マネックスFXプレミアムの評価と特徴を口座開設前にチェック!

2019年2月2日

マネックス証券はFXPLUSとこのマネックスFXプレミアムの二つの為替取引が存在します。主に力を入れているのが、このマネックスFXプレミアムでここではその評価と特徴を紹介していきますので、参考にしてみてください。

トレードを上達するための入門編の注文方法からテクニカル分析などのFX基礎紹介や、デモトレード口座などFX初心者向けの内容がたくさん詰まっていますので、是非とも学んでFXデビューしてみましょう。

マネックスFXプレミアムの基本情報

マネックスFX

通貨の種類 取引単位 ドル円スプレッド キャッシュバック
 13  1,000 0.5銭 あり
デモトレード 自動売買ツール バイナリーオプション 総合評価
 あり なし なし  ☆☆☆

その他の情報は

  • マネックスグループの一つなので、経営基盤が安定しています。
  • 高いスワップで金利目的の人にはおすすめのFX会社
  • 初心者向けの基本ポイントを紹介

プレミアムな価値を提供するマネックスFXプレミアムは、他と変わったスプレッド方式で取引が増えるほど縮小するといった変わったシステムを導入しています。

リスク管理を重視

マネックスFXプレミアムはスプレッドや各種取引ツールなど、取引環境が国内他社に比べても標準的な水準のものが取り揃ったFXブローカーです。しかし、リスク管理を手軽に徹底したいとお考えの場合には、選択肢の一つとしてこちらを取り入れておくべきかと思います。

レバレッジをかけて為替差益を狙うFXにおいては、レバレッジコントロールとリスク管理の2つがとても重要です。

近年においては行政がギャンブル的な取引に規制をかけるためにレバレッジも制限されておりますので前者はさほど問題ではないかもしれませんが、明らかに問題のあるリスク管理については完全に自己責任として取り扱われております。

FXトレードにて大きな損失を計上する原因のほとんどは、リスク管理ができないためです。

マネックスFXプレミアムでは、保有ポジションすべてにおいての目標利益・撤退損失を簡単に設定できますので、保有ポジション全体の損益が目標到達ラインに達すればすべて自動的に決済できるシステムが利用できます。

つまり、予想していなかった大きな損失を被ることなく安心してトレードができます。

複数の通貨ペアを取り扱う場合、まだFXに不慣れな場合、外出先からのトレードをすることが多い場合には、とてもおススメな機能です。感情に負けて損切りラインを設定しなかったり、忙しくて怠ってしまったりということがなくなります。

13種の通貨ペア

スプレッド

マネックスFXプレミアムでは13種類の通貨ペアにおいて、標準的なスプレッドにて取引することができるほか、取引数量によってスプレッドの縮小サービスなども提供されておりますが、縮小されても国内FX他社に比べて優位性が感じられるほどではなく、標準的な範囲内でちょっとだけ取引手数料が安くなるといったイメージです。

13種類の通貨ペア数については物足りなく感じる方もおられるかもしれませんが、一般的にいえば個人トレーダーにとって十分なラインナップとなっております。

特に為替差益を狙っていく場合には、参考とするチャートが頼りにできるかどうかが大切であり、あなたが目にするチャートの信頼性とは取引量が多ければ多いほど頼りになるものとなりますので、メジャーな通貨ペアであればこれらはすべてカバーされます。

プロ仕様のツール

スマホチャート

マネックスFXプレミアムが頒布しているスマホアプリは操作性を追求するためにシンプルなものとなっている一方、トレードに必要な機能はしっかりと網羅したプロ仕様のツールとなっております。

スマホからでも表示チャートに発注機能が備わっておりますので直感的なトレードも可能であり、発注についても手軽にトレール注文もおこなうことができます。スマホ取引は国内どの業者も重視しておりますので、どこの会社が特別に優れているといった傾向もございません。

どの業者もパソコントレードと同じ内容をスマホにてできるように開発したものを頒布しておりますので、口座開設先選定においてスマホツールの差異をそこまで問う必要もないことでしょう。

高機能チャート

スマホチャート
2016年10月にリリースされたMonex FX Speedはインストールすることなくブラウザでサクサクと動く高機能チャートです。

同社の充実したマーケット情報と照らし合わせながら、プロ仕様の精度が高いテクニカル分析ツールを21種類使うことができますので、初心者の方から経験者の方までどなたでも快適にご利用いただけることかと思います。

FXトレードにおいて書籍などでもポジションの持ち方を振り返ることの重要性が記載されておりますが、24時間動き続ける相場を追いかけていると、外出先からのトレードなどを一つ一つ記載していくのは困難なものです。

そこで最近のチャートは取引分析機能が備え付けられたものが次々とリリースされておりますが、マネックスFXプレミアムも遅れを取ることなくこれらの機能が付帯されております。

リスクコントロールの徹底

レバレッジの高低によって生じる違いは1pipあたりの損益に他なりません。口座に入金した残高はもちろん変わらないわけです。

よくネット上でも目にする“低レバレッジだから安心”という文言は、実際のトレード現場では通用いにくい考え方です。

安心だからと放置しておけば、損切りしておくべき段階で切ることができないまま、膨らむ含み損を眺め続けていれば精神的にも宜しくないうえに、資金拘束されることで取れるはずの相場にも手を出しづらくなった結果、機会損失にもつながりかねません。

たった1度の判断ミスで数多くの退場者が生まれてしまうFXにおいて、レバレッジコントロール以上にリスク管理は徹底すべきものです。

しかしながら、損切りラインをそれぞれのポジションに設定することは、それなりの知識と経験を伴う作業であるだけに、なかなか思うように出来るものではありません。

この点、マネックスFXプレミアムであれば、“あなたがトレードにおいていくらまでリスクを負うのか”を金額的に明確にした設定が簡単にできますので、どなたでも実践的なリスク管理が可能となっております。

評価とまとめ

  • 過去にシステムトラブルがあった人はシステムが強固なマネックスFXプレミアムで
  • FX取引にマイナー会社は嫌だという人は、規模が大きいマネックスなら安心です。
  • チャートから直接発注したい人向けの機能あり
  • 1,000通貨から始めたい人向け


など。信頼と実績を重視する人には、マネックスグループのマネックスFXプレミアムを利用してみてはいかがでしょうか。まずはデモ口座で使い勝手を見てみましょう。

スポンサーリンク