外国債券を始める初心者向けの特徴と種類を解説

投資の学習
スポンサーリンク

外国債券とは、その名前の通り『外国の発行体が外国で発行する債券』のことを指します。外国債券には、大きく分けて2通りがあり、『外貨建て』のものと、『円建て』のものがあります。

それぞれ、リスクの度合いや仕組みが違うため、投資の目的に合わせて使い分けることができます。ここでは、外国債券を始める初心者向けに詳しく特徴を紹介していきますので、参考にしてみてください。

円建ての外国債券について

ユーロ札

外国債券なのに円建て?と思われるかもしれませんが、海外市場で円建てで発行される債券もあるのです。有名なものだと、『ユーロ円債』と呼ばれるものがこれにあたります。

ユーロ円債は、国内の社債よりも魅力的な利率がつくことが多いのが特徴です。ゴールドマンサックスなどの世界的な大企業が発行体になるものもあり、円建てで為替のリスクも抑えられることから、人気の投資先の一つです。

仕組みは国内の社債と同じものがほとんどで、年に数回に分けて利息を受け取り、一定の年月が経過して満期になると額面の金額がそのまま償還されます。

外貨建ての外国債券について

マーク

こちらが一般的に外国債券と言われて頭に浮かぶ方ではないでしょうか。米ドル建てや豪ドル建て、あるいは新興国通貨建ての債券も今では馴染みのある投資先として認識されています。

外国債券の魅力は、日本国内では考えられない高い利回りが得られることももちろんですが、投資するタイミングが良ければ、通常の債券の利回りに加えて為替益も得られることが魅力です。

為替が対円で高騰すれば、入ってくる利息収入の価値も当然ながら値上がりするため、利回り以上の利益を得ることが可能です。

また、途中売却という点でも、債券単価の値上がりと為替益が大きければ、満期を待たずに売却して利益を確定させることもできます。

外貨建て外国債券の種類

外貨建ての外国債券は、利益の出し方で2種類に分けることができます。

一つは、通常の金利収入を得るもの、二つ目は、債券単価の値上がり益の獲得を目指すものです。前者は一般的なので、分かりやすいかもしれません。

後者の値上がり益の獲得を目指すものは『ゼロ・クーポン債』や「ディスカウント債』という呼び方をされます。この債券の特徴は、利率が0、もしくは限りなく0に近い数値に設定されている代わりに、購入時には値段を割引して購入できるということです。

例えば豪ドル建てのゼロ・クーポン債を日本円換算で1000万円を購入する例で考えてみると、この債券を購入する場合、利息収入は得られません。

しかし、額面で1000万円の価値のあるこの債券は、購入時には単価80円で購入することができます。つまり、実際に購入するときには、800万円分の豪ドルを支払えばいいわけです。

スポンサーリンク

最終的に満期には1000万円分の豪ドルが戻ってくるため、20%利益が出る計算になります。つまり、利率はつかない代わりに、債券の満期、もしくは売却時に利益が出る債券なのです。ただし、途中売却ではもちろん利益が出ないこともあるため注意が必要です。

仕組債と連動債


また、外国債券に含まれるのですが、通常の債券とは全く違う仕組みを持った債券もあります。「仕組債」や「連動債」などと呼ばれることがあるものがこれにあたります。

例えば、よくある仕組みとしては、日経平均という指数を対象として、日経平均が4割下がらない限りは損をすることがなく、日経平均が2割下がらない限りは高い利回りを得ることのできる、というようなものです。

これは「日経平均連動債」というものですが、債券に一定のリスクを付与することで、高い利回りを出すことができるのが特徴です。通常の株式であれば、1割下がれば1割損をしますが、上記の債券であれば、3割下がっても損はしません。

4割以上下がった状態で満期を迎えた場合のみ損をするのです。そう考えると、株式よりはリスクが抑えられていることがわかります。

ただし、その反面利益も抑えられます。2017年2月現在では4~5%程度の金利のつくものが多いですが、仮に株を保有していて10%上がれば10%儲かりますが、仕組債の場合は、金利分しか利益は出ません。

つまり、リスクも利益も共に抑えられているという特徴があります。仕組債については、商品性が複雑なものの一つですので、もしご検討される場合はしっかりと説明を聞いたほうが良いでしょう。

外国債券の買い方

外国債券を購入するためには、証券会社に口座を作る必要があります。ただし、どこでも良いから口座を作れば良いというわけでもなく、外国債券を取り扱っている証券会社で口座を作らなければなりません。

また、外国債券を購入したい場合は、インターネット専用の口座では無く、対面の口座でないと購入ができない場合もあるため、口座を開設する証券会社の注意事項などをしっかりと確認することが大切です。

また、証券会社によって取り扱っている外国債券の種類にも違いがあります。例えば、主要通貨の債券しか取り扱っていない場合もあるため、新興国通貨の債券を購入したい場合には、それを取り扱っている証券会社に口座を作らなければなりません。

大手の証券会社であれば、ほとんど取扱があるので、一社は対面口座で口座を作り、債券の購入用の口座にするのも良いでしょう。

まとめ

以上が外国債券を始める初心者向けの特徴と種類を解説でした。後は証券会社の口座を開くだけですから基本は株式取引で口座を開いて、その他金融商品を取引してみるといった考えがセオリーです。

下記でおすすめの証券会社を紹介していますので、興味があれば参考にしてみてください。

株式取引手数料を比較!2018年版おすすめ証券会社口座開設情報
景気も良くなり資金を少しでも増やしたいので、金融取引の代表格である株式投資を始めたいのだけど、どんな証券会社を選べばよいのかと考える人も多いと思います。 手数料が安いのが一番と言えば一番なのですが、短期トレーダーならともかくそうでない...

コメント