明らかに買いのエネルギーを溜めている相場と見て良さげ。 月・火どちらか爆上げでしょうかね。 8時間雲抜けポイントまでこの …
続きを読む

見事なジグザグ相場と言えますかね。今日かと思いましたがドル円8時間雲落下。 ドル円週足チャート  要するに+1σを超え無 …
続きを読む

GEMFOREXのスキャルピング&両建ての特徴やその他取引の禁止事項

今日の閲覧数 87
昨日の閲覧数 441
総閲覧数 437333

コスパが良いGEMFOREXで取引を考えている人は、スキャルピングが出来るのか両建て取引は問題ないのか気になるところです。

EA(自動売買)の利用の多さなどを見て見ると、これらを利用したスキャルトレーダーも数多く利用を考えている海外FX業者です。

結論を先に書くとGEMFOREXはDD業者なので、取引制限だらけと言えます。

DD業者と言うのは日本のFX会社でも数多くがそうであるように、スキャルピング取引というのはサーバーに負荷がかかるので、好まれない手法なのです。

そして最大ポジションも30lot(300万通貨)までですから、大口スキャルピングトレーダーには物足りない仕様と言えます。

私自身がここで実際にトレードしているので、おそらく約定などの仕様は一番肌に感じて分かっています。

トレード履歴

見ての通りリアルトレード履歴ですから、下記情報はリアルに参考になると思います。

またその他数十社で実際に取引をしているので、興味があれば取引履歴と出金履歴はTOPページに紹介していますので、読んでみてください。

ちなみに面倒な取引制限を受けたくないのであれば、下記業者が自由度も高くおすすめです。

いずれも低スプレッド業者なので、上記3社でスキャルピングや両建て取引を考慮するといいでしょう。

とりあえずここでは制限が多いGEMFOREXの特徴から、その他の取引における禁止事項などを色々と調べてみました。

スポンサーリンク

スキャルピングの特徴

GEMFOREXの約定の詳細

GEMFOREXの約定力は公式サイトにも記載があるように、0.78秒以内に99.79%の約定を誇ります。

リクオートなどの約定拒否も少なくして隠れマークアップも一切なしとうたう以上、一応スキャルピング向きの業者の一つと言えます。

最近になってようやくMT5が使えるようになりましたが、サーバー負担に不安があるせいか限定1,000口座とここでも制限が見られます。

とりあえずサポートにスキャルピングの可否を確認してみました。

サポートの答え

侍
ドル蔵
オールインワン口座では特に厳しい制限は設けてはおりませんが、ノースプレッド口座につきましては5分以内に往復10ロット以上のご利用予定がある際に事前連絡をお願いしております。
少女2
カワコ
なるほど。往復10lotということは片道5lotだから50万通貨以上のスキャルピング取引には要注意だね。

ただし公式サイトには下記の注意書きが記載されています。

お客様からのお口座から発生するメッセージが膨大な量となり、当社サーバーの執行能力に支障があると担当部門で認められます場合には、一旦取引停止となる場合がございます。

後ここは以前メールで「レイテンシーアービトラージ」(異常に短い時間帯での高速決済)は禁止と送られたことがあります。

レイテンシーアービトラージ禁止メール

また冒頭でも紹介したように最大ポジションは30lotまでなので、ここのレバレッジ1,000倍を活かした多枚数スキャルピング取引を考えているのであれば300万通貨までが限界という仕様です。

侍
ドル蔵
しかもこれは1ポジションだけでなくアカウント全体で30lotと言う設定です。

なのでCFD取引も可能なGEMFOREXですが、以下のポジションも30lotの制限にかかるので知っておいて下さい。

オールインワン口座で25lotのポジションを持った場合、ノースプレッド口座はFX銘柄でもCFD銘柄でも5lot未満までしか取引出来ない

また自動売買(EA)を利用したスキャルピング取引は公式サイトに以下の記述があります。

EAをご利用の場合、EAのロジック(売買戦略)によっては、予告なくカバー先からのEA利用(自動売買)の一時、もしくは継続しての停止措置が執行される場合がございます。特にスキャルピングEAにつきましては、執行となってしまう可能性が高くございますので、ご理解を頂きました上でご利用をいただきますようお願い致します。

なので積極的なスキャルピング取引を行うには、やや不向きな海外FX業者と言えるでしょう。

スキャルピング向き口座

GEMFOREXはコストでいえばノースプレッド口座でスキャルピング取引を行うのがおすすめなのですが、残念ながら残高30万円以上という利用制限が存在します。

となると最初に紹介したオールインワン口座のほうが制限もあまりないので、スキャル向きの口座かもしれませんがコスパはやや広めの設定です。

侍
ドル蔵
ちなみにレバレッジ5,000倍口座は限定300口座までで、空きが無いと利用出来ません。

また入金金額も最大5万円まででコストパフォーマンスも悪いので、スキャルピング向きの口座ではないと言えます。

少女2
カワコ
なので結論を書くと資金が30万円以上用意出来る人は、ノースプレッド口座でスキャルピング取引を行うといいでしょう。

しかし最初に紹介したようにGEMFOREXの注文方式はDD方式を採用しています。

日本のFX会社もDD方式を採用しているのですが、DD方式採用のFX会社は単純にスプレッドは狭く取引手数料が無料という利点が存在します。

少女2
カワコ
また海外特有の変動スプレッドではなく、ほぼほぼ動かない固定スプレッドを採用しています。

DD方式は相対取引での注文を採用しているので、トレーダーとFXブローカーが1対1で取引を行う注文方式を意味します。

侍
ドル蔵
なのでどちらかというとスキャルピング取引は、敬遠されてしまう業者という判断でいいでしょう。

またDD方式を採用している海外FX会社は私の経験上、サーバーは落ちやすい印象ですから高速約定のスキャルとレーダーはかなり要注意のポイントと言えます。

これまでにサーバーがダウンした海外FX会社も色々とチェックしていますので、下記記事も合わせて読んでみてください。

また逆にNDD方式を採用している海外FX業者は、変動スプレッドがメインとなります。

DD業者と比べて取引制限が少ないのも特徴ですが、スプレッドが狭く約定力やスピードが早い口座は取引手数料が発生します。

この取引手数料を割りきれる人はNDD業者を使うといいでしょう。

少女1
ミミコ
冒頭で紹介した海外FX3社はいずれもNDD業者で、コスパのいい口座は取引手数料が5~7ドル発生します。
少女1
ミミコ
大体1ドルで0.1pipsと考えるといいでしょう。

そしてここはEA取引が有名な業者なのですが、EAの利用はオールインワン口座だけとなっています。

なので自動売買を考えている人は、ややコスパが悪いオールインワン口座を選ぶしかありません。

少年
トレ太
後はDD方式がノミ行為をして、NDD方式が透明性が高いなど適当なことを書いているブロガーを沢山見かけますがあれは虚偽です。

DDが悪などそういうことを書くブロガーは別記事でDD業者の記事を読むと、一点褒めていますから結局適当な内容で自分のブログを良く見せようとしているだけです。

透明性の高い取引を行っているのはa-book業者と言われる企業で、GEMFOREXはb-book業者です。

  • a-book業者 顧客の取引でもらえる手数料で運営しているので、取引回数が多いほうが好まれる
  • b-book業者 顧客の注文を自社で処理しているので、顧客が儲かれば業者は損をする

という意味を持ちますが、b-book業者だから悪という訳ではありません。

なのでDDは手数料無料のほぼ固定スプレッド業者、NDDは変動スプレッド業者で手数料無料の口座はスプレッドが広く、手数料がかかる口座はスプレッドが狭く取引手数料がかかる。

という認識でいるといいでしょう。

なのでSTOP狩りの噂が多いのはb-book業者がほとんどですから、こういう風評が嫌な人は下記a-book業者を利用するといいでしょう。

ストップレベルの確認方法

そしてGEMFOREXにはストップレベルという仕様が存在します。

これは単純に注文した後に設定する指値や逆指値の最小単位を意味します。

例えばユーロ円のストップレベルが100であれば、120円で買いを入れた際に120.10銭か119.90銭でないと指値や逆指値の設定が出来ないということです。

主要銘柄のストップレベルとノースプレッド口座のコストも一緒に表でまとめてみました。

GEMFOREX ノースプレッド口座のコストとストップレベル
銘柄名 ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 NZドル円 カナダドル円
スプレッド 0.3pips 0.5pips 1.0pips 0.6pips 1.2pips 1.2pips
ストップレベル 2.0pips 2.7pips 5.4pips 5.0pips 7.0pips 5.0pips
銘柄名 EUR/USD GBP/USD AUD/USD NZD/USD USD/CAD USD/CHF
スプレッド 0.3pips 1.3pips 0.3pips 1.1pips 0.8pips 0.3pips
ストップレベル 2.0pips 2.6pips 2.5pips 4.0pips 2.6pips 2.5pips

ちなみにストップレベルはオールインワン口座とノースプレッド口座ともに同じポイントですが、相場状況により変動する場合あるそうです。

侍
ドル蔵
デモ口座でも同じストップレベルとなっているので、気になる人はデモ口座でチェックしてみるのも一つの手です。

このようにスキャルピング取引を行うには最高のコストパフォーマンスですが、5分以内に往復10ロット以上のご利用予定がある際には事前連絡が必要な点と、このストップレベルが邪魔をしているので魅力も半減していると思います。

それでもこのコストは業界NO1レベルなので、海外FXでスキャルピング取引を考えているのであればGEMFOREXのノースプレッド口座は選択肢の一つとして入れてもいいと思います。

両建て取引の特徴

GEMFOREXでは、同一口座内での両建て取引は可能となっています。

そしてGEMFOREXの両建て取引は稼げることで有名な取引方法です。

少女1
ミミコ
何故なら両建て取引でスワップだけを稼ぐことが出来るからです。

参考記事

他社では両建て取引を行った場合、マイナススワップのほうが大きい設定を課しているので、リスク無しで稼ぐことは出来ません。

しかしGEMFOREXでは、両建て取引で稼げるスワップの設定をしている銘柄がいくつか存在します。

ちなみに両建て取引で稼げる銘柄は、2022年1月時点でドル円だけが両建て取引でスワップポイントが稼げます。

ドル円のスワップポイント

スワップポイントは日々変動するのでここでは記載しませんが、少額でもいいので確実に稼ぎたい人はドル円の両建てスワップ狙いを考えて見るといいでしょう。

以前はユーロドルやその他銘柄でも両建てでスワップを稼ぐことが出来ていましたが、年々こういった両建てで稼げる銘柄は減っていっています。

侍
ドル蔵
おそらく客寄せでこういった銘柄を用意していただけだと思います。
少年
トレ太
最近は50万口座を突破したので、こういった客寄せ仕様は減っていっているんだよ

ただし上記でも紹介したようにGEMFOREXでは、アカウントの最大lot数が30lotまでなので、両建ての場合も上限30Lot未満(29.99Lotまで)は適用されるため、買い14.99lot 売り14.99lotが最大となります。

侍
ドル蔵
なので両建て取引を行い、月間で稼げる金額は2~3万円くらいが目安となるでしょう。

ちなみにオールインワン口座とノースプレッド口座で両建て取引をすることは禁じられていますし、その他の海外FX業者の口座と両建て取引を行う事も禁じられています。

ボーナスだけで両建て取引を行うことは禁止されていないので、たまにある入金ボーナスキャンペーンの際に獲得したクレジットを活用して、両建て取引を利用するのも賢いトレードの一つと言えます。

取引禁止事項

GEMFOREXで禁止されている取引の一例を書いておきます。

  1. 31lot以上の取引(全てのポジションの総合計)
  2. ノースプレッド口座で5分以内に往復10ロット以上の取引を行う事(要事前連絡)
  3. 別口座での両建て取引(他社含む)
  4. 違法または疑わしい活動をする行為
  5. 当社判断で不適切とみなすトレード行為
  6. レイテンシーアービトラージ(異常に短い時間帯で決済が繰り返す注文)
  7. 第3者同士が同じタイミングで入金やトレードを繰り返し、同じタイミングで出金する行為
  8. サービスやシステムの盲点を狙った悪質とみなす取引
  9. 相場が急激に変動するタイミングのみを狙った悪質とみなす取引

結構な内容数があるので全ては覚えきれないとは思いますが、最初の3点と最後の1点のみぐらいは覚えておけばその他の禁止事項は常識レベルのトレーダーであれば、特に気にすることはないでしょう。

経済指標や週明けの窓開けを狙った取引も、あくまで「悪質」レベルの話であって、普通にポジションを保持して週末をまたいだ場合や経済指標の時間を迎えたからといって、禁止行為にあたるわけではありません。

こういった時間帯のみの取引を行うトレーダーなどが、禁止行為にあたると思っておくといいでしょう。

侍
ドル蔵
ちなみにスキャルピング取引なども含めて、こういった禁止事項に触れると約定が通りにくくなったり、アカウントの削除などの罰則が適用されます。

一応元本は戻ってくるみたいですが、利益やボーナスなどは当然没収になるので常識レベルのトレードを心がけましょう。

後は一定期間取引をしないと口座は凍結されます。

もちろんお金を入れてトレードすれば、口座の凍結はありません。

まとめ

以上がGEMFOREXのスキャルピング&両建ての特徴やその他取引の禁止事項でした。

結局DD業者というのはサーバーが弱いので、はっきり言ってスキャルピングには適していません。

少女2
カワコ
その証拠として年1回くらいここはサーバーダウンすることがあります。

まあ短期売買がスキャルピングの趣旨ですから、そこまでサーバーダウンは気にしなくてもいいでしょうが気持ちのいいものではありません。

侍
ドル蔵
ただ海外FX業者自体は年1~2回はサーバーダウンします。

日本のFX会社でも年0~1回はダウンしていますから、日本のFX会社と比べるとややサーバーが弱いのが海外FXの特徴の一つと言えるでしょう。

おさらいをしておくと

  1. 資金が30万円以上あればノースプレッド口座での10lot未満スキャル取引がおすすめ
  2. コストだけでなくストップレベルも確認しておくこと
  3. グレーなスキャル取引をすると約定しづらくなる
  4. 自動売買スキャルピングはおすすめできない
  5. 両建て取引でスワップだけを稼ぐ方法が利用できるのがかなり魅力的

などなど。

少女2
カワコ
レバレッジ5,000倍口座は口数も300まででなおかつ制限が多いので、両建てもスキャルピングも不向きな口座です。

積極的にEAの提供をしている海外FX会社なのに、EAのスキャルピングは微妙という結果に終わったGEMFOREXですが、コストだけを見ると魅力的なのは確かです。

保有lot数や取引回数を抑えるのであればかなり魅力的な海外FX業者なので、両建て取引とともに検討する価値のある条件が揃っていると言えるでしょう。

スポンサーリンク

注目記事