話題のNISAの稼ぎ方とNISA(少額非課税制度)の有効活用方法

2019年2月2日

株や投資信託など、金融商品によって発生した利益に対する税金を非課税にする制度であるNISAですが、現在は口座を開設している人が増えてきました。

120万円という制限があるため、中には使っていない方や仕組みがよく分からずに作りっぱなしになっている方もいるかもしれません。

ですが、NISA口座を有効に活用することで、本来発生する20.315%もの税金を節税することができるため、できることならしっかりと活用したいところです。そこで、NISA口座を有効活用して、しっかりと稼いでいく方法をご紹介します。

NISAの稼ぎ方

スマホ
稼ぎ方と言っても、株や投資信託で資産運用するわけですから口座がないと何もできません。とりあえず全く投資について知識がない人は

株式投資で稼ぎたい方は下記を参考に

投資信託で稼ぎたい方は下記を参考にしてみてください。

証券口座を開設しよう

もし、「まだ口座を作っていない」という場合には、できるだけ早めに口座を作りましょう。NISA口座は2014年からスタートしましたが、実は現在の制度のままであれば、2023年までが期限となっています。

法改正がなされない限りは、それ以降はNISAという制度そのものが無くなる予定であるということです。ということは、現在2017年から数えると、NISAが使える年は8年間ということになります。

つまり、NISA口座の開設が1年ずれるごとに、使える枠が120万円ずつ減っていってしまうのです。また、NISA口座は申請から開設まで長いと1ヶ月ほどかかります。

早めに申し込んでおかないと、いざ買いたい商品がでてきた時にも買い付けすることができません。まずは金融機関(証券会社、銀行)をどこにするかを決め、早めに申し込みをしましょう。

株で運用

世界地図
株でNISA口座を使おうと考えているのであれば、1点注意事項があります。例えば、株式の保有目的の一つに「優待」がありますが、優待目当ての株であればNISA口座を使うのは避けた方が良いでしょう。

もちろん、それしか買う予定がなく、他の金融商品も買わないというのであれば問題ないですが、たくさんの銘柄や商品の中の一つとして優待銘柄を保有するのであれば、特定口座などの他の口座で買うようにしましょう。

NISA口座で非課税になる対象は2つあります。1つ目は株式の「値上がり益(キャピタル・ゲイン)」です。購入した株式の株価が値上がりし、売却した時に発生する利益に対して税金が非課税になります。

2つ目は「配当益」です。株式は配当のでるものが多いですが、この配当についても、「株式数比例配分方式」という「証券口座で配当を受け取る」方式にしていれば非課税とすることができます。

この2つの利益が非課税になるということは、この2つの利益が少なければNISA口座の恩恵は少なくなってしまうことになります。主に「優待銘柄」と呼ばれる銘柄は、程度に差はありますが、配当が非常に少ない場合が多いです。

優待に資金を割いているため、現金での配当は少なくなってしまうのです。また、値上がりという点に関しても、優待目当ての株主が多い株は、長期保有される場合が多く、良くも悪くも株価が動きにくい性質があります。

そうすると、保有期間の間にしっかりと利益を出すことができないため、NISA口座の恩恵を受けることができなくなります。その点には注意しましょう。

NISAで狙い目の商品は

CASH
では反対に、どういった銘柄がNISA口座に向いているのでしょうか。一つはIPOが挙げられます。IPOは当選確率こそ低いものの、良いIPOを購入することができれば、2倍や3倍になることも珍しいことではありません。

2倍や3倍に上昇した際の税金は非常に高額になりますので、これをNISAで非課税にすることができれば非常に心強いですね。

また、他には銀行や商社など、比較的高い配当を出すことが多い「高配当銘柄」が挙げられます。前述した通り、配当も非課税にすることができるため、高い配当を出す会社の株式を保有して、毎年配当を得ることで頻繁に売買せずにNISAを活用することも可能です。

ただし、注意点としてはNISA口座の非課税期間は5年間(1度購入した資産は5年以内に売却しなければ非課税にならない)なので、売却益を出そうとしているのであれば、保有期間に気をつける必要があります。

投信で運用

投信で運用する場合には、購入しようとしている投信がどのような内容なのかに着目する必要があります。例えば、NISA口座で日本債券の多く含まれる投信を購入した場合、値下がりも少ないですが、値上がりも限定されてくるため、非課税のメリットはあまり得られません。

株式型で高い運用リターンを目指すタイプの投信や、毎月ある程度高い分配金が支払われるような投信であれば、非課税のメリットを十分に受けることができます。

特に、毎月分配型の投信は、毎月の分配金については、その時点で課税されますが、元本が値上がりしている場合には、売却時にも課税されてしまいます。

その点では、非課税口座のメリットを受けやすい形の金融商品であると言えるでしょう。

まとめ

以上が話題のNISAの稼ぎ方とNISA(少額非課税制度)の有効活用方法でした。

初心者が上手に稼いでいくには、やはりIPOが必然と言えます。もう少しIPOについて詳しく知りたい人は、下記を参考にしてみてください。

IPO案件が多いのはやはりSBI証券です。ネット口座人気NO1ですから、口座開設を考えているのならば、下記でスタートしてみてはいかがでしょうか。