TitanFXの始め方&FX取引までの手順をわかりやすく解説

2019年12月6日

ブログの閲覧数今日の読者数 2009
昨日の読者数 2393
総閲覧数 267562

ここでは最近日本で人気が急上昇しているTitanFXの始め方をFX取引までの流れとともに紹介していきたいと思います。

申し込み手順からFX取引までの詳細を紹介していますから、流れに沿って行えば簡単にスタート可能です。

口座を開設してもボーナスがないのに人気の高いTitanFXで海外FXデビューを飾ってみましょう。

TitanFXの始め方

TitanFX
TitanFXで口座開設をしてFX取引を始めるまでの流れを書くと

まずは申し込みを行います。

  1. ライブ口座開設画面で個人情報を入力
  2. 審査が始まります
  3. 審査が完了するとツールのIDやパスワードなどが送られてきます。
  4. ダッシュボードにログインします。
  5. 本人確認と住所証明の書類を提出
  6. 資金を入金
  7. 取引ツールをダウンロードして初期設定
  8. FX取引がスタート
  9. 利益を出金する

という流れになります。審査期間は平日なら24時間以内ぐらいで終了します。

本人確認書類と、住所証明書をアップロードしないと入金ができないため、当然取引もできません。

本人確認書類は運転免許証やマイナンバー、パスポートなど自分の写真が入ったものでありその証明書を手に持って、自分と一緒に写った写真も必要です。

これをセルフィー画像と言います。これが結構面倒で「げんなり」した自分の顔を撮影して提出するのはかなり億劫でした(笑)

セルフィー画像例

住所証明とは住民票や銀行もしくはカード利用明細書、または電気・ガス・水道などの公共料金請求書で、いずれも三か月以内の発行日が記載されていることが条件となります。

これらが準備できたら下記で口座開設を進めていきましょう。

主な特徴や評判

TitanFXの口座の特徴やスプレッドを知りたい人は、下記記事でまとめています。

主に口座の種類と特徴を知りたい人は、気になるスプレッドと併せて参考にしてみてください。

また早朝時や週末クローズ時には、海外FX会社のスプレッドは広がりがちです。下記で各海外FX業者のスプレッドの広がり具合を紹介していますので、TitanFXのスプレッドも併せて参考にしてみてください。

実際には評判はどなのか?私的意見だけでは信ぴょう性も低いので、ツイッターや海外情報からも抜粋して徹底的にまとめてみました。

口座開設の手順

TitanFXで新規で口座を開設する手順と、追加で口座を開設する手順まで紹介しています。

口座の種類は2種類しかないので、どちらを選べばよいか悩んでいる人はスプレッドが狭いブレイド口座を開設するといいでしょう。

取引前の設定と取引方法

口座開設が完了したら取引ツールをインストールして入金を終えたら取引が可能です。

最近ではMT4とMT5両方使えるようになったのですが、設定自体はほとんど一緒ですから自動売買をしない人は、最新のMT5の利用がおすすめです。

まずはそのツールのインストール方法を紹介しています。

今度はツールの初期設定を紹介しています。スマホ版とパソコン版でそれぞれ紹介していますので、ご自分の取引環境に沿って進めてみてください。

パソコン版

スマホ版の初期設定から取引までの手順

取引ツールなどはその他の海外FX業者と同じですから、取引経験がある人は飛ばしてもらっても大丈夫です。

まとめ

以上がTitanFXの始め方&FX取引までの手順をわかりやすく解説でした。

日本でも評価が高い海外FX会社でかつ金融ライセンスもあり、資金も分別管理していますから、初めての海外FXデビューにもおすすめの業者の一つと言えるでしょう。

その他の海外FX業者でも取引を始めてみたい人は、下記で各社の手順を紹介しています。

スポンサーリンク

おすすめ記事