくまでFX初心者が行う、お試しトレードの一種です。

侍
ドル蔵
これを続けてもトレードレベルは上達することはありません。

また各海外FXブロガー達は「うねり」を利用した両建てなら稼げると書いていますが、「うねり」が分かるのであれば普通にトレードすれば勝つことが可能です。

こういった無駄な情報は仕入れずに、正しいトレード手法を学んでいきましょう。

両建て取引でXMPポイントは確かに稼げますが、初期のランクでは1lot(10万通貨)取引で10XMPポイントもらえます。

10XMP÷3=もらえるボーナス金額

なので約3.3ドル分の証拠金(ダイヤモンドランクになれば出金可能)にしかならないため、取引回数を増やして初期のランクを上げていくしかありません。

ランクが最上位になっても最高20XMPポイントしかないので、メリットと言えるほどの恩恵は無いと言う事です。

少女1
ミミコ
証拠金が0円になる点も確かに別ポジションが持てるメリットはありますが、ロスカットされれば両建てポジションも消えてしまいます。

むしろ片側のポジションを閉じるタイミングを見極めるまで、ストレスしかないトレードスタイルと言えます。

時差取引も両建て対象

両建て取引と言えば同時にポジションを持つイメージが強いと思いますが、以下のケースでも両建ては成立します。

異なる口座でトレードしている人は、下記のようなケースでポジションを持ってしまいがちなので、チェックしておきましょう。

今日1lot(10万通貨)を買いでドル円をエントリーした場合

  1. 10時間後 売りで1lotエントリー
  2. 次の日 売りで1lotエントリー
  3. 一週間後 売りで1lotエントリー
  4. 一か月後 売りで1lotエントリー

こういったトレードも両建てになると言う事は、スワップ専用口座である銘柄を保持した場合、別口座で一般売買しても違反になります。

これは中長期トレーダーがしてしまいがちなトレードなので、「時間差があっても両建ては成立してしまう」ことを知っておきましょう。

その他取引の禁止事項

最後に両建て以外で禁止や、注意喚起が出される取引の例を紹介しておきます。

  1. あらゆる種類のアービトラージは取引禁止
  2. 接続遅延やレートエラー時を狙った取引
  3. 週末の窓開けによる価格ギャップのみを狙ったトレード
  4. 月曜のオセアニア時間で集中して取引をする場合
  5. 経済指標時のみゼロカットシステムを活かしたトレード
  6. 高回転スキャルピングは禁止ではないが、サーバーの不可が多い場合によっては注意がある。

アービトラージ以外はあくまで専用で取引した場合が禁止事項となるので、通常取引の範疇であれば問題ありません。

ちなみにアービトラージとは、同一通貨が一時的に価格差を生んだ際に、価格が正常に戻る前に割高な銘柄を売り、もしくは割安な銘柄を買います。

そしてその価格差が正常に戻る際に、それぞれのポジションを決済して利益を得る高度な手法です。

侍
ドル蔵
まあ一般トレーダーであればそんなに縁がない取引なので、あまり気にしなくてもいいでしょう。

月曜日に市場がオープンした際に窓があいて、金曜の値をかけ離れて相場がスタートすることが、まれに存在します。

これを狙った専門の取引は禁じられていますが、普段のトレードで週末に持ち越す場合は問題ありません。

また日本のFXでは月曜日のマーケットスタートは朝7:00が一般的ですが(ヒロセ通商等を除く)、海外で朝6:00からオセアニア市場がオープンします。

少年
トレ太
この6:00から7:00までに窓が空いていた場合などは、窓埋めのために値が短時間で大きく動いたりします。

この1時間だけで利益を稼ぐ手法も専用で行うのであれば禁止されていますが、通常トレードと一緒に行うのであれば問題ありません。

少女2
カワコ
ただし週明けの早朝時間などは、スプレッドはかなり拡大しているのでその広がり具合は要注意です。

下記では早朝や週末時のスプレッドの広がり具合も調べているので、こういった時間帯でのトレードを考えているなら参考にしてみてください。

またXMtradingではゼロカットシステムを採用しているため、口座残高がマイナスになっても追証が発生しない制度があります。

例えばFOMCや各国の政策金利などで資金1万円でレバレッジ888倍取引を行い、金利発表後ポジションが大きく逆に行っても残高は0円になるだけです。

少女1
ミミコ
もし買いか売りかでエントリーして、勢いに乗った場合は大きく稼ぐことが出来ます。

この稼ぎ方も専用取引は禁止されているので、あくまで稀にこういうトレードを行うだけであれば問題ありません。

下記でその実践方法は紹介していますが、露骨に行うと禁止となると言う事です。

スキャルピング取引に関しては下記でまとめていますので、興味があれば読んでみてください。

まとめ

以上がXMtradingの両建て取引の特徴&その他取引の禁止事項でした。

決済時に両建て解除機能を使うと、二つのポジションの内一つだけのスプレッドの支払いで済むと言う方法が両建て解除ですから、両建ての決済時には利用してみましょう。

おさらいをしておくと

  1. 両建て取引は同一口座であれば取引可能
  2. 両建て取引をすると証拠金は相殺されて0になる
  3. 週明けや経済指標時のみの露骨な取引は禁止
  4. あらゆる種類のアービトラージは禁止
  5. 禁止行為を行うと「ボーナスや利益の没収」「レバレッジ100倍制限」「口座閉鎖」の措置がある

などなど。

まともに取引をするのであれば特に禁止事項に抵触しないでしょうから、ペナルティを受けたくないのであれば上記禁止事項に注意すれば免れます。

スポンサーリンク

注目記事