FXの必勝法はあるのか、確率の高いパターンを紹介

投資の学習
スポンサーリンク

FXに必勝法を求める人は多数いると思います。しかし必勝イコール100%ですから、そんな手法はなかなか存在しません。ここでは一般論でいうレベルのお話となります。

できる限り勝てるロジックをつかむか自動売買システムなどを活用するかなど、様々な方法を探していきましょう。あくまでここでの情報は参考程度です。売買は自己責任でお願いいたします。

必勝法の一例

スワップ狙い程度ならあると言えばあるのですが、下記でまとめてみましたので参考にしてください。正直に言えば必勝ではなく、あくまで可能性が高いと言えるレベルです。

ロウソク足と一目均衡表のパターンを覚えていくことで、自分のトレードが必勝に近づいたら良いのではないでしょうか。

下ひげ

下落トレンド中に下ひげが出た場合陽線であればさらに良しで、なるべく長い時間足(4時間足 8時間足 日足)などでトレンドの反転の可能性は高まる

良い例

下ひげチャート

黄色い雲の下に抜けたと思ったら陽線で下ひげを付けて上昇したパターン。2回下ひげをつけたので、なかなかの高確率と言えるでしょう。

下ひげチャート

雲に入ったが、陽線をつけた下ひげでそのあと上昇トレンドに入ったパターン。

悪い例

下ひげチャート

スポンサーリンク

0.76839で陽線の下ひげを付けたがそのあとさらに安値を更新するパターン

下ひげチャート

同じく陽線で下ひげを付けたが、少しの上昇で終わり、そのあと下落していくパターン

なのでやはり必勝とはいいがたいですね。

上ひげ

上昇トレンド中に上ひげが出た場合、陰線ならなおよしで、なるべく長い時間足(4時間足 8時間足 日足)などで出るほうが可能性は高まる

良い例

上ひげチャート
理想的なパターン。特に上昇もなく緩やかに下落していくパターン
上ひげチャート

カタカナの「ノ」を描いて上昇(下降)するとトレンドが終焉するよくあるパターン。上ひげでなく大陽線でも下落していきます。

悪い例

上ひげチャート
とりあえずは下がったが、そのあと持ち直して上昇したパターン。まあ欲張らなけれなそれなりに利益は得られています。

スワップを狙った方法

下記は、あくまで証拠金を用意することで、持ちこたえる方法です。現実的にはかなりの資金がいるので、それを満たす人が読んで実行してみてください。

スワップを狙った変わった必勝法
南アフリカランド円といえば、最近では8円~12円あたりをウロウロしているあまり変動の少ない通貨です。相変わらず前置きが長くなりましたが、それではどのような方法が金利を狙った 必勝法なのか?ここでは紹介していこうと思います。

まとめ

ここで紹介したのはあくまで、いけるのではないか?という例です。なので売買は自己責任でお願いいたします。

必勝法は、あくまで自分で探すものであって、人からの情報ではなかなかうまく行かないと思います。いかに良い方法を見つけていくか、それが自分の必勝法だと思っておきましょう。

コメント