FXとはFXの仕組みを初心者向けに解説

FXの特徴
スポンサーリンク

FXとは「Foreign Exchange」の頭文字を取った略語で、日本語では「外国為替証拠金取引」と訳されます。FXは金融商品の一つで、USドルやユーロ、豪ドルなどの為替の売買差益や金利によって発生するスワップによる差益を獲得することを目的に、取引をするものです。

また、通常の為替取引との違いは「証拠金取引」という名称がついているように、実際にドルを買って保有する、ユーロを買って保有する、ということではない点にあります。

通常ドルを110円で買えば、その時点で手元にドルがある状態になります。例えば、そのドルを持ってアメリカにいき、買い物をすることもできるわけです。

ですがFXで「日本円でドルを買った」場合にはそういったことはできず、決済して日本円に戻すという方法をとることになります。つまり、FXでの取引はあくまでも「投資」であり、買い物や旅行などの実需に基づいた売買ではない点が大きな違いとなります。

FXの仕組み

ドル

例えばFXを取引しようとする際にドル円の値が120円だった場合

120円で自分が買いで取引したとします。FXの取引には1通貨から1万通貨の取引が出来るのですが、例えば1万通貨を買いでポジションをとったと仮定します。

ドル円が121円になった際に買いのポジションを売りで手仕舞いした場合1万円の利益を得ることができます。

逆に119円になった場合売りで手仕舞いした際には、1万円の損失を被るということです。

1万通貨の取引をする際に、資金は5~10万円くらい必要ですから、FXに興味がある人は最低でも10万円くらいは資金が必要ということになります。

もっともっと大きな取引がしてみたい人は、下記でその資金別の比較をしていますから、参考にしてみてください。

FXで必要な自己資金がわかる各通貨の証拠金をレバレッジ25倍で比較
レバレッジとは、簡単にいうと少ない資金で大きな取引を行うことができることを言います。いわゆる「テコの原理」というやつです。 以前はFX会社も様々なレバレッジで顧客を勧誘していましたが、規制が入ったため現在個人では25倍が限度となってい...

FXの証拠金とレバレッジ

もう少し上記で書いた内容を掘り下げて書くと、FXで売買をしようとする場合は、まず「証拠金」を口座に入金します。

FXは「レバレッジ」をかけることのできる金融商品であり、日本国内では最大で25倍までレバレッジをかけることができます。

例えば100万円の資金を口座に入金して、USドルを買うとすると、最大で2500万円分まで買うことができるということです。仮に、100万円の証拠金で1000万円分のUSドルを買い、1円上昇したとします。

そうすると1000万円は1010万円となり、この時点で決済すると、約10万円の利益が出ることになります。ただし、当然ですが1010万円が手元に戻ってくるわけではなく、利益の10万円と証拠金の100万円が戻ってくるわけです。

逆に、1円下がった場合には、10万円損が出ますから、90万円の証拠金が戻ってくることになります。

FXのメリット

人とチャート

FXにはいくつかのメリットがあります。

一つは前項で説明をした、「レバレッジをかけられる」という点です。レバレッジを上手に使うことで、少ない資金でも大きな利益をあげることができます。

二つ目は、「下落時にも利益を上げられる」という点です。FXは「通貨と通貨の交換」の取引をします。例えば米ドル/円の組み合わせであれば、「買う」ということは、「米ドルを買う」ということを意味します。

スポンサーリンク

では、「売る」の場合はどうでしょうか。「売る」の場合、米ドルを売って「日本円を買う」ということを意味します。つまり、「米ドルの価値が下がる」と思えば、米ドルを売って日本円を買うことができるのです。

通常の為替取引であれば、もちろん米ドルを持っていないと売ることはできませんが、FXの場合は直接保有していない通貨を売ることも可能なので、上昇時、下落時ともに利益をあげることができます。

三つ目は、スワップ金利がつくという点です。これは、メリットにもデメリットにもなりますが、例えば、日本とニュージーランドで考えてみます。

日本は、金利の低い国です。そして、ニュージーランドは金利の高い国です。こうした「金利差」のある2つの国の通貨をFXで取引をすると、スワップ金利というものが発生します。

例えば、「日本という銀行」「ニュージーランドという銀行」と考えてみましょう。日本という金利の低い銀行から、ニュージーランドという金利の高い銀行にお金を預けると、金利が高いので、お金は増えますよね。

反対に、ニュージーランドから日本であれば、金利収入は減ってしまいます。FXの場合は、金利の高い国から金利の低い国の通貨を買った場合は、「スワップ金利を支払う」というコストが発生します。

反対の場合は「スワップ金利を受け取る」という利益が発生します。上手に利用すれば、利益に上乗せすることもできるので、使い方次第ではメリットになります。

FXのリスク

前項では、FXのメリットをあげましたが、金融商品である以上リスクもあります。まず、第一に「追証」があるということです。

FXで、例えばアメリカドルを買っていたとします。通常、30万円でドルを買えば、ドルが紙切れになっても損は30万円です。しかし、3万円の証拠金で30万円のドルを買っていたらどうでしょうか。

紙切れになってしまうと、証拠金3万円を除いた27万円分は、元の残高以上の損失が発生することになってしまいます。そうなることを防ぐために「ロスカット」という仕組みで、損が一定以上になると強制的に決済されますが、ロスカットになると、損が確定してしまうことになります。

それを避けるには新たに「追加で証拠金を入金する」必要が出てくるのです。また、為替は値動きの幅が株などに比べて非常に広いです。

例えば、USドルなら1ドル115円程度と単位は非常に小さいですが、取引の数量が、少なくとも10万円程度、通常で100万円~1000万円分の取引をするので、1円動くだけでもかなりの損益が発生することになります。

株でいう暴落や急騰という動きが為替では毎日のように起こっているため、下手をすると、瞬く間に資金がなくなってしまいます。

このリスクを避けるためには、ポジションをとった際に必ず損切をする設定も同時に行うことです。特に買いポジションの際には注意が必要で、売りのスピードは買いのスピードよりかなり早いので、あっという間に値が動くことを頭に入れておいてください。

まとめ

以上が、FXとはFXの仕組みを初心者向けに解説でした。金融商品というものは大きく稼げるという夢がある投資ですが、反面失う恐怖とも隣り合わせと言えます。

私自身大きな損失を被って、その結果それらの体験と経験をもとにこのブログで紹介しています。

どちらにしても、FXで稼いでいくには、様々なことを学習しないといけないのが基本です。このブログで私が取引をして得た経験を色々紹介していますから、完全網羅してよりよい情報だけ吸収してみてください。

コメント