不動産投資よりも手軽なREITについて初心者向けに特徴を解説

投資の学習
スポンサーリンク

最近よく耳にするREITって何だろう?と思う人は多くいると思います。REITは「Real Estate Investment Trust」の頭文字をとった略語で、日本語では「不動産投資信託」や「不動産投資法人」と言われます。

ここでは、そのREITの特徴やどのような種類があるかなどを初心者向けに解説していきますので、参考にしてみてください。

REITとは

money
REITはアメリカ発祥のもので、日本では「J-REIT」という呼び方をして区別することがあります。では、そもそもREITが何かと言うと、不特定多数の投資家から資金を集めて、不動産を購入し、その不動産の運用利回りによって利益を上げる「投資信託」の一種です。

購入する不動産も、REITの種類によって様々で、オフィスビルや高級マンション、イオンなどのショッピングモールを持っているところもあれば、老人ホームなどの介護施設をもっているREITもあります。

REITは「不動産投資法人」と呼ばれていると解説しましたが、実際に法人の形式をとっています。株式会社は株式を発行して投資家へ売り出しますが、REITの場合は、「投資証券」を発行して投資家へ売り出します。

投資家は株のように投資証券を売買できるほか、運用利回りによる分配金を得ることができます。なお、投資信託では通常の投資信託と「ETF」と呼ばれる上場投資信託がありますが、REITは基本的に上場して投資家へ投資証券を売り出す場合がほとんどです。

通常の投資信託のようなものもありますが、そのほとんどは国内外の上場しているREITに投資をする、というものです。

REITのメリット

パソコン
REITは不動産に投資をするものだと解説しましたが、では、どのようなメリットがあるのでしょうか。これはいくつかに分けられます。

例えば、今後、老人ホームが高い収益をあげるようになると考えていたとします。しかし、「では老人ホームを買おう」とはなりませんよね。運営するのも困難ですし、莫大な資金が必要になります。

そこでREITが活躍します。老人ホーム、あるいは高齢者向けマンションなどを運営しているREITを購入しておけば将来的にリターンが期待できます。つまり、高額の不動産投資をある程度の少額から行える効果があるのです。

REITは1口単位から買えますので、高いものでは50万円くらいするものもありますが、安いものだと5万円くらいからあります。

もちろん、株の良し悪しを考えるときに保有資産や運営状況に対して株数と株価が割安かどうかで判断するように、安いからと言って駄目というわけではないので、ご注意ください。

また、REITは高い利回りがあるため、長期保有に向いていることでも有名です。そもそもREITの内部は不動産です。不動産は一度購入して長い期間をかけて利益を上げていくものなのです。

スポンサーリンク

反対に言えば、不動産を保有している限りは、運営に問題がなければそうそう破綻することはありません。破綻しても、震災などでもなければ不動産という担保が必ず残ります。

すなわち、通常の株式会社の株式と比較して、ある程度安定していると言えます。また、分配金はいわゆる家賃収入から出てくるため、安定して分配金が出るという仕組みですが、それ以外にもREITが有利な条件があります。

REITは収益の90%超を分配するなどの条件を満たすことで法人税がかからないという優遇措置があるのです。

法人税も運営コストの一部ですから、こうした費用がかから無いことと、9割以上を分配しなければならないことから、分配金が高くなる場合が多いのです。

REITの種類

迷路
ここではいくつかREITの種類と特徴を簡潔にまとめてみました。ハイリスクハイリターンのものから、人気が高いものまで色々あります。

オフィスビル特化型不動産投資法人

この形態のREITはオフィスビルへの投資に特化しています。新規にオフィスビルへ入るのは多くは中小企業ですので、景気によっては左右されやすくなります。

しかし、相手が法人の場合、立地などにもよりますが、高い収益性が確保できる可能性が高いため、REITの中でもハイリスクハイリターンと言えます。

住宅特化型不動産投資法人

高級マンションや、投資用マンション、アパートから高級住宅まで、個人が住む家を対象に投資をします。

家賃はある程度相場が決まっていることもあり、収益性は高くても中程度となりますが、景気に左右されず必要とされる住宅への投資になるため、長期でも安定していると言えます。

ホテル・リゾート型不動産投資法人

格安、高級ホテルや星野リゾートなどに代表されるリゾート施設へ投資する不動産投資法人です。

スポンサーにリゾート施設運営の大元の企業がある場合も多く、ホテルの割引券やリゾートの優待券などをもらえることもあります。景気には左右されやすいですが、分配金以外のメリットがあるため、人気は高いです。

物流特化型不動産投資法人

最近はネット通販の発展で大型の物流施設が増えてきていますが、そうした物流センターへ投資する不動産投資法人もあります。

今後、ネット通販などの増加に伴い、需要は伸びていくことが考えられるので、安定しつつも収益を出すことができる投資先として注目されています。

総合型不動産投資法人

オフィスビルやホテル、住宅など投資対象にはこだわらず、安定性や収益性を追求するREITです。

様々な資産を複合して保有しているので、一分野に特化したものよりも収益性は低くなりますが、景気に左右されることも少なく安定していると言えます。

まとめ

以上が、不動産投資よりも手軽なREITについて初心者向けに特徴を解説でした。

こういった投資で大きく稼ぐことが出来たら、本物の不動産経営にもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。実際に私自身が投資してきた経験を下記で紹介していますので、興味があれば参考にしてみてください。

http://stjohngogarty.com/furousyotoku/

コメント