ドル円やポンド円の週足・月足チャート分析

ブログの閲覧数今日の読者数 93
昨日の読者数 686
総閲覧数 495637

ここでは日々のドル円やポンド円・GBP/USDチャートの分析の中で必要な中長期の指標となる週足・月足チャートの分析を行っています。

最初に注意点を書いておくと

月足チャートは表示が小さいため、レジスタンスはかなりアバウトになる

という点です。

このあたりはMT4やMT5の仕様の問題なので、早目に改善して欲しいというところですね。

参考になりましたら下記応援ボタンを二つクリックお願いします。

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ  

「目次」はパソコン版ではサイドバー右下に、スマホ版では少し上に戻ると下段に「目次」が出るので効率的です。

スポンサーリンク

ポンド円月足チャート

ポンド円は月足100MAが今のところ天井となっています。

先月は75MAを割って反転と言えます。

雲が上も下も真っすぐなので、もみ合いが強い傾向が伺えます。

上は156.00銭で、下は142.30銭ですかね。

ユーロ円が月足雲を抜いているので、156.00銭を抜く可能性も考えながらのトレードとなりますかね。

上のレジスタンスは100MA153.40銭

+2σ 152.70銭

が目先のレジスタンスになります。

下値は

  1. 75MA 149.20銭
  2. +1σ 147.00銭
  3. 10MA 144.00銭

の3つが当面の下値となります。

日足の一目均衡表の雲下限が147.30銭なので、ここを割らない限りは下へは行かないと思っておきましょう。

FX初心者の為に書いておくと

ポンド円の値=ドル円の値×GBP/USD

となるので、ポンド円の上値が重いということは、ドル円やポンドドルのどちらかがあまり上がらないということになります。

ポンド円週足チャート

上昇トレンドの目安となる+1σ、10MA、転換線の3本が機能していないので、あまり見る価値は無さそうと言えます。

雲割れポイントが赤丸までかかるので、ダウが急落でもしない限り、この狭い範囲のレンジ相場が続くのではないでしょうか。

一番下の転換線が151.00銭にいるので、週足で見るとここがポイントです。

ここまで下げるのであればドル円の下げが必須かな。

GBP/USD月足チャート

こちらは今月が爆上げポイントとなります。ポンド円153.40銭が邪魔なので、ドル円が下げない限りは爆上げは無さそうと言えます。

  1. 上は100MAの 1.406と+2σが位置する1.417が目途
  2. 下は+1σの1.365<と雲の1.370

割れば75MAと10MA、転換線の3つが重なる1.345前後が最強に固いレジスタンスとなります。

月足の雲の中に入っているので、ダウの暴落でもない限り小動きが想定されるでしょう。

GBP/USD週足チャート

どちらかというと、こちらのレジスタンスを見るほうがよさげと言えます。

週足+1σが1.393にいるので、ちょっと割った1.390までが今週のレジスタンスとなります。

上昇トレンドが始まったのであれば1.390は割らないので、1.394前後が押し目買いポイントとなります。

ポンド円の頭が重いので、ドル円が上げるようなら上は重く、上げるにはドル円の下げが必須な流れは継続的と言えます。

少女1
ミミコ
今月は爆上げポイントなので、1.365を割らない限りは押し目でいいのではないでしょうか。

ドル円月足チャート

ドル円は月足75MAまでの上昇となっています。

少女1
ミミコ
一目均衡表の雲で見ると今年は112.20銭が固いと言う事を知っておくといいでしょう。
少女1
ミミコ
112円抜くなら来年かな

となると当面は+2σの111.00銭を抜く可能性は低く、横横か下トレンドがまた復活するということになります。

+1σの109.10銭を上回っているので、ここを割るまでは買いとなりますが、上は

111.00銭 +2σ

110.90銭 75MA

雲下限 109.85銭

なので109.85銭を抜いた110.00銭ぐらいまでが目先のレジスタンスとなるでしょう。

下値のポイントは

日足の雲下限が107.70銭なので、ここがポイント 先月安値が107.50銭なのでここを割らないと下へは行きません。

  1. 20MAの107.06銭
  2. 基準線と転換線が重なる106.80銭前後
  3. 10MAの106.45銭

の3つとなりそうです。

ドル円週足チャート

ドル円は111.00銭は抜かないと思うので、赤線の動きが想定される流れはそのままです。

レジスタンスは105.50銭が週足雲下限なので、今週も107.50~110.00銭が目途となり、110.00銭か107.50銭突破が目安となりそう。

とりあえず今週は日足の雲割れゾーンに入っているので、そこまで下げるのかに注目です。

上は先週高値と+1σの109.40銭 転換線が109.20銭で10MAが109.00銭となります。

下は8時間足雲下限が108.30銭なので、ここがポイント

まとめ

以上がドル円やポンド円の週足・月足チャート分析でした。

  1. 今週のドル円の上値は109.85銭まで 本命は110.00銭かな。
  2. 下値は107.50銭か108.30銭前後
  3. ポンド円の上値は153.40銭突破がポイント
  4. 下値は151.00銭前後

ということとなります。

参考になりましたら下記応援ボタンを二つクリックお願いします。

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ  

FX初心者は下記にチャートのレジスタンスなどを書いていますので、良かったら参考にしてください。

ちなみにこのブログは海外FXがメインで、予想記事は趣味で書いているだけですから、いつまで続けるかはわかりません。

海外FXは基本大手を選ぶのが基本です。少しでも違和感を感じる企業があるのであれば、無理に利用する必要はありません。

大手企業はTOPページに〇をしているので、興味があれば読んでみてください。

スポンサーリンク

注目記事