is6comのスプレッド&スワップと取引時間から全取扱銘柄一覧

ブログの閲覧数今日の読者数 62
昨日の読者数 475
総閲覧数 354210

is6com(アイエスシックスコム)は現在FX銘柄でしか取引出来ない海外FX業者です。

そのFXの取引時間は日本時間で

  • 冬時間 月曜7:05〜土曜6:50
  • 夏時間 月曜6:05〜土曜5:50

となっています。

メンテナンス時間は

  • 冬時間 6:55〜7:10
  • 夏時間 5:55〜6:10

となりこの時間帯は新規注文やポジションの決済などは出来ません。

後はis6comのスプレッドやスワップを、MT4から引っ張ってきた画像と共に紹介していきたいと思います。

また早朝時間や週末のマーケットクローズ時にはどれくらいスプレッドが拡大するかを知りたい人のために、広がり具合も調査してみたので参考にしてください。

「目次」はパソコン版ではサイドバー右下に、スマホ版では少し上に戻ると下段に「目次」が出るので効率的です。

スポンサーリンク

is6comのスプレッド

is6comのスプレッド

*現在プロ口座は停止中となっています。

ここはどの口座も取引手数料は無料なので、下記がis6comでかかる実質コストということになります。

少女1
ミミコ
変動スプレッドなので調査時のスプレッドは多少誤差があります。

下記は私がMT4から表示させて調べたスプレッドと、is6comの公式サイトで紹介されている各銘柄のスプレッドの平均値を比較したものです。

is6com クロス円のスプレッド
クロス円 ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 NZドル円 カナダドル円 スイスフラン円
マイクロ口座平均値 2.0pips 2.9pips 3.9pips 3.7pips 3.9pips 3.8pips 3.6pips
私が調査した時の値 2.0pips 2.9pips 3.9pips 3.7pips 3.9pips 3.8pips 3.6pips
スタンダード口座平均値 1.6pips 2.3pips 3.1pips 2.9pips 3.1pips 3.0pips 2.9pips
私が調査した時の値 1.6pips 2.3pips 3.1pips 2.9pips 3.1pips 3.0pips 2.9pips
プロ口座 0.8pips 1.1pips 1.5pips 1.4pips 1.6pips 1.4pips 1.5pips

と見ての通り公式サイト発表の平均値と、私が調べたスプレッドは全く一緒という結果に終わりました。

侍
ドル蔵
ここはほぼ固定スプレッド採用と聞いたことがあったけど、これで立証されたかな
is6com ドルストレートのスプレッド
ドルストレート他 EUR/USD GBP/USD AUD/USD NZD/USD USD/CAD USD/CHF
マイクロ口座 1.9pips 3.1pips 2.5pips 3.4pips 2.7pips 2.9pips
スタンダード口座 1.5pips 2.4pips 2.0pips 2.7pips 2.1pips 2.3pips
少女2
カワコ
どちらの口座も決して狭いスプレッドではないよね。
侍
ドル蔵
ボーナス狙いの口座というのは、基本スプレッドが広いからね。マイクロ口座を選ぶ余地は全くないね。

次はユーロクロスやポンドクロスなど

is6com クロス銘柄のスプレッド
ユーロクロス EUR/GBP EUR/AUD EUR/NZD EUR/CAD EUR/CHF AUD/NZD
マイクロ口座 2.5pips 4.3pips 6.8pips 4.6pips 3.2pips 4.3pips
スタンダード口座 2.0pips 3.4pips 5.5pips 3.7pips 2.5pips 3.4pips
ポンドクロス GBP/NZD GBP/AUD GBP/CAD GBP/CHF AUD/CHF AUD/CAD
マイクロ口座 9.2pips 6.1pips 6.4pips 5.1pips 4.4pips 4.7pips
スタンダード口座 7.6pips 4.8pips 5.1pips 4.4pips 3.5pips 3.8pips

このあたりはボーナスで証拠金を増やして一撃に賭ける銘柄として定評がある銘柄ですが、総じてスプレッドは広すぎる傾向が見受けられます。

全体的にスプレッドが広いので、取引回数は抑えてトレードしないとコストばかり高くなって利益を伸ばすのは難しそうです。


パソコン版のMT4からスクリーンショットで調べたis6comのマイクロ口座33銘柄のスプレッド一覧

マイクロ口座33銘柄のスプレッド一覧

スタンダード口座の33銘柄

スタンダード口座の33銘柄

その他の海外FX業者とスプレッドは、下記で各口座ごとで比較することが出来ます。

高金利通貨のスワップとスプレッド

高金利通貨と言えば、スプレッドは広いのがどの海外FX会社でもあてはまります。

is6comの代表的な高金利通貨のスプレッドとスワップを比べてみました。(2020/5/25の調査時)

少女1
ミミコ
スワップは日々変動するので、参考値としてご活用ください。

「ZAR/JPY以下の通貨」は売りも買いもマイナスですが、参考情報として掲載しています。

高金利通貨のスワップとスプレッド
銘柄 買いのスワップポイント 売り マイクロ口座スプレッド スタンダード口座
EUR/ZAR -411.08 186.47 190.0pips 185.0pips
USD/ZAR -144.18 33.11 85.0pips 80.0pips
USD/MXN -229.58 54.29 60.0pips 55.0pips
USD/TRY -110.16 49.06 20.4pips 18.9pips
ZAR/JPY -0.79 -2.25 3.3pips 2.8pips
USD/CNH -6.65 -1.65 25.5pips 21.0pips
USD/HKD -3.8 -5.77 18.5pips 15.0pips
USD/SGD -9.92 -5.66 5.6pips 4.5pips

1日辺りのスワップポイントの計算方法は下記の通りとなります。

(0.00001÷為替レート)×取引枚数(通貨)×スワップポイント×対象円のレート=スワップ金利

御覧の通り「EUR/ZAR」だけスワップポイントがずば抜けていますが、スプレッドの広さもずば抜けています!

「EUR/ZAR」(19.16845のレート時)のスワップポイントを日本円で換算してみると

(0.00001÷19.16845)×100,000通貨×186.47×117.713(ユーロ円のレート)=約1,145円

と10lot保持すると1か月で約34万円のスワップを得ることが出来るのですから、かなりおいしい銘柄と言えます。

ただしis6comは両建て取引も可能ですが、マイナススワップが大きいので「サヤ取り狙いでの両建て取引」は意味が無いということになります。

少女1
ミミコ
ここのトリプルスワップデーは金曜日だよ

そのほかでスワップポイントがもらえる銘柄は下記になりますが、狙うほどのスワップポイントはありません。

その他でスワップがもらえる銘柄
スワップポイントは2020/5/25の調査時 買いのスワップポイント 売りのスワップポイント
EUR/NZD -20.62 7.35
GBP/NZD -21.97 5.98
EUR/AUD -15.35 4.05
NZD/JPY 3.12 -10.1
GBP/AUD -16.98 2.48
AUD/CHF 2.12 -9.55
AUD/JPY 1.77 -8.59
EUR/USD -4.2 1.28
NZD/USD 1.2 -6.44
AUD/CAD 1.12 -7.67
USD/CHF 0.82 -7.33
USD/JPY 0.53 -3.46
GBP/CHF -8.91 0.35
AUD/USD 0.22 -5.73

全体的に見るとFX銘柄は33種類しかないので、意外にちょこちょことスワップがもらえる銘柄が揃っています。

最近はこういった動きがそれなりにある銘柄でも、「売り買い両方マイナススワップ」になりつつあります。

なのでis6comは、まともにスワップを提供している海外FX業者であることがわかります。

少女1
ミミコ
ドル円の高金利時代は終焉を迎えたしね!

MT4でスワップを確認する方法は下記で紹介しています。

早朝時や週末時の変動幅

is6comの早朝時のスプレッド28銘柄の広がり具合をマイクロ口座で調べてみました。

都度広がり具合は変わるので、目安として参考にしてください。


週末時のマーケットクローズ時のマイクロ口座のスプレッド

週末時のマーケットクローズ時のマイクロ口座のスプレッド

スタンダード口座の場合

週末時のマーケットクローズ時のマイクロ口座のスプレッド

早朝時のマイクロ口座のスプレッド

早朝時のマイクロ口座のスプレッド26銘柄

スタンダード口座26銘柄の場合

早朝時のスタンダード口座のスプレッド26銘柄

これらを表でまとめて主要銘柄だけ比較してみると

通常時と早朝時、週末時の比較
口座名 マイクロ口座 スタンダード口座
通貨 通常時 早朝時 週末時 通常時 早朝時 週末時
USD/JPY 1.6pips 8.0pips 8.8pips 1.6pips 1.6pips 8.8pips
EUR/JPY 2.3pips 11.5pips 15.4pips 2.3pips 4.3pips 15.4pips
GBP/JPY 3.1pips 14.4pips 44.0pips 3.1pips 7.5pips 44.0pips
AUD/JPY 2.9pips 7.2pips 9.6pips 2.9pips 2.9pips 9.6pips
EUR/USD 1.5pips 2.8pips 8.3pips 1.5pips 1.6pips 8.3pips
GBP/USD 2.4pips 23.8pips 9.6pips 2.4pips 6.9pips 9.6pips
AUD/USD 2.0pips 4.2pips 4.5pips 2.0pips 2.0pips 4.5pips

何故か週末時のマーケットクローズ時は「マイクロ口座」と「スタンダード口座」のスプレッドが等しくなるという珍現象が発生しました。

それ以外で見ると全体的にかなりスプレッドが拡大している状況で、特にポンドクロスは悲惨な状況となっています。

侍
ドル蔵
これではレバレッジ1,000倍を利かせて、週末の持ち越しや翌日の持ち越しは危険と言えますね。

特に少額資金のトレーダーは、資金ぎりぎりまで利用してハイレバレッジ取引で一発に賭けていますから注意が必要と言えます。

固定か変動かの調査

今度はis6comのスプレッドの変動具合が、ほぼ固定スプレッドであると思ったので、ちょっと調べてみることにしました。

人気銘柄6種類のスプレッドの広がり具合を、1分間で3回のスクリーンショットを貼り付けて調査してみました。

1回目の調査6銘柄の値

1回目の調査6銘柄の値

2回目

2回目の調査6銘柄の値

3回目

3回目の調査6銘柄の値

これらを表でまとめて比べると

銘柄 1回目 2回目 3回目
米ドル円 1.6pips 1.6pips 1.6pips
ユーロ円 2.3pips 2.3pips 2.3pips
ポンド円 3.1pips 3.1pips 3.1pips
ポンド/米ドル 2.4pips 2.4pips 2.4pips
ユーロ/米ドル 1.5pips 1.5pips 1.5pips
豪ドル/米ドル 2.0pips 2.0pips 2.0pips

見ての通り3回連続同じスプレッドであるので、ほぼ固定スプレッドを採用していることがわかります。

これはDD方式採用の海外FX会社ではよくあるパターンなので、あまり動かないスプレッドであれば日本のFX会社と同じDD方式であることが見えてきます。

侍
ドル蔵
これならスプレッドが狭いプロ口座の復活が待ち遠しいというところだね。

変動スプレッドによるスリッページが嫌な人は、こういったほぼ固定スプレッドを採用している海外FX会社を利用するといいでしょう。

クリスマス&年末年始

2019年のクリスマス&年末年始の取引時間を紹介しておきますので、2020年度の目安として利用してください。

  1. クリスマスは12月25日 1:55まで取引可能
  2. 翌日の12月26日は16:05から取引スタート
  3. 年末は1月1日 1:55まで取引可能
  4. 1月2日 16:05より取引が出来るようになりました。

2019年の傾向を見てみると12月24日は取引できますが、流動性の低さを考えるとスプレッドは広がっていてあまり取引には向いていない状態でした。

侍
ドル蔵
年始も同様にスプレッドは拡大傾向だったので、このあたりの日程でのFX取引は避けるべきだと思います。

12月25日の2:00~26日の16:05までは窓開けが発生しますので、ゼロカットシステムを搭載しているので、ポジションが逆にいって口座残高がマイナスになっても追証はありません。

とはいえこの辺りの日程では、ハイレバレッジ取引には向いていないと言えるでしょう。

まとめ

以上がis6comのスプレッド&スワップと取引時間から全取扱銘柄一覧でした。

おさらいをしておくと

  1. スプレッドは割高レベル
  2. あまり動かないほぼ固定スプレッドを採用
  3. 週末のポンドクロスの持ち越しには特に注意
  4. スワップはEUR/ZARだけ魅力的だがスプレッドが広すぎる

など。コストパフォーマンスには全く期待できない結果に終わったので、ボーナスを利用して一撃に賭けたトレードがメインとなる業者には違いありません。

低コスト取引を考えている人は、スプレッドが狭いプロ口座の復活を待つのが正解と言えます。

後ここは出金遅延が多いので、下記でその傾向と対策をしっかり学んでおいてください。

スポンサーリンク

注目記事