レバレッジが魅力の初心者の為の信用取引のメリットとデメリットと特徴

投資の学習
スポンサーリンク

信用取引は、株取引の投資手法の一つで、預け入れた担保(現金や株式)の信用を基にして証券会社から資金を借り入れる形で株の売買を行う取引方法のことです。

投資家は「委託保証金」などの担保を預け入れることで、自己資金の数倍の取引を行うことができます。例えば、手元に100万円ある場合、通常の現物売買では100万円分の取引しかできません。

ですが、信用取引の場合は、「100万円」という金額を預けることで300万円まで株式を売買できるのです。

信用取引とは

オブジェ
信用取引とはいわゆる少ない資金で大きな売買が出来る取引だと思ってください。主に預けた資産の3倍前後の金額が動かせるようになります。

例題をあげると

例えばAという株式を300万円分購入して60万円利益が上がったとしたら、評価額は360万円になりますが、これを決済して手元に入ってくるのは60万円です。

つまり借りていた300万円は証券会社へ返して利益分だけを受け取るということです。これは損をした場合も同じで、300万円に対して60万円損をしたとします。

そうすると評価は240万円なので、決済時には不足の60万円を証券会社へ返します。その原資は預け入れていた100万円です。なので、手持ちは40万円に減ってしまうということです。

このように、利益もレバレッジの分だけ倍になりますが、損も同様に倍になりますのでハイリスクハイリターンの投資手法と言えます。

信用取引の種類

信用取引には「一般信用取引」と「制度信用取引」という2種類があります。「一般信用取引」はほぼすべての銘柄を取引できるもので、資金の返済期限などを証券会社との契約によって決めることのできるものです。

対して「制度信用取引」は証券取引所によって定められた銘柄で利用出来る信用取引で、資金の返済期限は6ヶ月で金利や貸株料などが一般信用取引よりも安く設定されています。

また、後述しますが、空売りができるのもこちらの制度信用取引です。(一般信用取引の場合は、限られた証券会社でのみ可能)

信用取引のメリット

チャート
では、信用取引にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

ここではその魅力をいくつか紹介していきます。

レバレッジをかけて手持ち資金以上の取引ができる

上記でも述べたように、信用取引では手持ち資金の数倍の取引が可能です。

もちろん一つの株を多く買うという手法も可能ですが、例えば100万円で3銘柄しか買えなかったところを100万円で10銘柄買えれば、それだけ利益を上げるチャンスも増えますし、取引の自由度が増します。

このような使い方もできるため、レバレッジをかけられるということは、より利益を出す可能性を高めるとも言えます。

当然ですが損失もその分増えるので、しっかりとしたリスク管理が必要となってきます。

空売りができる

株価下落時に利益を出せる手法に空売りというものがありますが、この手法を取れることが信用取引の大きなメリットのうちの一つです。

どういうことかというと、例えばA銘柄が5000円のときに、株式を借り入れてその株式を売却します。

そして、手元に残った資金で、一株3000円担った時に、同じ株数を買い戻して株を返却すると、2000円×株数の利益が出ます。

空売りをすると、株価が下がるほど利益が出るため、市場全体が下落トレンドの時にも利益を狙える手法なのです。

スポンサーリンク

ただし売りと買いの差ははっきりあって、100円の株価が200円になった場合買いの利益は倍になります。

しかし100円の株価を空売りして50円になった場合利益は倍ではなく約50%の利益になる点はしっかり覚えておいてください。

故に空売りして逆に値上がりした場合は、かなりの被害が出るので早めの損きりが必要ということです。

株価は高値圏で売られると、そのスピードの早さはかなりのものです。しかし安値で売るとスピードは遅いので、高値圏をうろうろしている銘柄を追いかけるほうが、リスクを考えてもこういった銘柄を追いかけていきましょう。

信用取引のデメリット

人形
当然ですがデメリットも多くあるので、いくつか紹介していきたいと思います。

コストがかかる

信用取引を行うにあたっては、コストがかかることが一つのデメリットです。形式上は証券会社から資金を借り入れて取引しているわけなので、株式の保有期間に応じて金利がかかります。

また、他にも貸株料や逆日歩と呼ばれる空売りをする際に発生する費用があるため、通常の株取引よりもコストが高くなり、現物売買よりも利益を出さなければ、利益が少なくなってしまうことになります。

信用取引は手数料が安い証券会社は多いのですが、こういった仕組みを理解しておかないと、思いもしない費用が発生していることが見えてきます。

追証(おいしょう)のリスク

信用取引では、担保として証拠金を預け入れると説明しました。信用取引では、元の資金の数倍の取引ができると解説しましたが、当然、損が膨らんでしまうと、持っている資産に対してもとの資金の比率が低くなってしまいます。

そうなると、強制的にロスカットされたり、資産を超えて損失が出ることになります。証券会社もそうなってしまっては困るので、追加証拠金=追証を求められます。

追証を入れると、強制的に決済されることは防げますが、そこで損失が止まるとは限りません。どこまで資金を追加するのか、どれくらい損をしたらロスカットするのか、ということは事前に決めておくべきでしょう。

借金が発生するリスク

例えば通常の株式売買で50万円分株式を購入したとします。この時、例えば仮に株価が暴落しても最大の損失は50万円です。ですが、信用取引の場合は違います。

例えば極端な例ですが、100万円に対して株価が50%下落すると損失は50万円です。ですが、信用取引でレバレッジをかけて300万円分の株式を買っていて、株価が大暴落して50%下落すれば損失は150万円となっています。

証拠金は100万円ですから、50万円は新たに証券会社へ支払わなければなりません。

もちろんその額は金額が増えるほど倍増していきます。信用取引の際はしっかりとリスク管理を行っていないと、このようなことにもなりかねないので、注意しましょう。

まとめ

以上がレバレッジが魅力の初心者の為の信用取引のメリットとデメリットと特徴でした。

現物取引より大きな資産が動かせる信用取引は非常に魅力ですが、その反面のリスクも多大と言えます。ゆえに信用取引を始める人は、しっかりと資産管理と自分の意志管理ができる人でないと、手を出すべきではないと言えます。

そこを理解できたら証券会社で口座開設をして、信用取引を始めてみましょう。

ちなみに証券口座を開設してもすぐに信用取引はできません。口座開設後ログインした後に、信用取引を申し込むというスタイルをとっている証券会社がほとんどです。

そこから数日後に審査を通れば信用取引がスタートできるのです。ゆえに急いでいる人は、先に口座開設が終わらないと取引できない点は頭にいれておいてください。

コメント