初心者必見!NISA(少額投資非課税制度)とジュニアNISAの特徴とその魅力

投資の学習
スポンサーリンク

NISAとは、「投資に対する税金を非課税にする制度」で、イギリスで実施されている「ISA(個人貯蓄口座)」をモデルに2014年からスタートした、国の投資促進制度です。

ここでは、そのNISAとジュニアNISAについて特徴などを詳しく紹介していきますので、参考にしてみてください。

NISAは税制でお得

税金

通常、株式や投資信託などの運用商品を購入して利益がでると、20.315%の税金が利益に対してかかります。例えば100万円を運用して50万円利益が出たとすると、このうちの10万円が税金がかかってしまいます。

ですが、このNISAを利用して運用している資産については、この利益が非課税となり、10万円分お得になります。120万円という金額の制限はありますが、購入するときにNISA口座を選択するだけでこの恩恵を受けることができるため、是非利用したい制度です。では、次項からNISAの詳細と利用方法を記載していきます。

NISAの概要

NISAは2016年1月以降は「毎年120万円まで、株式・投資信託の値上がり益・配当・分配金が非課税になる」となっています。2015年までは対象金額が100万円だったので少し利用しやすくなっていますね。

この利用枠については、注意が必要で、2017年4月にNISA口座で80万円株式を購入し、5月に90万円で売却したとします。では、6月に改めてNISA口座を利用する場合、いくらまで購入できるかというと「120万円ー80万円=40万円」となります。

一度使った枠は売却しても再利用はできないので注意が必要です。この制度は2023年までの制度なので、最長で10年間となります(2014年~2023年)。また、購入してから「5年間」は非課税になりますが、5年を過ぎた後に売却すると税金がかかってしまいますので注意が必要です。

対象者は「20歳以上」となっっています。20歳以下の方には後述する「ジュニアNISA」という制度が用意されていますので、そちらを利用することができます。

NISA口座を利用するには、「銀行」「証券会社」のどちらかでNISA口座を開設する必要があります。注意点としては、NISA口座は一人一つしか開設することができません。銀行では株式の取り扱いがないため、株式を購入したい場合には証券会社で開設する必要があります。

NISAのオススメ利用法

ATM
NISA口座は120万円までと枠が決まっているので、少しでもお得に利用したいところですよね。できるだけ値上がり益の取れる株を購入するか、配当や分配金でしっかり利益の上がる株を購入するのがオススメです。

スポンサーリンク

せっかくのNISA口座も利益が出なければ意味がありません。では、どのような株を買えばよいのでしょうか。一つの選択肢としては、「IPO」が挙げられます。

高い勝率で利益を出すことができて、なおかつ大幅な値上がりが期待出来るIPOで利用すれば、非課税のメリットを最大限に生かすことができます。また、NISA口座を開設する証券会社にもポイントがあり、口座開設するとプレゼントがもらえる、手数料が割引になるなどの特典がある場合があります。

例えば、カブドットコム証券では、「NISA割」というものがあり、NISA口座を開設すると通常の取引手数料が最大で5%まで割引されるというものです。これは、NISAを保有している期間中継続しますので、とてもお得ですよね。

このように、NISA口座をどこで開設するかによって、受けられる特典も違ってくるため、しっかり調べてから開設したいところです。

ジュニアNISAについて

少年
NISA口座は20歳以上の方が対象となっているため、未成年の方は利用することができません。そこで、未成年の方を対象に「ジュニアNISA」という制度が用意されています。

これは、2016年4月からスタートした制度で、「株式や投資信託の利益が非課税になる」「5年間まで非課税」「売却しても非課税枠の再利用はできない」など、基本的な部分についてはNISAと同じですが、いくつか違う部分があります。

まず大きく違うのは金額で、ジュニアNISAは枠が80万円となっています。そして、ここが最も違うポイントなのですが、「原則18歳になるまでは、資金を引き出すことができない」という点です。

正確には、「引き出すと過去の投資分も課税されてしまう」ということです。これは、ジュニアNISAという制度が未成年の方の将来の学費の積み立てなどに利用してもらいたいという目的で設定された制度であるため、18歳を迎えるまでは貯蓄しておいてください、という意図が込められています。

もちろん口座内での売買は可能ですが、出金は18歳以上からとなりますのでご注意ください。また、口座開設のための条件として、親権者の方が同じ証券会社に口座開設をしている必要があり、途中で金融機関を変更することができません。

NISA口座は途中で金融機関を変更することもできるため、ジュニアNISAの開設ではより慎重に金融機関を選ばなければなりません。

まとめ

以上がNISA(少額投資非課税制度)とジュニアNISAの特徴とその魅力でした。NISAを始めるならおすすめの証券会社は、

SBI証券で株取引するなら口座開設前に評価と特徴をチェック!
国内の証券会社で屈指の人気を誇るSBI証券ですが、なぜこれほどまでに人気があるのでしょうか。手数料の安さだけでなく初心者向けの内容が揃っているのも人気の一つと言えます。 また株式取引はもちろんのこと、FXや投資信託、CFDや先物まであ...
GMOクリック証券で株取引するなら口座開設前に評価と特徴をチェック!
株式投資を始める前に当然行うことは証券口座の開設ですが、GMOクリック証券はその中でも手数料を見ると業界トップレベルの安さを誇っています。ということは、短期トレーダーであればここは複数口座を開設するには必須の証券会社と言えます。 また...

などです。SBI証券はIPOの数も多数あるので、おすすめできる証券会社です。もし興味がありましたらNISAを始めてみましょう。

コメント