DMM.com証券口座開設前にDMMFXの特徴をチェック!

2019年10月24日

ブログの閲覧数今日の読者数 1712
昨日の読者数 2093
総閲覧数 211740

CMで誰もが目にしたことがあるDMM.com証券はFXやCFD取引ができる人気のFX会社です。ここではそのDMMFXをこれから始めようとする人のための、評価と特徴をまとめてみましたので、参考にしてみてください。

安定性やスプレッドの狭さは定評がありますが、使い勝手はどうなのか自動売買はあるのか、デモトレードはあるのか初心者には気になるところはたくさんあると思いますので、そのあたりもチェックしてみてください。

DMMFXの特徴

DMMFX

通貨の種類 取引単位 ドル円スプレッド キャッシュバック
 20  10,000 0.3銭 20,000円
デモトレード 自動売買ツール バイナリーオプション 総合評価
 あり なし なし  ☆☆☆☆☆

ここが初心者におすすめのポイントです。通貨のポイントは下段の表をご覧になってください。

まずは、簡単に箇条書きで紹介します。公式ページにもより詳しい解説があるので欠かさずチェックして学びましょう。

  1. スプレッドが狭い
  2. スワップ金利も高い
  3. 取引通貨が20種類と多い
  4. デモトレード体験可能
  5. チャートの種類がとにかく豊富
  6. 取引を行うとポイントがたまって現金化できる
  7. 資金が少なくて勝負できるNZD/USDがある。
  8. ロスカットの発動は証拠金維持率が50%以下。ただし2段階で全決済
  9. 取引額がマイナスになったら、次の日のクローズまでに決済か追金しないと、強制決済される。
  10. お客様の意見を反映してくれる制度がある。

1.2.3は下段の表を参考にしてください。4はとても大切ですね。使い勝手を知るためや、取引を始めてする人には必須のシステムです。

5は下記の経験者におすすめのポイントで紹介しています。

6のポイントがたまるシステムはかなりうれしい特典です。取引回数を重ねるとポイントがたまっていきます。

要するに何度も取引すれば、その分ポイントがたまるのです。回数や枚数が少ないと当然あまりポイントは増えません。短期トレーダーにはよい制度ですね。

7のNZD/USDは、NZ円と並んで少ない証拠金で取引できるので、とても魅力的な通貨です。

8.9のこのロスカットシステムが初心者を守ってくれるので、こういったしっかりとした体制が非常に優れていると思います。

8の2段階決済は一回で全決済ではなく、一部をまず決済しそれでもまたマイナスが膨らむようなら全決済を行うという、なんてトレーダー思いのシステムなんだ!

と私は思いました。このユーザー目線に立った仕組みがDMMFXの優れている点だと思います。ユーザーによりよい環境を提供してくれる会社が信頼できるという所です。

10のお客様の声を聞くという点もそうですね。ただしすべての声を聞くわけではありません。そんなことをしたらキリがないからですね。ちなみに平日なら24時間電話サポートがあるそうです。

取引通貨は充実の20種類

全部で20種類の通貨を取り扱っています。スワップは変動が多いので詳細は公式ページでご確認ください。

ユーロクロスの充実ぶりが目立っていますね。動きも大きいのでチャレンジする価値はあると思います。

通貨ペア スプレッド スワップ 買 スワップ 売
USD/JPY 0.3 1 -1
EUR/JPY 0.6 1 -1
GBP/JPY 1.1 12 -12
AUD/JPY 0.7 55 -55
NZD/JPY 1.5 70 -70
CHF/JPY 1.8 5 -5
CAD/JPY 1.7 14 -14
ZAR/JPY 1.4 9 -9
EUR/USD 0.5 -2 2
GBP/USD 1.2 10 -10
AUD/USD 1.2 50 -50
NZD/USD 2.0 60 -60
USD/CHF 1.6 3 -3
USD/CAD 2.0 -33 33
EUR/GBP 1.8 -20 20
EUR/AUD 2.3 -80 80
EUR/NZD 2.9 -90 90
EUR/CHF 1.8 -8 8
GBP/AUD 2.2 -90 90
GBP/CHF 2.8 13 -13

初心者におすすめの通貨は、比較的動きが少ないか、緩やかな通貨です。緑色の通貨がその傾向がみられ、赤色の通貨は激しい動きをする傾向がみられます。取引の参考にしてください。

スワップはおすすめのところにオレンジ色を塗りました。できるところなら底値で買いたいですね。それまで我慢する取引も一つの考えです。

FX業者のなかでも後発にあたるDMM.com証券ですが、現在ではFX口座数国内第一位であるFX業者となっており、それだけ大勢の方が同社での取引をおこなっております。

テレビを眺めていれば、有名人を用いたCMを目にしたことのある方も多いのではないでしょうか。

DMM.com証券が選ばれる理由は、積極的にPRされている同社の知名度に加え、スプレッドの狭さが非常に魅力的だからです。

国内口座数No.1の理由は業界最低水準の取引手数料

米ドル/日本円は0.3銭~、ユーロドル/米ドルは0.5銭~、といった設定になっており、どこのFX業者と比較しても最低水準のスプレッドとなっております。

取引手数料が安い業者を選択するのは、より優位な取引状況を創り出すために必要な条件であり、この条件に合う同社が人気を博している大きな理由に他ならないことでしょう。

相場の流れはほとんどがレンジ相場で構成されます。このようなレンジ相場で儲けるために有効な手法の一つがスキャルピングという手法であり、短時間売買を繰り返しながら欲張ることのない値幅を確保し続けるものであり、個人トレーダーの多くの方が採用している手法ともいわれています。

20銭の値動きを取ることより、5銭の値動きを取るほうが常識的にも簡単なものです。

上記のようなスキャルピングをおこなうためには取引を何度も繰り返すという性質上、取引手数料の安さ(=スプレッドの狭さ)は大前提であり、この条件からしても望ましいFX業者といえます。

主要通貨ペアはもちろん、米ドルペアの充実が特徴

DMM.com証券では常時、20種類の通貨ペアでの取引が可能です。主要通貨ペアを網羅していることはもちろんですが、米ドルと外国通貨のペアが充実しているところが特徴的であるといえます。

私たち日本人にとってはどうしても日本円を組み合わせた通貨ペアのほうが親しみやすさを感じてしまうものですが、基軸通貨といえば米ドルに他ならないため、それだけ取引ボリュームを伴った相場が進行されています。

日本円ペアは手を出しづらい相場が継続していても、米ドル相場はわかりやすい動きをしている場合などもよくありますので、取引の視野および選択肢を増やしておくことから考えても、取引できる米ドルペアを増やしておくことは大切な要素であるといえます。

経験者におすすめのポイント

チャートシステムが豊富。 はっきりいって豊富すぎるくらいあります。(笑)経験者が見ているとおもいますので、ここではシンプル解説のみで紹介しています。

  1. 大画面チャート搭載
  2. ワンクリックで注文と決済が同時にできます。損切りpipsを入力するだけ
  3. FIFO注文は約定した日付が古いポジションから決済してくれます。
  4. 売買比率(この通貨は現状ロングかショートが多いか)が一目でわかります。
  5. ストリーミング注文に特化した取引システムを搭載

トレンド系の種類を紹介

移動平均線 ボリンジャーバンド エンベロープ HLバンド 回帰トレンド
加重移動平均線 線形回帰分析 指数平滑移動平均線 スパンモデル GMMA
パラボリック ピボット スーパーボリンジャー フィボナッチピボット 一目均衡表
オシレーター系の種類を紹介
ストキャスティックス モメンタム Aroon-Indicator RSI Aroon-Oscillator
移動平均乖離率 ウイリアムズ%R MACD CCI RVI
ROC DMI ATR RCI

各チャートで使えたり使えなかったします。その点は注意しておきましょう。

スマフォではアイフォンとそれ以外では、チャートシステムが異なります。わかりやすいのが、背景が黒なのがアイフォンでそれ以外は白い背景です。

アイフォンではトレンド系が複数設定できないのが、デメリットかな。あとはチャート表示を拡大出来るようにしてほしいところです。

またスマフォではすべてのテクニカル分析は使えません。メジャーなテクニカルくらいが使えると思っておきましょう。

スマホからでもパソコンと同等のトレードが簡単にできます

DMM.com証券のスマホ取引は専用アプリにてスムーズにおこなうことができます。専用アプリの全体的なイメージは、どのFX業者でも使用されているようなベーシックなものであり、初めて取引される方だけでなく、乗り換えで同社の利用を始めた方々にとっても、スムーズに取引に臨んでいけるわかりやすい操作性となっています。

スマホアプリといえど、主要なテクニカル分析ツールを簡単に表示させることができるほか、これらにおける設定も一つ一つ変更は可能ですので、パソコンからおこなう取引と同質のトレード操作が実現できます。

加えて、スマホならではのポップアラートも非常に便利な機能です。アプリを起動していなくても、事前に設定さえしておけば、あなたが着目していたレートに達すればポップアップにて通知されますので取引チャンスを見逃すことがありません。

また、指標アラートもポップアップ通知できますので、「ポジションを持ったまま重要指標を忘れていた・・」ということも防止できます。

あなたの取引精度をアップさせる充実の分析ツール

国内口座数No.1を抱える同社の提供するチャート機能は非常に充実しており、多くの方がDMM.com証券を選ぶのも納得させられるものとなっております。

なんと29種類のテクニカル分析ツールが使用でき、それぞれがパラメータ設定やカラー設定など自分好みにカスタマイズできるため、これまでFX取引経験のある方にとってもチャートを目的としながら乗り換えるだけの魅力が感じられる内容となっております。

例えば、ボリンジャーバンドは知名度のある分析ツールですが、DMM.com証券では一歩先に進んだスーパーボリンジャーという分析ツールが用意されております。

また、大きな値動きをするであろう重要指標の発表について日時を調べるのは、トレードに集中しているあなたの集中力を削ぎながら、いくつもの画面を遷移したりと結構面倒なものですが、プレミアチャートであれば、チャート内にスクロール表示されるのでとても便利です。

より取引の精度を上げていくためにも、同社のチャートを利用されてみてはいかがでしょうか。

最大2万円のキャッシュバックキャンペーン実施中

DMM.com証券では新規口座開設にあたり1万円のキャッシュバックキャンペーンを展開しているだけでなく、スマホ取引をおこなうだけで更に1万円のキャッシュバックと、合計で2万円のキャッシュバックキャンペーンをおこなっております。

また、FX口座さえ開いておけば、その後に日経平均やダウ平均、金相場などの口座開設もスムーズに行うことができます。

「株取引には興味があるが、まずは気軽に為替相場からはじめてみよう」、「個別銘柄まではわかりづらいけれど、日経平均そのものならやってみたい!」と思われている方にとってはとてもおススメです。

メリット・デメリット

ここでは最後に良い点と悪い点を箇条書きに書きました。

メリット

  • 通常トレードならスプレッドも広がりにくい
  • 取引するとポイントがたまる
  • キャッシュバックが大きい

デメリット

  • 自動売買システムはない
  • スマホチャートのロウソク足のひげが見えにくい
  • スマホチャートのテクニカルが1種類しか使えない

スポンサーリンク

おすすめ記事