2019年8月2日最新のドル円の予想と今日の値動きポイント

昨日は近年まれにみる高値圏からの大暴落でした。これではボラもあつく予想も難しく今日は雇用統計なのでドル円もポンド円も予想はしません。

昨日書いた15分足雲割れで売りたいところと書きましたが、その通り売っていれば1円80銭とれました。大きな日でした。

確実に勝てるところでエントリーすればFXは簡単です、そこが待てるかどうかと言えます。

とりあえず通常動きになるのを待ちましょう。レジスタンスは108.00銭と107.58銭だけ頭にいれておいてください。

ドル円長期予想と最新の予想

月足の移動平均線で見ると雲転落ですが、一応赤矢印のように上ることもあるので、完全売りとは言えませんが、日足の雲がまだ上ではないと言って言るので109.00銭までと見ます。

一目均衡表で見る現在のトレンドは

  • 月足チャート 売り
  • 週足チャート 売り
  • 日足チャート 売り
  • 8時間足チャート 売り
  • 4時間足チャート 売り
  • 1時間足チャート 売り
  • 30分足チャート 売り
  • 15分足チャート 売り

とたった一日でポンド円並みにすべて売りになりました。戻りは108.00銭がMAXとなりそうです。

トレンド確認1.雲の中にいるともみあい

2.雲の上にいると買いが強い

3.雲の下にいると売りが強い

がトレンドの目安となります。

ドル円はレジスタンスと基本を知っておけば、どの通貨より取引しやすい通貨といえます。詳しくは下記で紹介していますので、しっかり学習しておいてください。

ポンド予想記事

とりあえず107.58銭にレジスタンスがあるので、ここを戻りの目安で売っていくかですが、5分足を抜けるだけで40銭ぐらいのボラがあります。

こうなると売りも買いもエントリーが難しいですね。

雇用統計の値幅も大きいかどうか 30分足チャートをチェックしましょう。

どちらにしろ今年は90円になると思うのは変わりません。

スポンサーリンク