ヒロセ通商口座開設前にLIONFXの評価と特徴をチェック!

2019年2月3日

ヒロセ通商は、FXに特化した会社なので、当然力を入れている企業です。通貨ペアも他社と比べると圧倒的に多く50種類と取り揃えています。

当然ホームページには初心者にわかりやすい、FXの始め方から取引まで詳しく解説がされていますから、これからデビューを考えている人は、デモトレードシステムもあるヒロセ通商LIONFXを始めてみましょう。

特徴比較

ヒロセ通商

通貨の種類 取引単位 ドル円スプレッド キャッシュバック
50 1,000 0.3銭 1万~300,000円
デモトレード 自動売買ツール バイナリーオプション 総合評価
あり なし あり ☆☆☆☆☆

FX取引ならヒロセ通商へ

主な特徴は、

  • 月曜朝どこよりも早くレート配信をしている。
  • 50種類の豊富な通貨で好みの通貨を選びやすい
  • 取引に応じてもらえるキャッシュバックが大きい
  • テクニカル分析が一つ一つ丁寧に説明がされている
  • 土日もできる仮想通貨デモトレードが可能

とスプレッドの狭さや、1,000通貨から取引できるだけでなく様々なメリットが存在します。

豊富な発注方法で思うがままのトレードスタイルを実現

ヒロセ通商のLION FXは発注方法だけで23種類を揃えており、あなたが頭の中に思い描くトレードスタイルをそのまま実際の取引へと反映させていくことができます。

なかでも便利なトレール注文は、思った通りの方向へと価格が動いていった場合に当初設定した指値・逆指値も同じ値幅で動いていきますので、損失のリスクを抑えながら利益を伸ばす損小利大の理想的なスタイルを手に入れやすい発注方法です。

このトレール注文はトレンドが明確に現れている相場では大きな利益を期待できる手法であり、手動でひとつひとつ設定を変更していくことでも同様のスタイルは可能なのですが、LION FXではすべて自動で設定が変更されてまいります。

レンジ相場においても、pip差決済注文であったり、利益・損失ともに金額にて設定する金額指定全決済注文など、あなたが参考としている時間足が形成するレンジ幅に沿ったトレードを可能とする便利な発注機能が用意されております。

スプレッドも米ドル/日本円が原則0.3銭~と取引手数料も安値水準にございますので、特に何か悩むことなくヒロセ通商にて口座開設をされる方は多いのではないでしょうか。

約定スピードも業界内において随一のスピードと約定率を売りにしておりますので、小さなpipを狙い続けるスキャルピングをおこなうにあたって納得いくトレード時間を過ごすことができるでしょう。

トップクラスの通貨ペア数

LION FX解説
ほぼ多くのFX業者において15~20通貨ペア程度の取り扱いとなっておりますが、ヒロセ通商のLION FXでは全50種類の通貨ペアを取り扱っており、あらゆる通貨ペアでのトレードが可能です。

トルコリラ、ポーランドズロチ、メキシコペソ、シンガポールドル、ノルウェークローネ、スウェーデンクローナ、ハンガリーフォリントをトレードできる相対業者といえばヒロセ通商くらいだと思います。

どのような通貨ペアを取り扱うにしても、チャートの見方はもちろん同じであり、それによって採るべきトレード戦略もまた同じです。幅広い通貨を取り扱えるようにしておくことで、思わぬ利益獲得のチャンスが訪れるかもしれません。

とにかく利便性を高めた充実のスマホアプリ

LION FXのスマホアプリは、スマホでトレードした経験のある皆さまが「あったらいいな」ときっと感じたことのある機能がほぼ全て取り揃っております。

約定スピードを売りにしている同社ならではのサクサク感はもちろんのこと、スピード取引を実現させるための操作のしやすさも高いアプリです。

いくつかの価格に分けてポジションを持った場合に気になる約定平均価格がチャート内に表示されたり、保有ポジションのすべてをワンタッチで決済する全通貨一括決済注文など、かゆいところに手が届く機能も備えておりますので、外出先でも快適なトレードが可能です。

4種のチャート

テクニカル分析
単純にパソコンからトレードするといっても、パソコンのスペックやネット環境、それらに向き合うあなたの好みなど、人それぞれ求めるチャートのスタイルは異なってくるものです。

ヒロセ通商のチャートは、メタトレーダーのようにインストールするタイプ、ブラウザで展開される従来型、文字が大きく年配の方や初心者の方にもわかりやすいFLASHタイプ、Mac専用タイプの4種のチャートシステムが用意されておりますので、自分の取引環境に合わせた選択が可能です。

最大36種類のテクニカル分析ツールも用意されておりますので、これらを駆使しながら理想のトレード環境を手に入れてみてはいかがでしょうか。
FX取引ならヒロセ通商へ

金融機関も充実

実際にトレードをしていると、そのときの相場状況に応じてトレードのスタイルを変えていかなくてはなりません。

トレンド発生時にはトレンドフォロー型のスタイル、レンジ相場においては逆張りを主体としたスタイルをとっていくことが一般的なのですが、いつもこれらを一つの発注スタイルに統一して行っていると、やはり人間なのですからミスが出てしまうものです。

では、トレードスタイルを発注システムごとに振り分けて考えてみてはどうでしょうか。

トレンド発生時に用いるのはトレール注文による発注、レンジ相場においてはpip差決済注文といった具合に、市況に適した発注システムを活用することとすれば、ポジションの判断から発注まで少なくとも2回のチェックがかかりますので、より慎重かつ正確なトレードが実践できます。

ちょっと不利な方向へと相場が動いてしまった場合のクイック入金もATM利用可能時間であれば即時反映されますので、15時以降や週末にポジションを持ちこしてしまった場合にもATMから入金することで不要なロスカットが適用されることも避けられます。

他のFX業者をご利用の場合、「入金が間に合わなかった・・」ということもありますが、全国の金融機関約380行からのクイック入金に対応しているヒロセ通商であれば、過度な心配に悩まされることもなく、その後の戦略を冷静に熟考していくことができます。

FX取引ならヒロセ通商へ

評価とまとめ

  • サラリーマンでも取引できる土日のデモトレードがおすすめ
  • 50種類の通貨が、予算に応じて選べるので利便性は高い
  • 漫画で学べるFXガイドは、文字嫌いな人にうってつけ。
  • スプレッドの狭さはトップクラス
  • テクニカル分析が学べる数少ないFX会社