FXで稼げる金額はどのくらいなのか調べてみた

2019年2月2日

ちまたでよく耳にするFXは、一体どのくらいお金が稼げるのか気になるところです。必要な資金はどのくらいなのか、どれぐらいのリスクがあるのかも知っておくことです。

投資と呼ばれるものは、基本資金さえあればどのくらいでも稼ぐことは可能ですが、当然逆にその分お金を失うリスクが存在します。

そこを理解して、まだ投資を始めたことがない人は、あくまで余剰資金でチャレンジしてみましょう。

FXは証拠金で資金を動かす

豚の貯金箱
FX会社の各社ホームページを見てみると取引枚数という項目があります。例を挙げると

  • 1枚
  • 1,000枚
  • 10,000枚

というのが一般的です。といっても1枚から扱えるFX会社は少ないので、メジャーなのが1,000通貨か10,000通貨だという認識でよいと思います。

1,000通貨の場合必要な証拠金は、通貨によりますが約4,000円前後資金が必要ということです。

となると10,000通貨は約40,000円になります。これも値が変われば動くので、わかりやすく言うと、ドル円が100円の時と150円の時では、証拠金も1.5倍違うということです。

となると仮にドル円が100円で10,000通貨取引の際に証拠金が40,000円だったら150円になったときは証拠金が60,000円いるということです。

そして1円値が動いたら10,000通貨の場合1万円の損得になるのです。100円で10,000通貨を買って101円になったら1万円のプラス。99円になったら1万円のマイナスということになります。

自己資金で稼げる金額がわかる

ということは、1万通貨の取引でドル円が100円なら約40,000円必要ですから、一日に10万円ぐらい稼ぎたいトレードをするには、枚数が10枚以上は必要となってきます。

10枚だと約400,000円以上ということです。もちろんドル円が110円だったらもっと証拠金は必要です。

DMMFXなら証拠金シュミレーションという機能があるので、自己資金で詳細な内容が見たい人はチェックしてみてください。

ただしドル円が毎日1円動くというわけではありません。値動きが小さい日は10銭~30銭、値動きが大きいときは1円~2円動く日もあります。

2円以上動く日は年に数回あるかないかなので、比較的トレードしやすいのがドル円の特徴でもあります。もう少し詳しく知りたい人は下記を読んでみてください。

となると自己資金で簡単に稼げる金額を書いてみると、ドル円が100円で1日に1円動いたと仮定します。トレードがうまく行った際は、稼ぎで失敗した場合は損失となります。

  1. 自己資金が50万あれば、10万通貨の取引ができて一日10万円の稼ぎか、損失となります。
  2. 自己資金が100万あれば、20万通貨の取引ができて一日20万円の稼ぎか、損失となります。
  3. 自己資金が500万あれば、100万通貨の取引ができて一日100万円の稼ぎか、損失となります。
  4. 自己資金が1,000万あれば、200万通貨の取引ができて一日200万円の稼ぎか、損失となります。

ということが分かってきます。これだけ投資というものは恐ろしい数字がはじき出されるのです。

逆に言えば儲かるときは、サラリーマンの年収など簡単に稼げますし、損するときも同様のことが言えるのです。要するにお金があればあるだけ稼げますし、逆にそれだけ損もするのです。

なので、投資というものはあくまで余剰資金で、無理のないトレードをすることが大切と言えます。

初心者が最初にするトレード

稼げる金額がわかったら、いざFXを始めたいと思うと思います。その際に初心者が始めることは

  1. 枚数の少ない通貨から取引を始める
  2. デモトレードから始める
  3. 値動きが小さい通貨から始める

と言ったところです。口座を開設するには、時間がかかるので待っている間にデモトレードで取引を体験してみましょう。値動きが小さい通貨は、クロス円なら豪ドル円かカナダドル円などがおすすめです。

下記はデモトレードが出来て枚数が少なめのFX会社です。

下記はデモトレードが出来て10,000通貨以上しか取引できないFX会社です。

まとめ

以上が、FXで稼げる金額はどのくらいなのか調べてみたでした。おさらいをすると

  1. 自己資金が10万円あれば一日1万円前後の損得となるトレードができる
  2. お金があればあるだけ大きな金額での取引ができる
  3. やりかたや仕組みがわかるまでは、小さな金額かデモトレードを行う

など。後はいわくつきの通貨などはなるべく手を出さないようにすることです。どういうものかは下記記事で読んでみてください。