明らかに買いのエネルギーを溜めている相場と見て良さげ。 月・火どちらか爆上げでしょうかね。 8時間雲抜けポイントまでこの …
続きを読む

見事なジグザグ相場と言えますかね。今日かと思いましたがドル円8時間雲落下。 ドル円週足チャート  要するに+1σを超え無 …
続きを読む

2022年5月18日ドル円・ポンド円・豪ドル円最新予想とチャート分析

今日の閲覧数 91
昨日の閲覧数 441
総閲覧数 437337

そろそろ天井か・・・・ 長い足が出たら終わるのがポンド円 水曜は相場が反転しやすいので、一つのポイント

最強カナダドル円8時間足

昨日の爆上げ相場でも抜けなかった8時間足 となると天井とみたいので、カナダだけ下げるとは思えないので、クロス円天井か。

ユーロ円 8時間足

こちらも雲抜け赤丸なので、今日あたりが反転ポイント。

このブログの応援方法がわからないと言う意見を頂いたので、いくつか紹介しておきます。

3~4年記事更新続けていますが、何名かは知っていると思いますが応援がないと気力が続かず長期休載(過去半年~1年を2回)しているので、そのつもりで読んでください。

記事書くのも1~2時間の労力がかかります・・・・

応援して欲しい順に並べてみました。

  1. カテゴリーにあるそれぞれの海外FX記事を読んで、一番下にあるコメント欄に匿名でいいのでコメントをする
  2. 下記二つの画像ボタンを毎日クリックする
  3. SNSで拡散する
  4. 下記記事から海外FX口座を申し込む トレードすると電子書籍をプレゼント
  5. 儲けたら電子書籍を何冊も買う(笑)出来れば楽天から(週足・月足記事に掲載)
  6. 下記フォーラムでそれぞれ意見交換する

下記から海外FX口座を申し込んでください。当然ですが詐欺業者は紹介していません。

このボタンを毎日2つクリックです。

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ  

少女1
ミミコ
掲示板作りましたので、宣伝以外はご自由に書き込み可能です。
  • フォーラム 過去の投稿内容が見れます。
  • トピックタイトル 投稿内容のタイトルを書きます。

海外FXの評判&トレード結果と出金履歴まで フォーラム 2022年5月18日ドル円・ポンド円・豪ドル円最新予想とチャート分析

新規トピックを作成
あなたの情報:






<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre class=""> <em> <strong> <del datetime="" cite=""> <ins datetime="" cite=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width="">


日々の応援クリックありがとうございます!

今後は前日の応援数が多いと時間足のチャートの増減を考えていくことにしました!応援が少ないと1種類(4時間だけとか)だけにしようと思います。

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ  

下記は毎週月曜に書いていますが、土日の応援が少ないので更新内容は少なめといったところです。

移動平均線は下記記事を読んでおきましょう。

チャートの設定を知りたい人は最下段に書いています。

スポンサーリンク

海外FXキャンペーン情報

ちなみにこのブログはレバレッジ無制限から200倍まで利用できる海外FXの紹介がメインです。

私が実際にトレードや出金まで行なった海外FXは、TOPページで紹介しています。

どこが一番かと言えばExness一択です。2,000ドルまでの入金なら本人確認書類の提出は必要なく、メールアドレス+電話番号認証+入金で取引出来ます。

お得なボーナスがなかったりしますが、取引手数料無料で低スプレッドかつレバレッジ2,000倍~無制限で利用できますからここがベスト!

20万円入金して1lot(10万通貨)取引なら損をしても約-200pipsまでロスカットに耐えられますから、ハイレバレッジはあくまで取引枚数の最大値が大きいだけ!

1万通貨取引なら約-2,000pips(スプレッド除く)ですから、要するにハイレバレッジというのは自分が何枚枚数を保有するかだけです!

1万通貨(0.1lot)なら余裕、10lotならハイリスクということだけを知って海外FX取引をするようにしておきましょう!

海外FX全体で約定力は弱いところばかりなので、スキャルピングトレーダーであればTitanFX一択です。

ボーナス目当てなら毎月1~2回開催される、入金に対して100%もらえるボーナスが最大500万まであるGEMFOREXというところでしょうか。
クロス円のレート

  • ポンド円 162.05=ドル円×GBP/USD 124.29×1.3034 となります。
  • ユーロ円=ドル円×EUR/USD
  • 豪ドル円=ドル円×AUD/USD

クロス円が動かない時は、ドル円上げればGBP/USDが下げ、ドル円下げればGBP/USDが上がると動きが横横になります。

先月みたいにドル円の上昇スピードが速すぎるとGBP/USDが下げてもポンド円も上がりますので、ドル円とその他ドルストレートの勢いが勝るほうにクロス円は動きます。

8時間足

ポンドドル

分厚い雲は中に入るまで売り・・・・ ということで中に入れないのなら売りと見ます。ドル円下げで中に入るか、15分雲割れするかどうかだけ

ドル円

雲割れポイントに到達。 128.30銭はまだ固そうだが、そこまではある。当たり前ですが、昨日の高値日足の14MAは固かった・・・

ポンド円

長い足が出たら終わりのポンド円 長い足+下ひげは売りサイン 雲の中に入っていません・・・・

上ひげ出るかもしれないので、そのまま落下までかどうかは不明

豪ドル円

下落トレンドは+1σを抜くまで続きます。昨日高値は8時間+1σと日足の14MA 91.70あるかと思いましたが、弱かったオセアニア通貨。

15分足

ドル円

レンジなのであまりあてにはならないが、15分雲割れ。こういうサインを見逃さないといいでしょう。

129.45銭抜くまで売り。

ポンドドル

ちょっと先だが雲割れあり。これが15分雲割ると ポンド円一気に弱くなります。

1時間足

豪ドル円

ちょっと弱いが多分割れる 明日までかかるかもしれませんが。

ポンド円

こちらもちょっと弱いが 明日には割れるのでは。

ドル円

今日かな。128.30~128.00銭ターゲット

2022年5月04日ドル円・ポンド円・豪ドル円最新予想とチャート分析

動かなくなったクロス円、ジリ下げが続くのでどうやら下で良さげ。

豪ドルも月足-1σ 0.713をちょっと抜いたところで失速なので下で良さげ

ポンドドルも後一回ぐらい跳ねそうなので、ドル円次第のポンド円

ポンド円レート=ドル円×ポンドドル

ドル円が117.30銭の窓埋めに行くと考えると

117.30×1.2=140円

117.30×1.1=129円

ですからまだまだポンド円下げます。

ポンドドル1.1もありそうなので、ポンド円は買う価値は無さげ。

日足

ドル円

4時間足+1σを抜かなくなったドル円、しかし10MA 129.10銭を叩かないと下に行かないので、いつ叩くのか。

どうやら今週には下げそうですが、タイミングが不明といったとことろ。+1σ 129.60銭が昨日安値なので、まだ今日もここまでか

ポンド円

10MAを抜かないレンジですが、普通に落ちそう。1時間雲割ったので 今日爆下げか週足+1σ 日足の-1σが位置する 161.70銭でもう一回跳ねるかが焦点

30分足

豪ドル円

今日が最後の高値。30分はあてになりませんが、矢印までには落ちるでしょう。

転換線92.57か ダブルトップで昨日の高値近くが目途

ドルストレート

GBP/USD 4時間

ドル円の爆下げ時にしか抜かないレベルの分厚い雲(抜くとは限らない)なので、後1回跳ねるかどうかだけ。

ポンド円1時間雲割ったので素直に下げるでしょう。

AUD/USD 4時間

+1σ 0.713の前後で売られます。もちろん昨日高値とどちらかなので、豪ドル円もここが最後の高値

日足の-1σ 0.713 10MA 0.714なのでどちらか。まあここが月足-1σになります。

2022年4月27日ドル円・ポンド円・豪ドル円最新予想とチャート分析

ダウが落下するとGBP/USDやAUD/USDなどが売られます。ドル円は乱高下でしょうかね。売りが苦手な人はUSD/CADを買う。

ポンドドルやユーロドル下げまくっていたので、最弱通貨のポンド円の買い価値はないとは思っていましたが売り価値は高い

動画はこちら

日足

ドル円

ついに+1σ割ったので下落トレンドスタートです。

最後の砦14MA 126.85銭で盛り返せば別ですが。+1σ 127.77銭 10MA 127.56 なので戻りはどちらかになります。

まあ強いので128円までは見ておきましょう。

昨日はユーロ円、カナダドル円高値が日足の10MAでした。なので127.56が妥当。

終値で+1σ 127.77銭を抜いていれば復活となりますが、さすがに可能性は低そう。

雲が分厚いので、急落するとポンド円8時間雲のトンガリコーンの鋭い雲になります。しないと下落は緩やか。

ポンド円

ドル円+1σ割ったので、まだまだ下げるということです。週足+1σ 161.00銭なので来週の上値はここになります。

と言っても今週161.00銭を割っていればになります。

下手な買いは気を付けましょう。

週足転換線 159.74

10MA 159.00銭

基準線 158.67 月足 転換線

14MA 158.10銭

この様子だとGW中に日足の雲割れありそう。

豪ドル円

こちらは逆に週足+1σ 90.20銭 AUD/USD 週足 -1σ 0.711ですからここを金曜に割っていると日足・週足で下落トレンドがスタートになります。

赤丸が雲割れだと思っていましたが、ダウ次第で矢印での落下も見ておきましょう。

週足10MA 89.68 転換線 89.00銭なのでこの辺では跳ねます。

1時間足

ドル円

雲が鋭いと滅多に抜きませんから下ですが、4時間雲も鋭いので、日足の14MAもまだ固そうということになります。

と言っても一発割れも十分あるので、狙うのもいいでしょう。戻りは117.56前後になります。

GBP/USD

昨日は見たことないぐらい雲が分厚かったので、下と言うことが分かりました。今後は分厚い雲を15・30・1時間で見かけた銘柄を売っていくといいでしょう。

分厚い雲は雲の下にいれば 売りか横横。50回に1回くらいぶち抜くので、それにあたったらアンラッキーと考えましょう。

15分足

ドル円

雲抜けポイント ここが日足の10MA 抜くと+1σ 127.77銭まで

ポンド円

161.00銭まで戻すかが今日のポイント。今のところは160.30銭が雲下限なのでここが目安

戻りが大きいので、5分足雲を動画で研究して戻りを狙いましょう。

豪ドル円

90.80が目安 ドル円日足14MA AUD/USD週足-1σの反発が最後の売り場か。

2022年4月20日ドル円・ポンド円・豪ドル円最新予想とチャート分析

ユーロ円レンジ上抜けピタリでしたね。要はドル円かユーロドルのどちらか爆上げを予想していたことになります。

ドル円月足+3σ 到達 上げると広がるので現在が+3σ 昨日の上げで週足+3σも130.80まで広がりました。

かつてのレジスタンス

  • 129.30銭
  • 133.95銭

なのでここを抜くと135円、147円が視野に入ります。月足チャート見ると147円あるでしょうね。

もちろん横横モードやダウ暴落があれば別なので、無ければ135と147円を視野に入れておきましょう。

日足

ドル円

前回は1日で約3円上げてその後約380pips下落 相場は長いのが出れば急落します。天井かどうかまではわからないので、とりあえず調整か

毎週水曜はぱっとしませんからね。

10MA 126.00銭あたりがターゲットか

カタカナのノの字の上昇が出て長い大陽線が出ると 次の足で売りサインになります。

  • 上ひげ
  • 十字線
  • 下ひげ (上記チャートでは下ひげでした)
  • 大陰線(あまり出ない)
  • 普通に陰線 (あまり出ないがこの辺が無難)

ただ上ひげの場合は上のレートが分からないので、5分足雲割れで警戒といったところ。

129.30銭手前で売られるのか、125.90銭抜いたときみたいに126.20銭で売られるのかというところ。

もう一本長い大陽線もあるので、安易に売るには難しい

30分足

30分はあまりあてになりませんが、雲を見ると日足の下ひげになりそう。

ドル円

雲分厚いので、108.00銭ぐらいまで売られて木曜に売られるかどうか。30分足はあてにならないので、もちろんそのまま下抜けもある。

1時間足

ポンド円

電子書籍買った人なら超簡単だったのが昨日ですね。落ちるところなかったし、ユーロ円レンジ上抜けとヒント書いていたし。

この位置で買うのは自殺行為なので、待つのみ

1時間雲に近づく習性があるので待つのみ

ドル円落下すると126円まで待つかどうか。

豪ドル円

ドル円下げでAUD/USDが0.741突破をキープ出来れば 下は固そう。

GBP/USD 8時間足

これはもうだめですね・・・下のみ ドル円爆下げで爆上げあるかだけ

2022年4月13日ドル円・ポンド円・豪ドル円最新予想とチャート分析

とりあえず弾かれたドル円 十字線出現でどうなるかというところ。

逆に動かないポンドドル、安値更新ユーロドル 盛り返した豪ドルというところ。

日足

ドル円

十字線は相場の転換を示唆しますが、高値更新したほうが売りサインとしては強いので何ともいえない・・・

下げた場合は+1σ 124.50 10MA 123.84銭なので124.00銭ぐらいが一つの目安 14MA 123.50銭まで下げたら爆下げ

4・8時間足

+1σを割って超え無くなったら売りです。豪ドル円は昨日日足の+1σ 超えましたね。

ドル円 4時間足

+1σ 125.46銭を抜くと復活 20MA 124.85を割ると下という見方になります。

ドル円 8時間足

+1σ 125.10銭 転換線124.85銭ですから 4時間20MAと一致 なので割るなら今日ということになります。

もちろん割るかは自己責任で・・・・

1時間足

ドル円

雲割れポイント 4時間20MA 8時間転換線 124.85銭 と一致・・・・ なので雲の中に入ったら狙うのもあり。

124.00銭目標

ポンド円

こちらは雲の中に入りました。雲割れ無いので買い といいたいですが、雲の中から出なければレンジがあります。

163.34~162.70銭の狭いレンジか買い

こう考えるとドル円は下げないという可能性が出てきます。

もしくは動かない GBP/USDが爆上げということですね。

豪ドル円

まだ先の話なので、ドル円下げるならAUD/USD買いと言う図式が見えてきます。 割と雲分厚いので横横も想定

15分足

ドル円

最短で赤丸なので割ったら売りを考えるが1割くらいしか下げる可能性は低い、

もしくは5分足で売りを仕掛けるか

赤丸くらいですか。

ドルストレート

GBP/USD 4時間足

今日明日雲抜けポイントあり。レンジなので読みずらい 週足-1σ 1.313ぐらいまでは上げても不思議ではない

1.313×124=162.81銭なのでポンド円の動きは期待薄いかも・・・

AUD/USD 8時間足

週足+1σが0.74なのでここを割ると下に行きます。上は8時間+1σ 0.755が固い 雲上限と一緒

なのでどちらを抜けるかだけ。

2022年4月6日ドル円・ポンド円・豪ドル円最新予想とチャート分析

とりあえずは予定通りの上げでしたが、4時間20MAまで落下。下値探しは難しいですね。

売りは4時間20MA割ってからでないと難しいということになります。

日足

ドル円

上昇トレンドの目安 +1σ 転換線 10MAに沿って上昇しています。今のところは10MAが常にサポートといったところ。

122.73銭ですからここを終値で割って売りを考えるということになります。

豪ドル円

最強銘柄もAUD/USDが月足+1σ 0.763を突破したら売られました。抜いたら反転というやつですね。

ダブルトップを付けるのがオセアニア通貨のパターンなので、ここからどうなるか。日足の雲見ると一回落ちてもまだ上げそう。

ポンド円

こちらは予想通り転換線まで。ここで売るかどうかが試金石となります。ドル円上げればあっさり突破と見たい。

8時間足

ダウが落ちたので、今日どうなるか

ドル円 8時間足

正直あんまり落ちそうには見えない8時間足

雲の中に入ったら売りを考えたい。目先は+1σに乗っかったので、123.24銭 ここを割って超えなくなると怪しいと考えましょう。

ポンド円4時間足

抜くなら今日だと思いましたが、ドル円強くあっさり突破 20MA 160.90銭なので割れれば4時間雲割れを狙う。

転換線162.00銭超えで売り失敗。

豪ドル8時間

雲分厚いのでまだまだ強い豪ドル円 ダウ次第で赤丸で雲割れを見たい。

1時間足

ドル円

雲が薄くなったので、赤丸範囲は多い 最近のパターンだと赤矢印

ポンド円

雲下限 160.90銭なので4時間20MAと一緒。これが何を意味するかは・・・・

豪ドル円

十字線出ているので雲割れ(赤丸)狙っても面白いかも AUD/USDは日本時間動きますからね。

30分足

ドル円

5分足雲割れ急落下があれば赤丸

5分足

日本時間急落するので、狙うのも面白い。

2022年3月30日ドル円・ポンド円・豪ドル円最新予想とチャート分析

ついにドル円1時間足雲落下。1時間雲を抜いたのは115円以来でその間一度も割っていませんでした。これで戻り売り確定ですか。

逆に停戦爆上げがあるユーロドルの影響でユーロ円だけは売りずらいといったところ。

日足

久々の日足チャート +1σに触れることすらなかったので、ようやくレジスタンスが活きてきそう

ドル円

まだ水曜と言う点がポイント。一気下げするには来週からかなと言うのが普通

上昇トレンドの目安は+1σ 10MA 転換線に沿って上昇で、最後の砦が14MAです。

となると今日は+1σ 転換線が位置する121.77銭

10MA 121.31銭 ロウソク足のサポート121.12銭 14MA 120.40銭

までですから値幅を見ても121.77~121.12銭までになります。

ポンド円

昨日は転換線まで +1σ 160.00銭 10MA 159.64銭 ロウソク足のサポート 159.00銭まで

役に立たないポンドドルからレート計算すると

121.77×1.312=159.76ですから 159.64銭が有力候補

121.31×1.312=159.15ですから ここか159.64銭まで

豪ドル円

こちらは+1σ 90.90銭 10MA 90.58ですから少し割った90.40銭まで

AUD/USDが動かなくなったので、ドル円の下げだけの動き

4・8時間足

ドル円 4時間

+1σ抜かなくなったら売りですから、

転換線 123.16銭 10MA 123.30銭のどちらか。+1σ 123.70もないこともない。

ポンド円 4時間

4時間見ると159.10前後まで 上が20MA 161.36銭 転換線 161.50銭 昨日は転換線が大きく阻んでいます。どちらで売っても売りやすい目途。

162.10銭が+1σなのでないこともない。

豪ドル円

こちらは+1σ 92.79銭と現在の92.45銭まで 92.79に近づいたら売り 下値は日足の移動平均線のどちらか。

2022年3月23日ドル円・ポンド円・豪ドル円最新予想とチャート分析

とどまることを知らない爆上げ相場 ドル円のレジスタンスは

  1. 125.85銭
  2. 125.40銭
  3. 123.80銭
  4. 121.60銭

の4つだけ。週足ボリンジャー+3σが、邪魔なのでさすがに今週は121.60銭までか

ポンド円は1年繰り広げていた158.30~148.50銭BOX相場を上抜け

約10円の値幅なので、ターゲットは168円~196円になります。まだまだ上がると言う事ですね。

15分足

この相場でどうしても勝てない人はポンドドルを買いましょう。

下値は週足-1σ 1.321 月足-1σ 1.323の二つです。1.323で買って 下げても 1.321で買う ともに損切は-30pipsです。

ポンド円レンジ上抜けですから、ドル円もあまり下げない、が一瞬の下げがあるので、こちらを買う

GBP/USD 15分足

赤矢印がサポートラインです。

ポンド円 15分足

分厚い雲は中に入るまで買い。欲張る人はこちらを買う 159.80銭が雲上限なので、ここをSTOPに買い

月足200MA 161.00銭で止まるかだけ。

ドル円の下げで75MAまでは見ておきたい

1時間・30分足

ドル円1時間足

ここまでくるとさすがに落ちてもおかしくないので、30分雲割れるようだと黄色信号。

ドル円30分足

こちらも雲分厚いのでまだまだ買い しかし121.60銭と昨日高値は固そう。来週ぐらいが最後の上昇か。さすがに横横も想定したい。

ポンド円レンジ上抜けなので、そこまで下げるとは思えない 下げて120円か

来週までに125.85銭を付けるかに注目

豪ドル円30分足

こちらも雲分厚いので、まだまだ買いという恐ろしい相場。矢印がサポートライン

週足75MA 抜いたAUD/USDのレジスタンスは

  1. 0.75 週足雲上限
  2. 0.756 月足100MA
  3. 0.762 月足+1σ ここまでくるでしょう。

逆にポンドドルはAUD/USDが週足雲を抜くかに注目。抜けばGBP/USDも見えてきます。

8時間足

GBP/USD

ポンド円上に抜けたので、こちらが確実にあげると思います。

週足転換線 1.332 10MA 1.337 14MA 1.342までがターゲット

日々の応援クリックありがとうございます!

今後は前日の応援数が多いと時間足のチャートの増減を考えていくことにしました!応援が少ないと1種類(4時間だけとか)だけにしようと思います。

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ  


2022年3月16日ドル円・ポンド円・豪ドル円最新予想とチャート分析

結局上げますか。FOMCで売られるかもしれませんが、今のところ118.66銭は突破しそう。

あげる材料ないですが、ダウが上げると上がるので素直に押し目買い。

ただドル円窓埋めしていないので、どこかで売られるのでしょう。

1時間足

ドル円

FOMCなければ素直に買い。 上が不明なので、ポンド円 週足+1σ 155.80銭か月足+1σ 155.30銭と見るほうが分かりやすい。

豪ドル円

早くて矢印 遅くても赤丸 以前書いた83.50銭が昨日はサポート

赤丸で抜かなければ売り というスタンス

ポンド円

赤丸で割れてから売るべし 割るまではとにかく買い

分厚い雲は中に入るまで買い なので昨日は雲にすら入っていない。

AUD/USD

0.714が日足の雲下限なので、ここらでは買い

昨日はEURやGBPが1時間雲分厚かったのですが、中に入ったのでAUD/USDも入るのでは 入るまでは売り。

5分足

昨日 ドル円

5分足割ってからは一気でした。

現在

今がそうですが、割れればの話 下げても118.00銭は固いかな

4時間足

ドル円

高値更新すると窓埋めは先になりそう。ちょうど窓埋めが買い場

ポンド円

155.80銭まで行くと雲割れ(赤丸)はさすがにない。下落トレンド続くなら155.40銭まで

今のところは上目線 上がる理由は見当たりませんが・・・

まとめ

FOMCなので予想は困難。上には違いなし

2022年3月9日ドル円・ポンド円・豪ドル円最新予想とチャート分析

明日の停戦協議待ちなのか、あまり動きが無かったクロス円

ユーロ円やユーロドルが週足-3σまで行ったせいか、動きは上気味でした。

やはりレジスタンス通り動く AUD/USDが一番簡単だったですかね。

日足

豪ドル円

+1σ 10MAに丁度挟まれた豪ドル円 +1σ 84.10銭なので 84.20銭ぐらいまでは見ておきたい

下は14MA 83.60 20MA 83.30 はまれば75MA 100MA

1時間足

ドル円

分厚い雲か分厚すぎる雲かよくわからないレベル 分厚い雲は横横で分厚すぎる場合は天井を付けていると判断出来ます。

明日までに115.00銭割らないと買いになるので、115.20銭と115.06銭がターゲット

結局4時間足 20MA抜いて、ここがサポ-ト 現在は雲と20MAを抜いたり割ったりしているレンジです。

ポンド円

分厚い雲は横横ですから、152.00~151.00銭のレンジとなっています。このまま雲の中に入らなければ売り

入ればまた75MA 152.00銭までいくか4時間20MAまでか

豪ドル円

月足+1σが84.30銭なので、こことちょっと抜いた84.50銭が目安

下は日足の14MA 83.50銭と83.00銭

AUD/USD

昨日書いたように週足+1σが 1時間足75MAだったので、ここが売り場 なので豪ドル円もあそこで売れるかがポイントでした。

こちらもウクライナ停戦ニュースが無い限り下で良さそう。

GBP/USD

雲分厚いので上はニュース次第。横横か下継続  大体雲がレジスタンスになります。

30・15分足

GBP/USD 30分

昨日のポンド円15分足と同じ雲

ヨコヨコですかね。

ドル円15分

赤丸で割るか矢印で割るかどうか

ポンド円 15分

ドル円強いので落ちないポンド円 赤丸で売りを仕掛けたい 横横も想定・・・

日々の応援クリックありがとうございます!

今後は前日の応援数が多いと時間足のチャートの増減を考えていくことにしました!応援が少ないと1種類(4時間だけとか)だけにしようと思います。

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ  

2022年3月2日ドル円・ポンド円・豪ドル円最新予想とチャート分析

オセアニア通貨が強いというよりは、ヨーロッパVSロシアという関連でEURやGBPが売られているのでしょうね。

ユーロ円に続きポンド円も日足の雲落下で、オセアニア・カナダ・ドル円だけ小動きとなっています

日足

ドル円

明日ぐらいがニオイますが、以前書いたように日足の雲割れは雲の進入角で、金曜まであります。

100MAか75MAまでの下げか今日割るかどうか 10MA 115.05 転換線 115.08銭が目途には違いなし

下は114.30銭割れか

ポンド円

こちらはウクライナ終戦で戻しそうですが、それまでは戻り売りで良さげ 200MA 153.42銭を終値で抜いているとレンジも想定

豪ドル円

こちらは部外者銘柄という扱いですか。

しかし上げる材料ないので、GDP後に下狙いか 82.00 81.50銭が固い

4・8時間

ドル円 8時間

有事のドル買いでも上げないドル円 8時間雲落下 115.23銭抜くまで戻り売り 明日だろうが114.40銭割れを狙いたい

20MA 115.07銭 100MA 114.94銭

ポンド円 4時間

20MA 売りいい読みでした。抜いたら反転銘柄なので誤差10銭はいいところでしょう。

ウクライナ問題でどうなるかわかりませんが、BOX下限 148.50 前回サポート149.60銭迄は見たい

豪ドル円

こちらはレンジに突入 82.70銭が固いのでここを割るかがとりあえずの目途

オセアニアはヨーロッパと遠いので、関係ない相場で動きが固いのか

1時間足

ドル円

雲分厚いのでGOODニュースでない限り下 最高で200MA 115.07銭

ポンド円

ポンド・ユーロ上げる要素なしですか。153.90銭抜くまで売りとなります。

豪ドル円

流石に落ちるでしょう。10:30の GDP前に売るかが今日の焦点

15分足

ドル円

抜いても売りかな 30分75MA 115.00銭もポイント 114.90~115.07銭が売り場

ポンド円

分厚い雲なので、中に入るまで売りです。

153.10銭 4時間-1σ 待ちなら横横 買う材料は無さそう。

豪ドル円

今売るか GDP待つかだけ 200MA 83.36銭が目途

まとめ

以上が 2022年3月2日ドル円・ポンド円・豪ドル円最新予想とチャート分析でした。

クロス円戻り売り ドル円 114.40銭割れは今日から金曜まで

2022年2月23日ドル円・ポンド円・豪ドル円最新予想とチャート分析

米露首脳会談までレンジなのですかね。一目均衡表日足の雲的にはこれでドル円は買いですが、クロス円全般がレンジなので

レンジの時は雲は関係なくなります。ダウも月足20MA 32370ドルが見えてきているので、ここを割ると売りの大相場かなというところ。

4時間足

ドル円

雲ぬけポイント。115.40銭ですね。米露会談の期待感で上がっていくかもしれません。

昨日は100MA 115.20銭を抜いたところまで 75MAが 115.34銭 雲にタッチしてから落ちることも多いので、どうなるか

8時間雲下限 114.90銭割れは今日なので、115.40抜けか114.90割れどちらか -1σが114.80銭なので引っかけでここまで

豪ドル円 8時間足

明日の日本時間までが雲割れポイント、さすがに間に合いませんかね。

となると買いか雲の中に入ってレンジかのどちらか。

GBP/USD 8時間足

抜かない1.364 抜いても 週足+1σ 1.366が待つポンドドル 雲割れは奥が本線なので、上かレンジが妥当 1.350と200MA 1.345が下の目安

2週間レンジが続いているので、方向感は無し

1時間足

ドル円

材料出ればすぐ落ちますが、無ければ前回同様15時間後 なので売りは夕方かNY時間に考えたい。1時間雲サポートは雲下限114.70銭

ポンド円

雲ぬけ本線は赤丸なので、200MA 156.55 雲上限 156.70銭がサポートライン。

売るにも微妙な位置なのでNY待ちか 水曜はいつも微妙なので小動きか

豪ドル円

NZドル円政策金利でどちらに巻き込まれるか不明

こういう時は海外FXで1万円入金して10万通貨(海外は1lot) 10万入金して100万通貨(海外は10lot) NZ/ドル円かGBP/NZD,EUR/NZDの両建てか一発勝負するのが賢い

GBP/NZD 日足

値幅が広い最強に動く通貨 政策金利で遊ぶのが正解

bitwallet(もしくは別口座)に9万円おいて、取引口座に1万円入金して、この1万円で政策金利勝負!

30分足

30分雲はあてにならないが、一応チェックはしておきます。

ドル円

一応雲割れあるので、狙うのも良し

15分足

ドル円

ダウ下げているので、狙うのもありでしょう。

ポンド円

雲の中に入ったら売りを狙えばいいのでは?抜き返す(156.30銭)と損切なので、被害は少ない 10時NZ政策金利までまつかどうか

豪ドル円

こちらは10時NZ政策金利に巻き込まれる通貨なので方向感は不明・・・ 30分雲下限 82.60銭割れば下目線

GBP/USD

動かない動かないポンドドル 日本時間は上か小動き 丸で落ちるとは考えにくい

まとめ

以上が2022年2月23日ドル円・ポンド円・豪ドル円最新予想とチャート分析でした。

水曜は微妙な日が多いのでNY時間まで様子見か GBP/NZDで勝負をかける!!!!!!!

2022年2月16日ドル円・ポンド円・豪ドル円最新予想とチャート分析

材料待ち相場なのか、昨日の動きでは中々勝てませんかね。毎週水曜の動きはイマイチなので、トレードしないのも一つの選択肢でしょう。

イマイチな動きということは上げても小動き、下げの場合だけ値幅があると言う感じになりそうです。

日足

ドル円

ドル円もウクライナ問題が悪化しない限り、雲割れは先なので買いで良いでしょう。

後はペース的な問題なので、必殺の横横モードがあるかどうか。下は114.40銭を割るまで買い

10MA 115.44 転換線 +1σ 115.55銭  14MAが115.27銭 20MA 114.96銭

ポンド円

こちらも日足の雲 155.15銭を終値で割ってない限り上。雲の中に入ったら75MAが目途

14MA 156.00銭 10MA 156.30銭 20MA 155.45銭

上は転換線156.63銭しかなし。

豪ドル円

ドル円・ポンド円上に見えるので素直に買い

昨日は20MAまで 14MA 82.10銭 75MA 82.26 10MA 82.40 +1σ 82.57銭

4時間足

ドル円

あげるにはペース的に早いような気がしますが、ちょうど雲割れポイント

時間つぶしで雲の中に入るのか、割ってから反転か 8時間雲下限114.60銭迄あるかが焦点

日足のレジスタンス14MA 115.26銭 115.00銭まではありそう。

ポンド円

4時間雲の中に入るのを嫌がっているポンド円 こちらも丁度雲割れポイントなので、ドル円次第か

雲上限が156.20銭なのでここを割ると75MA 156.00 200MA 155.80 月曜安値 155.30銭 週足10MA 155.00銭が見えてきます。

上は20MA 156.20銭と +1σ 157.12銭しかなし。

豪ドル円

皆同じ雲ですね。上は+1σ 82.88銭 下は200MA 82.40銭 どちらに抜けるか

1時間足

ドル円

水曜の動きがぱっとしないということは、赤矢印のねじれまで小動きかどうか。

ポンド円

丁度雲抜けポイント。昨日の30分雲と似た形なので、上げるなら赤線を想定したい。

豪ドル円

丁度突破どころ。素直にあげてくれないので82.20前後までは見ておきたい ねじれで落下すルことも一応想定

15分足

ドル円

115.70銭抜くか 115.50銭わるかだけ

30分足

丁度分岐点なので売り買い1/2相場 下は115.30 115.00銭

豪ドル15分

赤丸で割れるとややこしくなる。

GBP/USD

雲割れ先なので、日本時間は1時間雲 1.3553まで なのでポンド円はドル円次第  1時間足で書いた赤線の動きか

1.3553抜けば素直に買い

まとめ

以上が2022年2月16日ドル円・ポンド円・豪ドル円最新予想とチャート分析

ドル円 115.20~115.00銭まで狙うかどうか

ポンド円 156.00銭まで狙うかどうか

豪ドル円 82.00銭まで狙うかどうか

2022年2月9日ドル円・ポンド円・豪ドル円最新予想とチャート分析

これで買い確定ですか。豪ドル円1時間雲突破で買いと見るのが普通でした。

ダウ1時間足・8時間足雲突破しましたし、買いはポンド円も100pipsなかなか出ないので、おいておくか50pipsぐらいが目標ですか。

豪ドル円も30pipsぐらいですかね。

日足

ドル円

後はペース配分だけなので、週足+2σ 116.11銭 月足+2σ 117.00銭で止まりやすいと思っておけばいいのでしょう。

下は114.80銭かな。

ポンド円

これで完全上昇トレンドですか。しばらくは+1σ 今日は156.25 10MA 今日は155.50銭が 押し目となりそう。

上値が難しく、なかなかポンドドルが上がらないのがダメモードの要因と言えます。

豪ドル円

日足の雲を抜いたので、こちらは82.00銭82.40銭が今週は下値の目途になりました。ちょうど+1σにいるところ。

とりあえず83.00銭と突破が目途。週足+1σが84.00銭にいるぐらい。

4時間足

ドル円

15分雲見ても雲割れないので、115.45銭がサポートだがそこまで下げそうもないかな。

115.80か116.00銭が目標。116.30銭しか目安がないので、豪ドル円84.10銭までがとりあえずの目安として上げると見ておきましょう。

難しいポンド円は +1σ 10MA 転換線が押し目

ドル円上げそうなので、素直に+1σ 156.34銭がサポートかどうかだけ。

豪ドル円8時間足

100MA 82.45 75MA 82.20銭 8時間雲82.00銭がサポートライン。

何日かかるか不明だが、週足+1σ 84.10銭が目標。

15分足

豪ドル円

雲割れないので、ドル円上げにそのまま乗りたい

ポンド円

丁度買い場 引っかけあるなら100MA 156.20銭まで

まとめ

以上が2022年2月9日ドル円・ポンド円・豪ドル円最新予想とチャート分析でした。

ドル円 115.50~115.80

豪ドル円 82.47~82.90

ポンド円 156.25~157.00銭

2022年2月2日ドル円・ポンド円・豪ドル円最新予想とチャート分析

ドル円落下ドルストレート上昇でクロス円は膠着した日となりました。

ドル円復活がクロス円上昇の鍵には違いなし

日足

ドル円

週足+1σ 1時間雲落下のドル円 後7日ほど雲割れがあるので、ここで踏ん張ると116.20銭突破が確定します。

10MA14MAが114.50銭にいるので、昨日安値割れがポイントとなりそう。

ペース的なことを考えると一回日足の雲割れはありそうなので、まさに1/2相場に差し掛かっています。

ポンド円

こちらも後7日で153.36銭割れすれば、レンジ下限148.50銭を目指す流れはそのままという感じです。

鍵はドル円復活には違いありません。

上は週足+1σ 155.80銭の上 156.00銭突破に違いなし。

今日は20MA 155.40銭 下は154.70銭割れなので上を狙うのが妥当。

豪ドル円

ドル円落下でAUD/USDが上に勢いづいています。

終値で日足の-1σ 81.36銭を抜いて、最後の砦14MA 81.74銭で止まっています。

どの時間足でも-1σを抜き返したら割るまで買いとなるので、

日足の20MA 82.08銭

基準線 82.30銭

日足の雲82.50銭などがターゲット

4時間足

ドル円

雲下限114.47銭を割るまでは買いです。なので買いを一番入れやすい場所。

売りの人は114.47銭割れを狙います。

明日まであるので、判断は難しいですが値幅の差はないので、買いで行くのがセオリー

8時間足

ポンド円

4時間足突破のポンド円 こういうちまちまモードに入った場合は、大陽線が出ます!

155.80銭抜けを狙うのが普通

豪ドル円

ポンド円上なので、こちらを売る理由は無し。

雲上限 82.50~82.30銭にレジスタンス密集しているので、ここまでは目標。

赤丸どちらで抜くかだけ 買い推奨

1時間足

ドル円

1時間雲抜けが115.07銭なので、ポンド円見ても抜けを狙うのが普通

200MA 114.50銭 割れが無いのなら買い

ポンド円

どう見ても買い 1/2でもない。雲の中に入るまで買い 割るまで買い 154.70銭割れまで買い 簡単相場

豪ドル円

ドル円底なら売る理由もなし。下値が見えない ドル円底ならそのまま買い AUD/USDが邪魔するかどうかだけ

15分

ドル円

昨日は15分雲上限が115.20銭だったので、ここを抜くまで売りと言うスタンス。

今日は逆に114.80銭を抜くまで売りと言うスタンス。ポンド円見ると下は固そう、もちろんGBP/USDの爆上げあるので、上とは限らない

GBP/USD

昨日はこちらが上だったので、ポンド円売る理由は無かったと思います。

今日はどちらが上がるかだけ。センスが問われます。ポンド円上には違いなし

豪ドル円

雲四角いと固いので、買いが必然

まとめ

以上が2022年2月2日ドル円・ポンド円・豪ドル円最新予想とチャート分析でした。

ドル円 114.55~115.15銭

ポンド円 154.90~155.80銭

豪ドル円 81.60~82.40銭

下記ランキングに参加しています。参考になったら応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ  

2022年1月26日ドル円・ポンド円・豪ドル円最新予想とチャート分析

ポンド円は153.00銭を付けたら売っても買っても勝てないぼろ負けモードに入ると書いた点は今のところ当たっています。

毎週水曜の動きもパッとしないので、今日もその可能性が高いということですね。

そうなるとドル円含むクロス円も同じぼろ負けモードと考えるのが普通。それまで材料が出なければ上下の幅が大きいジグザグモード

ウクライナ問題悪化で下と言う考えでいきましょう。

日足

ボロボロモードは +1σ -1σ 10MA 14MA 20MA 転換線で4時間.8時間.日足でソロぞれ叩かれるからです。

75MA 100MA 200MAも固いので、これだけのレジスタンスが上昇を邪魔します。

ドル円

昨日は-1σと75MAで阻まれました。

-1σ 114.00

10MA 75MA 114.14

転換線 114.25銭

14MA 114.40銭

下は100MA 113.34銭しかなし。

上のレジスタンスが多いので、ぼろ負けモードになります。

下に行くほうが分かりやすいので、どこまで粘るのか底を付けたのかが不明相場

ポンド円

材料出なければ20MAまで、材料出れば152.90銭割れと言う考え

昨日は75MAまで

こちらも

基準線 154.40銭

-1σ 154.60銭

転換線 154.90銭

10MA 155.07銭

下は152.90銭割ると152.00銭というところ。

10MAと-1σで売るかどうかだけ

GBP/USD

こちらも10MAが追い付いていないので、もう少し粘ります。もしくは底の可能性もあり。

豪ドル円

こちらも材料出なければ雲割るのは火曜以降なので、そこまではジリ上げモード

-1σと転換線が81.93銭なので、今日は81.90~10MAの82.10銭まで

ここで売るかどうかが今日のポイント

ゲジゲジ続くなら戻ります。

前に書いた動きの日足チャート

今のところ見事に的中しています!

4・8時間足のポイント

そろそろ難解相場に突入

ドル円4時間足

ドル円は-1σ 113.65銭を割るまで買い 今は20MA 10MAに乗っています。今のところ-1σしか手掛かりなし。

雲ぬけが赤丸なのでゲジゲジが濃厚 75MA 114.45銭まで上げればいい方。

それまでは日足のレジスタンスが邪魔をします。

ポンド円4時間足

-1σがサポートにならないのがポンド円。昨日がそうでした。

下の材料でなければ75MA 155.60銭ぐらいまでは上げると思っておきましょう。ここが週足+1σ

それまでは日足のレジスタンス 4・8時間の移動平均線で叩かれます。

豪ドル円4時間足

こちらも-1σを抜いていますので、引っかけを含めて81.00銭割れるまで買い

82.40銭が200MAなのでここらが目標

日足の1σと転換線が81.93銭に重なっているので、今日はここで売るのが基本 抜くと10MA 82.10銭まで

8時間足チャートを見ないとFXでは勝てません。

8時間足の-1σはとにかく固いので、8時間足を見れないスマホユーザーではなかなかFX攻略は難しいと言えます。

しかも現在はMT5でしか8時間足を見れないので、MT5が利用出来る海外FX業者をデモでもいいので、口座開設してチャートで利用するといいでしょう。

1時間足

ドル円

とりあえず1時間雲を突破したドル円 昨日高値と週足転換線114.45銭が固い

ゲジゲジモードなので、4時間-1σ 113.65銭を割るまで買い

ポンド円

ゲジゲジ君なので日足の基準線 154.40銭か-1σ 154.60銭まで

豪ドル円は81.90~82.10銭まで

下記ランキングに参加しています。参考になったら応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ  

海外FXは大体本人確認書類を提出する種類は一緒なので、一気に3~5口座作って後で好きなところに入金すべし!

FXで勝てない人はコピートレードがおすすめ!ただし自己資金20万円以上無いと、あまりお金は増えません!

一定の成績を収めている人はストラテジープロバイダー(コピートレードをしてもらう側)を始めると、フォロワーを増やして手数料を稼ぐことが出来ます。

アマゾンでと楽天で電子書籍を出版して、価格は3,200円と激安にしましたのでよかったらご購入ください。

著者名は前のブログ名で、英語バージョン ( 著者 FX MATEで検索)も発売しました!

未来が見えるFX一目均衡表の雲攻略
移動平均線とボリンジャーバンドだけでは攻略出来ないFXの一目均衡表の特徴を紹介しています。

この本を読んで3,200円稼げなかったらご連絡ください。

2022年1月19日ドル円・ポンド円・豪ドル円最新予想とチャート分析

ドル円散々日足の10MA待ちといいながら、昨日は10MAまでの上げでした・・・

下値は読み切れていますが、上値が読み切れていませんね。しかしこれでポンド円は156.43銭を抜くまでは戻り売りが確定しました。

豪ドルは今日雇用統計なので、上げてから下げるのかそのまま下げるのか不明なので、こういうときは予想しませんしトレードも不向き

ちなみに私がコロナになったらさすがに予想記事は休載します・・・

日々の応援クリックありがとうございます!

今後は前日の応援数が多いと時間足のチャートの増減を考えていくことにしました!応援が少ないと1種類(4時間だけとか)だけにしようと思います。

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ  

下記は毎週月曜に書いていますが、土日の応援が少ないので更新内容は少なめといったところです。

移動平均線は下記記事を読んでおきましょう。

チャートの設定を知りたい人は最下段に書いています。

日足

ドル円

下落トレンドは-1σ 10MA 転換線に沿って落ちるわけですから まだ-1σ 114.40銭を割ってないので下落トレンドが確定していないことになります。

今日から日足の雲割れゾーンに入るので100MA 113.20銭が下値の目途になります。

後は75MA 114.40 -2σ 113.84銭 大陰線が出れば113.20~113.00銭と思っておきましょう。

ポンド円

こちらはまだ下落トレンドは-1σ 10MA 転換線に沿って落ちると言うレベルではなく、-1σを叩いていません。

ドル円が113.00銭付けるのであれば153.40銭もあるということです。

-1σ 154.60銭 75MA 153.90銭 基準線 153.60銭

10MA 14MA 156.46銭

なのでこの範囲となります。

豪ドル円

こちらも昨日は10MAまで上げました。

10MAは非常に固いわけですから週足10MA 81.80銭も固いということになります。

と書くと落ちるので、週足転換線 81.50銭までは見ておきましょう。

雇用統計であげるかどうか。上げた場合

日足の10MA 82.77銭

200MA 82.60銭のどちらか

4・8時間足のポイント

ドル円は1時間足だけ見ればいいかな。下値は日足のレジスタンスと 113.90銭が週足14MA

ポンド円8時間足

今日はシンプルに75MA 154.60銭が日足の-1σなので、ここが普通。ドル円が爆下げすれば雲下限 153.60銭と見ておけばいいのではないでしょうか。

前回日足を見てもらえれば分かるように、あっさり日足の-1σ割っていますからね。 どちらにしてもドル円の下値次第。

AUD/USD 8時間足

こちらは8時間雲を上抜けしていませんから 上は0.721 下は週足-1σ 0.714になりますから

0.721に近づいたら売りで0.714で利確が普通。

豪ドル円もこれに準じます。後はドル円の上値ですかね

114.70×0.721=82.69 ですから82.60銭がやはりレジスタンスになります。

0.721抜くと昨日の高値が見えてくるということです。

GBP/USD 4時間

どちらかで落ちます。

8時間足チャートを見ないとFXでは勝てません。

8時間足の-1σはとにかく固いので、8時間足を見れないスマホユーザーではなかなかFX攻略は難しいと言えます。

しかも現在はMT5でしか8時間足を見れないので、MT5が利用出来る海外FX業者をデモでもいいので、口座開設してチャートで利用するといいでしょう。

1時間足

ドル円

今日は赤線ですか。今日か明日どちらで1時間雲を割るかだけになります。

ポンド円

こちらはレンジ雲が形成

しぶといなら4時間雲下限 156.32銭迄は見ておきたい 8時間雲上限が156.40銭なので ここらが最強レジスタンス

昨日のようなドル円の爆上げがあるかだけ・・・

豪ドル円

雇用統計でどちらに行くかわからないし、週足10MA 81.80銭付けてからの爆上げかもしれません。

こういう日はやらない。82.60銭付けたら売りを考える日

75MA 100MA 200MA いずれかまでなので82.90銭が最高

15分足

ドル円30分

今日は赤線の動きだけ注意。 雲のねじれを通過してから売れば良し。

GBP/USD

分厚い雲もたまには上抜けします。赤矢印ぐらいです。それだけ覚えて戻り売り

ポンド円

ドル円の爆上げ無ければ156.00~155.90銭 雲分厚いので売りですが、中に入ったのでドル円の爆上げに注意!

5分足雲を割ってから売るといいでしょう。

日本時間は売ってもなかなか勝てませんからね。

下記ランキングに参加しています。参考になったら応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ  

おまけ情報

おすすめ海外FX業者ランキングTOP10 国内外の人気や総合的な実績 おすすめのポイント
順位 業者名 最大レバレッジ スプレッド ボーナスなどの特典 日本 海外 実績 ここがウリ!!
第一位 Exness 無制限 A 詳細 なし B S S 出金して着金まで1分という驚異のスピードと高いレバレッジ
第二位 Axiory 400倍 A 詳細 なし(不定期で実施) A A A コスパ・約定スピード
第三位 XMtrading 888倍 C 詳細 5,000ドルボーナス等 詳細 S A S 日本での実績と特典
第四位 GEMFOREX 5,000倍 S 詳細 口座開設ボーナス等 詳細 S C B 最狭スプレッドと日本での人気
第五位 HotForex 1,000倍 A 詳細 15万ドルボーナス等 詳細 A S S コスパ・実績のトータルバランス
第六位 TitanFX 500倍 A 詳細 なし A B B コスパ・約定スピード
第七位 TTCM 500倍 B 詳細 ボーナス等 詳細 B A A a-book業者と言う点と豊富な特典
第八位 Tradeview 500倍 A 詳細 なし B S S a-book業者と海外での人気
第九位 Land-FX 500倍 B 詳細 5,000ドルボーナス等 詳細 B A B サーバーダウン時に保証した実績
第十位 FBS 3,000倍 C 詳細 1万ドルボーナス等 詳細 B B A 名門バルセロナとの契約とレバレッジ

海外FXは大体本人確認書類を提出する種類は一緒なので、一気に3~5口座作って後で好きなところに入金すべし!

FXで勝てない人はコピートレードがおすすめ!ただし自己資金20万円以上無いと、あまりお金は増えません!

一定の成績を収めている人はストラテジープロバイダー(コピートレードをしてもらう側)を始めると、フォロワーを増やして手数料を稼ぐことが出来ます。

下記に+14MAの設定を追加しておくといいでしょう。

スポンサーリンク

注目記事

為替予想

Posted by Webメイト