SBI証券で株取引するなら口座開設前に評価と特徴をチェック!

2019年2月2日

国内の証券会社で屈指の人気を誇るSBI証券ですが、なぜこれほどまでに人気があるのでしょうか。手数料の安さだけでなく初心者向けの内容が揃っているのも人気の一つと言えます。

また株式取引はもちろんのこと、FXや投資信託、CFDや先物までありとあらゆる金融商品を取りそろえていると言っても過言でないSBI証券は、株式取引の口座開設を考えているなら押さえておきたい証券会社の一つと言えるでしょう。

SBI証券の株式取引特徴

SBI証券
SBI証券は取引デモをすることで、仮想の取引をすることができます。これが最も初心者にとってよい勉強になり、経験になる方法なので初めて株式取引をする人は、ここからスタートしてみましょう。

その前に投資基礎講座というものがSBI証券にはあるので、基本を勉強していない人はそこから基礎を学んでおきましょう。

手数料

スタンダードプラン

まずは短期売買ではない、中長期トレーダー向けのスタンダードプランでの手数料を紹介していきます。

現物売買手数料
10万円まで 50万円まで 100万円まで 150万円まで
 150円  293円  525円  628円
信用取引売買手数料
20万円まで 50万円まで 50万円以上 5,000万円以上
 154円 206円  388円  0円

アクティブプランの場合

現物売買手数料
10万円まで 30万円まで 50万円まで 100万円まで
 103円  308円  463円  822円
信用取引売買手数料
10万円まで 50万円まで 100万円まで それ以上は100万円ごと
 103円 258円  515円  432円


SBI証券はオンライントレード専門の証券会社であり、手数料は2つのプランに分かれています。「スタンダードプラン」と「アクティブプラン」です。

「スタンダードプラン」では、1注文に対して手数料がかかり、最低手数料は150円~となっています。なお、国内証券会社で比較した場合、150円という手数料は非常に安い水準となっています。

また、SBI証券の場合、取引金額が大きくなるにつれて、他社よりも手数料が安くなっていくという特徴があり、なんと3000万以上の取引でも手数料は1050円と非常に低い水準になっています。

また、「アクティブプラン」は1日の約定代金によって手数料が決ま流コースになりますが、最低の1日10万円の場合は103円、1日100万円分取引しても822円となっており、主要ネット証券の中でも最低水準と言えます。

もちろん、他にも手数料の安い証券会社はたくさんありますが、取引金額が大きい投資家の方は特にSBI証券の手数料のメリットを受けやすくなるでしょう。

おすすめポイント

SBI証券のおすすめポイントとして、大手総合証券にも匹敵するIPOの取り扱い数が挙げられます。SBI証券では主幹事、幹事のものを全て含めて2016年度には76件のIPOの取り扱い実績があります。

これはなんと、SMBC日興証券の72社を抜いて1位となっています。さらに、IPO件数全体の約8割を占めており、IPOのほとんどの銘柄をカバーしていると言えます。

もちろん主幹事となっている案件はその一部ですが、それでもネット証券でここまでの取り扱いがあるのはSBI証券だけであると言えます。

IPOは取り扱いがなければそもそも申し込むこともできないため、IPOの取り扱い件数だけを見てもSBI証券の口座は是非持っておきたい口座であると言えます。

チャートの特徴

チャート

SBI証券では「HYPER SBI」という非常に高機能で操作のしやすい取引ツールを利用することができます。例えば基本的な機能であるチャートでも、テクニカル指標が40種類以上用意されているなど、上級者でも十分満足できる機能を有しています。

また、「HYPER SBI」の優れているところは発注の際の操作が非常に簡単で、素早く注文できるように工夫されているところにあります。このツールでは注文をドラッグ&ドロップで発注したり変更したりすることができるため、常に動く株価に対して素早く注文変更や新規発注を行うことができます。

これは、株の動きが激しい銘柄などでは特に重宝する機能です。また、タイミングよく注文を出したい場合にはスピード注文機能も役に立ちます。

この機能は株価を注視しながら、ワンクリックで発注ができるため狙った株価を逃さずに約定することができます。また、多くの証券会社では銘柄登録は1,000~3,000銘柄の場合が多いですが、なんと1万銘柄も登録することができます。

また、その登録銘柄も一度に20銘柄まで確認できるため、投資初心者の方はもちろん上級者の方にも嬉しい機能ではないでしょうか。

スマホツールの特徴


SBI証券のスマホアプリは「HYPER 株アプリ」というアプリが用意されています。このアプリでは、PC版「HYPER SBI」とほとんど遜色無い機能を使えるほか、アプリの方が使い易いのではないかと思うような機能もついています。

その機能が「板注文機能」という機能で、PC版ではドラッグ&ドロップになるのですが、スマホアプリ版ではあらかじめ発注数量を入力しておき、実際の気配値を見ながら、希望の価格のところを2回タップするだけで指値注文が出せるという非常に便利な機能です。

通勤中の電車の中や、ちょっとした休憩時間などにも煩わしい入力作業や、複雑な注文入力などをすることなく簡単に取引をすることができるため、片手間で株式売買をする投資家にも嬉しい設計となっています。

その他特徴

SBI証券には非常に人気の高い情報配信サービスがあります。それが「プレミアムニュース」というサービスです。このサービスはなんと、本来は機関投資家向けに配信されていて一般投資家が見ることにできない情報を一般投資家向けに配信するというものです。

1ヶ月で33,750円という料金が必要にはなりますが、その金額にも関わらず利用者からは「それだけの価値が有る」と好評を得ているとのことなので、非常に質の高い情報が得られていることがわかります。

このプレミアムニュースでは経済イベントや速報ニュースなどをほぼリアルタイムで配信されるほか、スクープ記事や政府高官の発言など、通常ではしばらくしてからでなければ手に入らない情報を即時に入手することができます。

他にも株価レーティングなども素早く手に入れることができるため、乗り遅れることなく投資を行うことができます。

このサービスは上級者の方はもちろんですが、投資の経験の浅い方でも良質な情報で投資ができるという点では非常におすすめのサービスであると言えます。

まとめ

以上がSBI証券で株取引するなら口座開設前に評価と特徴をチェック!でした。特徴のおさらいをすると

  • 現物と信用取引では手数料が異なる
  • IPOの数が国内NO1な点が高評価
  • デモ取引で仮想体験可能
  • 基礎講座があるので、初心者向け

など、まさに国内トップレベルの人気の高さがある理由がうなずけると思います。手数料は一日で何度も取引するディトレーダーにならなければ特に気にする必要はないのですが、安いにこしたことはないので、SBI証券は一押しの証券会社と言えるでしょう。