is6comのスキャルピング&両建ての特徴やその他取引の禁止事項

ブログの閲覧数今日の読者数 43
昨日の読者数 527
総閲覧数 352788

is6com(アイエスシックスコム)でスキャルピングや両建て取引を考えている人は、基本的にはこれらの取引は可能ですがいくつか制限が存在します。

ここではその制限などの特徴から、その他の取引の禁止事項などを詳しく調べてみましたので、参考にしてみてください。

「目次」はパソコン版ではサイドバー右下に、スマホ版では少し上に戻ると下段に「目次」が出るので効率的です。

スポンサーリンク

スキャルピングの特徴

is6comの注文の特徴
is6comはスキャルピング取引は自動売買でも通常取引でも可能なのですが、サポートに確認すると以下の制限が存在しました。

少女1
ミミコ
当社はスキャルピングなどの制限は特に設けておりません。
少女1
ミミコ
しかしながら短期トレードにより但し、お客様からのお口座から発生するメッセージが膨大な量となり、当社サーバーの執行能力に支障があると認められます場合には、一旦取引停止となる場合がございます。
少女1
ミミコ
また連続したお取引を継続された結果、カバー先にて予告無く取引停止となり、該当取引分につきましてdeal cancelとなったケースもございますことご了承下さい。

とスキャルピング取引は可能でも、回数が多かったり連続取引を重ねた場合は、取引停止や注文が約定しないケースがあるということです。

となると積極的にスキャルピング取引をする業者でないことがわかります。

また出金遅延も恒例の海外FX業者のため、ここを利用するのであればそれなりに情報収集をしておくといいでしょう。

参考記事

また取引ツールはMT4しかないので、自動売買スキャルピングをMT5で利用していた人にはMT4で再設定しないといけない手間が発生します。

スキャルピング向け口座

以前はスキャルピング向けの口座でPRO口座というコストパフォーマンスが高い口座が存在したのですが、現在はマイクロ口座とスタンダード口座の二つだけという内容です。

少女1
ミミコ
注文方式がDD方式を採用しているので、取引手数料は無料でスプレッドもほぼ固定で提供されていますが、やや広いと言う仕様です。

DD方式は日本のFX会社でも採用している注文方式ですが、スキャルピング自体はサーバーに負荷がかかるという理由で禁止されているFX会社も多いのが現状です。

そしてis6comのプロ口座は申し込みが多かったので、現在利用禁止となり取引が出来なくなっている点でもサーバー自体は弱い海外FX会社と言えます。

侍
ドル蔵
となると現時点ではスキャルピング取引に向いている口座は、無いと考えるほうがいいのかもしれません。

それでもボーナスが豊富なので、ボーナスを活かした少額取引を考えているのであれば下記で二つの口座のコスパを紹介しているので、チェックしてみてください。

ちなみにボーナスを活かしたスキャルピング取引と言うものは、単純に取引枚数を増やすことが出来ると言う点です。

少女2
カワコ
資金10万円だと2lotしか保持出来ない場合に、ボーナスを10万円分もらう事で20万円の証拠金で倍の4lotのトレードが出来るということです。

ポジションは短期保持、短期決済が基本のスキャルピングトレーダーですから、1回の取引枚数を増やしたい人が利用するといいでしょう。

ストップレベル

スキャルピングトレーダーにとって、以外に邪魔な項目の一つと言えるのがストップレベルです。

侍
ドル蔵
これは注文してポジションを保持した際に、指値や逆指値の設定を行う最低ラインを指しています。

例えばドル円を105.00銭で買いを保持した場合、ストップレベルが20であれば最低2pips離れた値でないと、指値や逆指値などの注文が出来ないと思っておくといいでしょう。

スタンダード口座の主要銘柄のストップレベルを、下記表でコストとともにまとめています。

is6COM
銘柄名 ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円
コスト 1.6pips 2.3pips 3.1pips 2.9pips
ストップレベル 2.0pips 2.7pips 5.4pips 5.0pips
銘柄名 EUR/USD GBP/USD AUD/USD カナダドル円
コスト 1.5pips 2.4pips 2.0pips 3.0pips
ストップレベル 2.0pips 2.6pips 2.5pips 5.0pips

上記表を見るとポンド円や豪ドル円のストップレベルがやや広めと言った内容ですね。

例えばポンド円を145.00銭で買いを入れた場合、上記ストップレベルは5.4pipsなので指値や逆指値は145.054銭か144.946銭しか設定出来ないということです。

そこまで気にならないレベルと言えばレベルなので、取引予定の銘柄でスキャルピングを考えている人であれば5~6pipsぐらいが目途としておくといいでしょう。

両建ての特徴

is6comでは両建て取引は可能ですが、以下のポイントだけは知っておくといいでしょう。

同一口座内での両建て取引は原則として問題なし

同一口座だけの両建て取引が可能ということは、以下の両建て取引は禁止ということになります。

  1. マイクロ口座でドル円を買い、スタンダード口座でドル円を売り
  2. スタンダード口座でユーロ円を売り、他社の口座でユーロ円を買い

要するにマイクロ口座でポンド円の買いと売りのポジションを保持することは許可されていますが、上記のパターンに該当する場合は禁止ということですね。

is6comではボーナスだけで取引は可能なので、ボーナスだけの両建て取引は可能です。

侍
ドル蔵
しかしロスカットレベルが50%のため、口座残高の証拠金が50%を下回った場合に、ロスカットの強制決済が作動します。

ということはスプレッドが広い高金利通貨などをボーナスだけで両建て取引を行うと、スプレッドだけでロスカットされる場合もあるので注意が必要です。

一応スワップを狙った両建て取引も可能ですが、マイナススワップが大きいため両建て取引でスワップを狙う手法は、通用しないと考えておくといいでしょう。

少年
トレ太
また自動売買(EA)を異なる口座(マイクロ口座とスタンダード口座)で利用した場合、自動注文なので勝手に両建て取引が成立する場合もあります。

こういった自分自身の意思が無い両建て取引も禁止されているので、EAトレーダーの利用は慎重に行うといいでしょう。

取引禁止事項

一応上記で紹介した内容以外に何か取引で禁止事項がないのか、下記6項目をサポートに確認してみました。

  1. ゼロカット方式を多用する取引
  2. 窓開けを狙ってマーケットクローズ直前に多くの取引量を発注する手法
  3. 取引インフラの弱点を利用し利益をあげる取引方法
  4. 裁定取引・アービトラージ取引
  5. 接続遅延・レートエラーを利用した取引
  6. 他業者間のレート表示差を利用した取引

すると返ってきた返答は

少女1
ミミコ
都度取引について何かございましたら、当社及びカバー先よりご案内をする場合が御座います。
少女1
ミミコ
それ以外の場合に関してはお客様の手法による取引を行って頂いて特に問題御座いません。

と上記の取引に関して禁止はしていないが、案内を送る場合があるということです。

一応OKだが場合によっては何かしら連絡があるみたいなので、他とは変わったトレードを考えている人は直接サポートに聞いて見るといいでしょう。

またガイドラインを読んでみると以下の取引が禁止となっています。(数が多いので一部抜粋)

  1. 18歳未満の取引
  2. 複数名で一口座の取引、名義人以外の取引
  3. 違法または疑わしいトレード
  4. 不当なトレード報酬を得るトレード・当社判断での不適切トレード
  5. 第3者同士が同じタイミングで入出金やトレードをすること
  6. 提供サービスやシステムの盲点を狙った悪質とみなすトレード
  7. 経済指標や窓開けばかりを狙ったトレード
  8. 事前連絡なしの大きなロット数でのトレード
  9. ボーナスを悪用した両建て取引と弊社が判断した場合
  10. レイテンシートレーディング(非常に短い時間帯で決済が繰り返される取引)は禁止

これらをチェックすると、私がサポートに確認した取引方法は全て禁止事項にあたります。

大きなロット数とは10lotが目安となるので、100万通貨以上の取引を考えている人はここis6comでの取引は不向きと言えます。

また最近では1口座につき最大30ポジションまでの保有がという規制が入ったため、取引数量に関しても禁止事項が加算されたと言う事になります。

まとめ

以上がis6comのスキャルピング&両建ての特徴やその他取引の禁止事項でした。

おさらいをしておくと

  1. あまりスキャルピング取引に向いている口座はない
  2. 両建て取引は同一口座であれば問題なし
  3. 取引禁止事項の具体例は少ないが、場合によっては案内メールが送付される

といった内容です。ここはCFDの取り扱いが無いのでFX専門トレーダーでしか利用は向いていません。

ボーナスを活かしたスキャルピング取引をしたいトレーダーであれば止むを得ませんが、そうでもないトレーダーは下記海外FX会社が制限が無くコストも良いので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

注目記事