松井証券で株取引するなら口座開設前に評価と特徴をチェック!

スポンサーリンク

歴史ある証券会社であり信頼も伴うところと言えば、ここ松井証券が思い浮かびますが、その魅力はどこにあるのでしょうか。

ここではその松井証券で株取引することを考えている人のために、主だった特徴を調べてみましたので、口座開設前にチェックしてみてください。

松井証券の株式取引特徴

松井証券の株式取引特徴

資産管理が重要と言われる株式投資では、リスク管理がきちんとできる人が長く取引ができ、安心できる証券会社を選べばこそ、万が一の場合にも大手ならば信頼がおけますので、信託保全などしっかりとしているのが一般的と言えます。

大切な資産ですから、大手である松井証券など安心できるところを選びましょう。

手数料

松井証券での信用取引の手数料は以下の通りです。
信用取引手数料
現物取引の場合は下記となります。

現物売買手数料
10万円まで50万円まで100万円まで200万円まで
0円500円1,000円2,000円

300万円を超える場合は、100万円増えるごとに1000円が加算されます。1億円超の取引の際は、100,000円(上限)となりますが、我々一般人にはあまり関係ない金額ですけどね(笑)

(1日の取引における約定代金に対して。現物・信用取引共通)

(※口座開設時に信用取引の口座も合わせて開設すると、6か月間手数料は30万円まで無料となります)

注目すべきはやはり何といっても、1日の約定代金が10万円までなら手数料無料、という点でしょう。

この手数料体系は松井証券しか行っておらず、少額で株式投資を行いたい方にとって、松井証券の手数料体系はとても良心的です。株に興味がある初心者の方には非常におすすめの証券会社です。

またもう一つ松井証券の手数料体系で注目すべきは、「一日信用取引」というデイトレーダー向けのサービスです。

このサービスでは、売買代金に関わらず手数料はかかりません。それだけでなく、信用取引にかかる金利手数料も、1日に300万円以上の取引をすれば無料となるという破格のサービスです。

また、300万円未満の取引であっても金利手数料は2%と業界最安値クラス。一日に何度も取引するため手数料に悩みがちなデイトレーダーの強い味方と言えるでしょう。

チャートの特徴について

松井証券に口座開設をすると、ご自身の株式注文ページにおいて「チャートフォリオ」というサービスが無料で使用できます。このサービスでは以下の3つのようなことが可能です。

チャートの形でのトレンド検索

各銘柄のチャートの形状を分析し、「上昇基調?」「下げ止まった?」「リバウンド?」などの25パターンに分類、さらにそのようなパターンにあてはまる銘柄を検索できます。

このため、上昇基調にあったり、または反発しそうな銘柄を手軽に見つけることができます。

マーケットトレーサー

日足1か月・日足3か月・日足6か月の3つの期間から選択し、チャートの形を検索できます。

スポンサーリンク

もちろん基準となる日の変更も可能です。時間軸を設定したうえでの市場のトレンドを掴むためには有効なツールです。

業種別分析

業種を47に分け、株価が上がった/下がった銘柄が多い業種を紹介してくれます。産業のトレンドをつかむために非常に有効です。

投資家によっては会社の業績ではなくチャートをもっぱら分析する方もいらっしゃるそうですが、そのようなテクニカルな分析を得意とする方にも、松井証券は満足度の高いサービスを提供していると言えるでしょう。

おすすめポイント

各種ツール

繰り返しになりますが松井証券のおすすめポイントは初心者にやさしい手数料体系です。

一日の取引代金が10万円以下なら手数料はかかりませんので、株式投資に馴れたい初心者の方には強くおすすめされます。

それ以外にも、デイトレーダーの方々におすすめのサービスも充実しており、初心者から本格的トレーダーまで幅広くニーズを満たす証券会社だと言えるでしょう。

また、松井証券の公式スマートフォンアプリとして「株touch」というものがあります。これをあなたのスマホにダウンロードしておけば、いつでもどこでも登録銘柄の株価チャートを見たり、売買注文を出すことができます。

チャートの値動きの傾向が変わった、または業績が変化したなどの、銘柄に関する最新情報なども充実しており、とても使いやすい仕様となっているため、松井証券に口座を開設したら持っておいて損はないアプリです。

その他特徴について

このほか松井証券の特徴としては、IPOに有利な点があるということが挙げられます。

具体的には、松井証券のIPOの抽選は他社より3日ほど遅いという特徴があります。これは、他社のIPOの抽選で漏れてしまったとしても、松井証券に資金を移管すればまたチャンスがめぐってくるということを意味します。

IPOで一攫千金を狙う方にも松井証券はしっかりとメリットをもたらしてくれます。

また、ネットストック・ハイスピードというサービスにおいては、ダブルクリックで注文ができるというまさにハイスピードな取引が可能となります。

一日信用取引と合わせ、ハイスピードな取引をしなければならないデイトレーダーの方々に優しい作りとなっています。

松井証券は大正7年に創業された由緒ある会社で、インターネットの勃興とともにネット証券事業に参入、2001年8月には、インターネット取引専業の証券会社として、日本で初めて東証第1部に上場しました。

老舗ながらもトレンドを取り入れる気風のある会社であると言えるでしょう。
これまで述べてきた以外にも、松井証券の強みは様々。今後のさらなるサービス展開にも期待が高まります。

まとめ

以上が、松井証券で株取引するなら口座開設前に評価と特徴をチェック!でした。

その他大手証券会社は、下記でチェックしてみてください。

その他証券会社

GMOクリック証券で株取引するなら口座開設前に評価と特徴をチェック!
株式投資を始める前に当然行うことは証券口座の開設ですが、GMOクリック証券はその中でも手数料を見ると業界トップレベルの安さを誇っています。ということは、短期トレーダーであればここは複数口座を開設するには必須の証券会社と言えます。 また...
SBI証券で株取引するなら口座開設前に評価と特徴をチェック!
国内の証券会社で屈指の人気を誇るSBI証券ですが、なぜこれほどまでに人気があるのでしょうか。手数料の安さだけでなく初心者向けの内容が揃っているのも人気の一つと言えます。 また株式取引はもちろんのこと、FXや投資信託、CFDや先物まであ...
SMBC日興証券で株取引するなら口座開設前に評価と特徴をチェック!
誰もが初めて株式取引をする際に証券会社を選ぶとしたら、選ぶ要因の一つである大手企業というネームバリューは、とても重要視されます。 となると、ここSMBC日興証券は、まさにその代表格と言えるでしょう。ここではそのSMBC日興証券で株式取...
カブドットコム証券で株取引するなら口座開設前に評価と特徴をチェック
CMでおなじみのカブドットコム証券は、これから初めて株式取引する人だけでなく、経験者にもおすすめしたい証券会社の一つです。様々な金融商品から使えるツールや多彩な情報まで、顧客満足度はかなり高い証券会社と言えます。 その中でも特筆なのが...
マネックス証券で株取引するなら口座開設前に評価と特徴をチェック!
マネックス証券は、総合証券会社らしく株式取引からFX、先物や投資信託など数多くの金融商品を取り扱っている証券会社です。 どこで証券会社の口座を開こうか考えている人なら、まずはここでマネックス証券の特徴を掴んでみてください。 手数...
三菱東京UFJモルガンスタンレー証券の口座開設前に評価と特徴をチェック!
ここでは三菱東京UFJモルガンスタンレー証券の株式取引の特徴を紹介していきます。様々な企業名が入って舌を噛みそうな証券会社名ですが、株式取引には関係ないので、そこは安心して利用してください。 それでも三菱東京UFJモルガン・スタンレー...
大和証券で株取引するなら口座開設前に評価と特徴をチェック!
CMでおなじみの大和証券は、総合証券会社として大手の一角を担うメジャーな企業として有名です。ネット取引が盛んな中、電話や窓口注文が主流だった大手もネット注文に力を入れるようになってきました。 ここでは大和証券で株式取引を始めてみようと...
安藤証券で株取引するなら口座開設前に評価と特徴をチェック!
安藤証券は100年以上の歴史を持つ東海地区を中心に展開する地場の証券会社です。老舗ともいえる安藤証券で口座開設を考えている人は、簡単に特徴をまとめてみましたので、参考にしてみてください。 しかし100年の歴史というのは凄いですよね。そ...
岩井コスモ証券で株取引するなら口座開設前に評価と特徴をチェック!
岩井コスモ証券は関西に地盤を置く、地場証券です。岩井コスモ証券の手数料のシステムは少し特殊で、使い方によっては非常に安く取引をすることができます。 ここでは、岩井コスモ証券で口座開設を考えている人のために、色々特徴を調べてみましたので...
楽天証券で株取引するなら口座開設前に評価と特徴をチェック!
ネットショッピング最大手の楽天は、ショッピングモールだけでなく金融商品も取り扱いしています。 意外にも取引に重要なツールやポイントは押さえてある楽天証券は、他の証券会社に負けないほどの低い手数料や内容が整っている証券会社です。 ...
立花証券で株取引するなら口座開設前に評価と特徴をチェック!
立花証券は東京都中央区に本店を置く地場証券ですが、株式取引では「ストックハウス」と呼ばれるオンライントレードサービスが用意されています。 また株式投資や投資信託、NISAや日経225関連はあるのですがFXやCFDなどの金融商品は取り扱...