FXを始める前に読んでおこうFXデビューへの準備

2019年2月3日

これからFXを始めてみようと考えている人は、どのように進めていいか考えていると思います。ここでは今からFXデビューする人のための、簡単な手順を書いてみましたので、参考にしてみてください。

投資初心者でも株式取引など、その他金融商品で取引した経験がある人も読んでみてください。

FXを始める前のチェックポイント

  • 自己資金はいくらあるのか
  • 1,000通貨取引か10,000通貨取引か
  • どこのFX会社を選ぶのか
  • 取引通貨は何の通貨か
  • FX以外の取引も考えているのか
  • チャートは学んだのか

などがあげられます。それぞれ下記で解説してみますので、参考にしてみてください。ちなみにFX会社の入手出金は、地方銀行でもおおよそ可能ですが、下記ネットバンクを用意しておけば利便性が上がります。

自己資金と通貨量

取引の量にもよりますが、どれだけの枚数でFXのトレードするのかもあらかじめ決めておかなければなりません。それによって必要資金が変わってきます。

とりあえずの目安としては、1万通貨取引ではおよそ資金が50,000円必要です。1,000通貨取引ならその十分の一ですね。そして1円為替が動くと1,000通貨では約1,000円の損得、10,000通貨では10,000円の損得となります。

もう少し細かく知りたい人は、下記でさらに通貨の枚数で証拠金を書いてみたのでチェックしてみてください

FX会社

とりあえずFX会社を選ばないと、取引を始めることができません。初心者向けのFX会社は下記がおすすめです。

初心者が選ぶFX会社は至ってシンプルで

  1. FX初心者向けの解説が丁寧に書いてある
  2. 通貨の種類が多い
  3. チャートが見やすい、わかりやすい。そしてチャートの勉強ができる
  4. スプレッドがなるべく狭い
  5. 1,000通貨から取引ができる

です。これらをいくつか満たしているのが下記FX会社です。

取引通貨

とりあえずFX初心者が選ぶ通貨は、決まっているのならいいですが、そうでないならあまり値動きが激しくないところからのほうが、勉強になると思います。

値動きが比較的他の通貨と比べると少ないのが

  • 豪ドル円
  • AUD/USD
  • カナダドル円

など。この辺りからトレードすれば大きな変動も少なくチャートの勉強にもなるでしょう。ポンドやユーロなどは値動きが激しいので、ある程度慣れたら検討すればよいのではないでしょうか。

FX以外の取引

将来的にはFXだけでなく株式投資や、投資信託、先物など様々な種類の金融商品を取引してみたいと考えているなら、総合証券会社を選ぶとよいと思います。

これらを選んでおけば、その他金融商品に興味が出た場合口座開設がFXで済んでいるので、比較的スムーズに他の金融商品が取り扱えます。

チャート学習

チャートを学ばないとこういった金融取引は行うべきでありません。チャートには意味が込められています。その意味を学んでからFXなどデビューしましょう。

チャートには最低限覚えないといけないことが幾つか存在します。それを紹介しているのが下記記事となります。参考にしてみてください。

その他FXの基礎

本当の初心者は、まずは用語から覚える必要があります。まさに基本的なことばかりなので、これらをマスターしていきましょう。

こういった学習は口座開設をして、審査を待っている間に行うのが基本です。その間にデモトレードを行うなどして、使い方や通貨の特徴を学んでみてください。

まとめ

以上がFXを始める前に読んでおこうFXデビューへの準備でした。参考になりましたでしょうか。

口座開設に申し込んで、審査を待っている準備期間に行うことをおさらいすると

  • 基本用語を覚える
  • チャートの勉強を行う
  • デモトレードで注文方法を実践してみる

これらが最も基本的なことになります。チャートが一番内容が多くて覚えるのが大変ですが、時間があればなるべく詳しく覚えていきましょう。