東岳証券口座開設前に東岳証券FXの評価と特徴をチェック!

2019年2月3日

3つの省庁に許可登録している点で信頼と安心を強く求める人におすすめのFX会社といえば、ここ東岳証券でMT4も使えるという点からかなりのメリットも感じます。

短期トレーダーより中長期トレーダー向け、もしくは自動売買しか取引しない人などが利用するには適したFX会社だと思います。ここではその東岳証券FXの評価と特徴を紹介していきますので、参考にしてみてください。

東岳証券FXの特徴

東岳証券

通貨の種類 取引単位 ドル円スプレッド キャッシュバック
12 10,000 3pips 20,000円
デモトレード 自動売買ツール バイナリーオプション 総合評価
あり トレンドフォローイフダン なし ☆☆☆

東岳証券

まずは、簡単に箇条書きで紹介します。公式ページにもより詳しい解説があるので欠かさずチェックして学びましょう。

  1. 無料メルマガでFXの勉強が可能
  2. youtubeでMT4の使い方がわかる
  3. 自動売買でまずはチャレンジできる(有料)
  4. 災害にも強いシステムを構築

ここは1万通貨単位のミニと10万通貨単位のレギュラーという口座があります。取引通貨は12種類です。スプレッドは3~7とやや広めなので、中長期トレーダーにはおすすめでしょう。

FXに対して色々教えてくれるカリキュラムが充実しているので、よくわからないから悩んでいる人や、自動売買に興味がある人にはうってつけでしょう。

災害時にサーバーがダウンして痛い目にあった人は、ここなら震災時にも稼働したという実績がありますから、そういった点では安心して取引可能です。

平日24時間取引ができる点が売りのFXですが、ここ東岳証券は少し変わっていて朝8:00からの取引となっています。

通貨ペア

通貨ペア スプレッド(PIPS)
USD/JPY 3
EUR/JPY 3
GBP/JPY 7
AUD/JPY 5
CAD/JPY
CHF/JPY
USD/CHF 3
USD/CAD
EUR/USD 3
GBP/USD 3
AUD/USD
EUR/GBP

東岳証券では全部で12種類の通貨ペアの取引が可能となっており、米ドル/日本円をはじめとしたメジャーな外貨と日本円のペア、ユーロ/米ドルも揃っておりますので、一般的なトレーダーとして取引する分には不自由を感じないことでしょう。

しかし、どうしても気になってしまうのがスプレッドの広さです。スプレッドとはいわば取引手数料と同意なのですが、同社における米ドル/日本円のペアは3銭、ユーロ/米ドルも同様のものとなっており、この数値は国内FX業者においても6~10倍とかなり高い水準となっております。

スプレッドだけで判断すると誰も東岳証券でのトレードを希望しないのではと思ってしまうところですが、それ以上の魅力があるからこそ10年以上もの期間にわたって支持を受けている理由が進化し続ける同社の取引システムにあるかと思われます。

アベレージを揃えた取引環境

トレンドフォローイフダン
新しく口座開設先を探しながら東岳証券のホームページを開くと、他の業者に比べてすごく簡素でサービス内容がいまいちわかりづらく感じるかもしれませんし、知名度もそれほど浸透していないかもしれませんが、同社はFXが脚光を浴び始めた当初よりサービスを提供している国内FXブローカーでも老舗と言われる存在です。

同社が提供する取引ツールは初心者にとっても直感的なトレードをおこなうことができるツールであり、自動売買機能もお好みで追加できる仕組みとなっております。

自動売買プログラムはどれも為替トレーディングに精通した専門家が研究を重ねて開発されたものであり、それら一つ一つの利益ランキングを見ながらあなたの資産運用を任せることができるプログラムをみつけながら組み合わせていくことで、世界に一つだけのあなただけの自動売買取引ツールが手軽に利用できるシステムとなっております。

もちろん従来通りの裁量によるトレードも可能ですが、東岳証券が設定しておりますスプレッドは優位性を感じられるものではございませんので、自動売買ツールの利用料と割り切りながらトレードを進めていったほうが良いと思われます。

しかしながら、裁量トレードではどうしても求めたくなる自動売買の魅力はここでは決して表現しきれるものではございませんし、世界中のトレーダーが求めるものと言っても過言ではございませんので、きっと試す価値があるツールとなっております。

東岳証券

スマホでの取引に着目

東岳証券は上記でご紹介しましたようFXトレードがメジャーなものとなって以降、私たちに充実のサービスを提供しながら成長と安定を得てきたFXブローカーです。

同社は国内業者の中でもいち早くスマホでの取引に着目し、専用ツールの開発に力を注いできております。

一言にスマホといっても、iphoneかアンドロイドかに大別されるものですが、同社はアップル社専用つまりはiphone専用の取引ツールを提供するとともに、アンドロイド専用アプリも頒布いたしておりますので、あなたがどのような携帯端末をお使いであろうとも快適な取引をできる環境をご用意いたしております。

不自由さをトレーダーに感じさせることのないチャート

東岳証券が提供するHorizonAuton、HorizonProは双方とも非常に使いやすく、トレード画面に向き合うトレーダーのストレスを軽減できる出来栄えとなっております。

様々な機能が同時表示できるだけでなく、それらのウインドウを自由自在にサイズ調整できることに加え、ワンクリックするだけで発注画面がポップアップされるなど直感的なトレードが快適におこなうことができます。

テクニカル分析ツールも充実しており、多彩な相場分析が可能となっているほか、マウスをドラッグすることで拡大チャートの閲覧もできますため、あらゆる角度からの相場分析が可能となっております。

メリットとデメリット

トレンドライン
メリットとしては、上記のようにチャートやテクニカルの勉強が可能という点です。まだFXを始めたばかりの人や用語の意味が分からない人などが、ここでしっかり学べるというメリットがあります。

東岳証券にて口座開設をおこなうデメリットとして、取引時間が日本時間午前8時からと遅い時間と、国内FX業者の平均より約1時間遅いものとなっていることが挙げられます。

ポジションを持ちこして早々に処分したいような場合、いわゆる“窓”を狙っていきたい場合にはデメリットとして感じられるかもしれません。

しかし、為替相場における日本時間7:00~8:00の時間帯というものはよほど大きなニュースが土日に流れない限りは値動き自体があまり確認できない時間帯です。

このようなケースも1年に数回あるかないかのものですので、そこまで気にされる必要もないことでしょう。むしろ、明確な根拠もなくポジションを持ったまま週末を迎えること自体がデイトレーダーにとっては御法度です。

東岳証券を選択するか否かについては、スプレッド・取引可能時間と充実して進化し続ける取引ツールを天秤にかけながらのものとなることでしょう。

事前に1カ月あたりどれほどのトレード回数を自分の手法で要するのかを検討しながら、同社のスプレッドを許容できるかどうかを判断されるとよりベターな選択となることでしょう。

東岳証券

評価とまとめ

  • デモトレードはHorizonAutonでスタート可能
  • スプレッドはpips表示
  • 早朝8:00スタートがポイントなので、裁量取引より自動売買派向け
  • 電話での取引は手数料がかかる(1枚片道2,000円)

スポンサーリンク