マネックス証券で株取引するなら口座開設前に評価と特徴をチェック!

2019年2月2日

マネックス証券は、総合証券会社らしく株式取引からFX、先物や投資信託など数多くの金融商品を取り扱っている証券会社です。

どこで証券会社の口座を開こうか考えている人なら、まずはここでマネックス証券の特徴を掴んでみてください。

手数料も業界で見るとかなりお得な証券会社なので、短期中期問わず誰もが利用しやすいところと言えます。

マネックス証券の株式取引特徴

マネックス証券
マネックス証券で口座開設を考えている人が重視するポイントは

  • インターネット以外でも様々なアクセスで取引可能(電話、コールセンター等)
  • 50万円までの取引ならかなり安い手数料
  • 株式取引以外の金融商品に興味がある
  • プロレベルの取引ツールが使いたい

などが挙げられます。後は取引するとポイントが付く特典などもありますが、売買がメインである以上はやはり上記が重要ポイントと言えます。

手数料

現物/信用売買手数料
10万円まで 20万円まで 30万円まで 40万円まで
100円 180円 250円 350円
現物/信用取引売買手数料
50万円まで 100万円まで 100万円まで 100万円超
450円 成行1,000円 指値1,500円 成行0.1%指値0.15%

上記はパソコンとスマホからの注文の手数料になります。携帯電話は別料金となります。

100万円超の場合、成行注文の際は約定金額の0.1%で指値注文の場合は0.15%となります。

マネックス証券は大手ネット証券の1角を占める証券会社です。手数料帯は、低い金額の取引であれば非常に安く取引をすることができます。

10万円まで、100円~で取引をすることができるため、IPOなどの引き受けもある大手ネット証券の中で比較すれば最安水準と言えます。

ただし、取引金額が100万円を超えてくると他社の方が安くなる場合もあるため、どちらかというと50万円くらいまでの取引がメインの方にオススメできる証券会社と言えます。

ただし、マネックス証券には1日定額手数料コースというコースがあります。このコースだと、300万円までは2500円の定額で取引ができるため、マネックス証券で比較的高額の売買をする場合には定額手数料コースで取引をすることで手数料のコストを抑えながら取引をすることができます。

チャートの特徴

ツール
マネックス証券では、プロトレーダーも納得するようなトレーディングツールが用意されています。
「マネックストレーダー」シリーズは、実際にプロのトレーダーが使用しているツールをもとに設計されているため、機能性、使いやすさ、ともに非常に高水準なツールとなっています。

例えば「Trading One」という機能が用意されていますが、この機能を利用することで実際に取引をする際に必要な板情報、チャート、ニュース、各種指標などの情報をまとめて1画面に表示することができます。

たくさん機能がついているため、どれを参考にしたら良いのか迷ってしまう場合や、初心者の方でもこの機能を利用すれば簡単にツールを使いこなすことができます。

また、マネックストレーダーのオススメポイントとして「「マルチチャートビューア&マルチ気配ビューア」が挙げられます。

これは非常に痒いところに手が届く機能で、他社では銘柄の株価を一覧できる画面はあっても、板情報を一覧できる機能はない場合も多いです。板情報とチャート情報を1画面で複数確認できるこの機能は、初心者から上級者まで、使い始めると欠かせない機能となってしまうこと間違いなしです。

おすすめポイント

投資情報

マネックス証券はネット証券の中でも大手の証券会社になりますので、取り扱い商品のラインナップも非常に豊富です。
国内株や債券、投資信託はもちろん、米国株や中国株、金や先物・オプションまで、証券取引の主要銘柄はなんでも取引することができますし、大手ならではのIPOの引き受けも多いため、その点でもメリットがあります。

また、マネックス証券は昔から独自の商品開発で話題になることが多い証券会社で、例えば直近のものであれば、ロボットアドバイザーによる投資一任取引契約(ラップ)口座の取り扱いを開始しました。

これは「マネラップ」と呼ばれるもので、1万円から積み立てをすることができ、将来の資産設計に最も適した運用方法で資産を運用してくれるというものです。

手数料も1%未満となっており、非常に利用しやすいサービスになっています。こうした独自の商品も多いため、いろいろな投資方法に興味があるという方にもマネックス証券はおすすめできます。

スマホツールの特徴

スマホツール
マネックス証券ではスマホ版の「マネックストレーダー」が用意されています。スマホ版ではスマホという端末ならではの操作のしやすさを追求した作りになっており、例えば株価はいちいち更新ボタンを押すことなく自動更新されます。

また、チャート画面などからスライドするとすぐに注文画面に推移できるなど、とにかく直感的にスピーディに操作できる導線を意識して作られています。

各種テクニカル指標についてもスマホ版だからという妥協は一切なく、PC版と変わらない情報量で取引することができます。また、先物取引も利用される方におすすめなポイントとして、「マネックストレーダー先物 スマートフォン」という先物専用のアプリも用意されています。

先物取引などはスマホで利用できない証券会社も多いため、これはマネックス証券ならではのメリットと言えます。

その他特徴

マネックスポイント
マネックス証券を利用するメリットして他にあげられるのは、マネックスポイントを活用することができる点です。

ポイントが有名なところは楽天証券などが挙げられますが、マネックス証券でも独自のポイント制度を導入しています。

マネックスポイントは取引手数料に応じて付与されるポイントで、なんと1日定額コースなら片道分、取引手数料毎のコースであれば、月間の売買手数料の半額分と、毎月の手数料の約半分が還元されます。

たまったポイントが交換できる対象が非常に豊富で、JALやANAのマイル、SUICAのポイント、T-POINTやWAONポイントなど、普段よく利用されるようなサービスのポイントに交換できるため、非常にお得です。

また、このポイントは投資信託であれば手数料の1.5%を貰うことができ、保有しているだけで一定額のポイントが毎月付与されますので、投資信託をメインに取引していて「頻繁には売買しない!」という方でも、しっかりとポイントを貯めることができるのも特徴です。

まとめと評価

以上がマネックス証券で株取引するなら口座開設前に評価と特徴をチェック!でした。おさらいをすると

  • インターネット以外でも様々なアクセスで取引できるのでどこにいても安心取引が高評価
  • 安い手数料が短期トレーダー向け
  • 株式取引以外の金融商品もチャレンジ可能
  • プロレベルの充実したツール多数

など。総合口座として魅力たっぷりのマネックス証券で株式取引を始めてみましょう。