誰でも簡単に稼げるFX会社はあるのか

2019年2月2日

ネット検索するとFX比較とかFXランキングとか色々見かけるけど、FX取引は実際に稼げるのか、もしくは稼げるFX会社はあるのかという素朴な疑問が浮かぶと思います。

ここでは、本当に稼げるFX会社があるのか、データをもとに紹介していきますので参考にしてみてください。

稼ぐ基準

お金
稼げるFX会社の基準というよりは、稼ぐのはあくまで自分自身であって、FX会社に求める要点を挙げるとしたらここが注目ポイントとなります。

  1. スプレッドが狭い
  2. ポイントバックがある
  3. 自動売買システムがある

など、ではこれらはどのようなものか下記で紹介していきます。

スプレッドが狭い

スプレッドとは、簡単に言うと手数料のことを指します。例えばドル円を1万通貨買いポジションをとった際にスプレッドが0.3銭なら300円手数料が発生します。

0.5銭なら500円ですね。要するにスプレッドが狭い会社を選べば、手数料分稼げるということになります。

ただし短期トレーダーならスプレッドが狭いほうがよいですが、1週間1か月とポジションを決済しない中長期トレーダーには、そこまで気にしなくてよいでしょう。

下記で紹介する自動売買プログラムを利用した短期トレーダーや、その日に決済するデイトレーダーが、こういったスプレッドが狭いFX会社を選ぶほうが、手数料分稼げるということになります。

ちなみにスプレッドが狭い会社は下記になります。

ポイントバック

ポイントバックとは、取引した際につくポイントのことで、わかりやすくいうとネットショッピングで100円買い物をしたら1ポイントつく仕組みと似たニュアンスです。

FX会社で例を挙げると1万通貨取引で、新規取引1Lot毎で決済時には付きません。要するに1万通貨で1円分のポイントが付くということですね。

ちなみにポイントバックがあるFX会社は下記になります。

ポイントバックではなく、取引の数量でキャッシュバックをしているFX会社もあります。これはこれで大きいので、ポイント感覚と同じようなものですね。

自動売買システム

自動売買とは、まさに自動で売り買いしてくれるシステムです。各社様々な自動売買システムを導入しており、中でも一番使われているのは「iサイクル」です。

これだけのFX会社が採用しているわけですから、使いやすい人気がある自動売買システムと言えるでしょう。

ちなみに自動売買システムがあるFX会社は下記になります。もちろんその他FX会社もありますが、代表的なところを紹介しています。

じゃあ自動売買なら必ず稼げるのか?と言えば当然そうでもなく、ある雑誌社で自動売買システムを10種類利用して使ってみたら、毎回違う結果が出たそうです。

ということはやはり、売買のタイミングであったり、設定の問題、レンジ相場など様々な要因が考えられます。そもそも必勝の自動売買ツールがあるなら、このネット社会で大きく話題となって取り上げられていると思います。

まとめ

以上が「稼げるFX会社はあるのか」でした。実際問題稼げるFX会社というのはないと言えるでしょう。

あくまで取引は自分で行うものであり、自動売買も波があるので、稼げるかどうかはタイミングと設定次第と言えるでしょう。

となると後は、上記で挙げたスプレッドが狭いFX会社や、ポイントバックしてくれるFX会社、キャッシュバックが多いところを選ぶのが、堅実であり確実性が高いと言えるでしょう。

スポンサーリンク