DealFXのスプレッド一覧&口座タイプとボーナスの特徴

ブログの閲覧数今日の読者数 596
昨日の読者数 770
総閲覧数 371669

日本がメインで海外FX取引を行っている、DealFXのスプレッドや口座の特徴をここでは色々と調べてみましたので、どこのブログよりもスプレッドは参考になるでしょう。

レバレッジも標準レベルですが日本語サポートは文句なしにトップレベルなので、ここで口座を開設しようか考えている人はコスト面やボーナスなどの特徴をチェックしてみてください。

スポンサーリンク

DealFXの主な特徴

DealFX
DealFXの主な特徴を簡単に書くと

  1. レバレッジは最大400倍
  2. スプレッドは変動制
  3. 日本語サポートは完璧
  4. ボーナス制度は弱い
  5. ゼロカットシステム採用

などなど。まあ一般的な海外FX業者のスペックを満たしているので、ここでの取引がおすすめ!という内容はそこまで見当たらなかったのも現状です。

ゼロカットシステムとは急激な為替変動で自分の口座がマイナスになっても、追証がないシステムのことを言います。

ここはbitwalletの口座がないと入出金ができないため、まずはbitwalletの口座を最初に開設しないといけません。

口座開設してもbitwalletアカウントでログインするので、ちょっと他所とは違うログイン方法なので、「ログインできない!」というトラブルがあるので、気を付けておきましょう。

一応下記でログイン出来なかった場合の記事を書いています。

それではDealFXの口座ごとのスプレッドや特徴などを紹介していきたいと思います。

MT4とMT5どちらを選んでも詳細は一緒です。取引ツールとして新しいのがMT5という認識でいいでしょう。

スタンダード(STP)口座の特徴とスプレッド一覧

最も利用者が多いスタンダード(STP)口座の主な特徴は

レバレッジ 取引手数料 マージンコール 証拠金維持率
400倍 無料 50%以下 20%以下
スプレッド 最低入金金額 最大注文数 最低取引枚数
変動 1万円(100ドル) 10,000,000 通貨 1,000通貨
注文方式 両建て スキャルピング 口座の通貨
STPインスタントエクスキューション 可能 可能 円 ドル ユーロ

STPインスタントエクスキューション注文方式とは、投資家からの注文を一旦受注するので、約定拒否やスリップ発生の確率が極めて低いカバー取引のため、利益が相反しない公平な取引となります。

またDealFXはSTP注文時のカバー比率も掲載しているので、さらに透明性の高さをアピールしています。

STP注文時のカバー比率

リアルタイムスプレッドを公開しているので、DealFXのスプレッドの確認は公式ページで出来ますが、口座開設を私自身が行いましたのでメジャー通貨からマイナー通貨までのスプレッドを掲載しておきます。

ただし変動スプレッドなので、スクリーンショット時点でのスプレッドとなります。

スタンダード(STP)口座25銘柄スプレッド一覧(MT4 MT5共通)

スタンダード(STP)口座25銘柄スプレッド一覧

  • USD/JPY 1.4pips
  • EUR/JPY 2.1pips
  • GBP/JPY 2.8pips
  • AUD/JPY 2.4pips
  • EUR/USD 1.4pips
  • GBP/USD 1.8pips

とやや高めのスプレッドとなっています。入金ボーナスとかないのであまり利用価値はないかもしれませんね。

Hotforexの手数料無料のプレミアム口座のスプレッド26銘柄も一緒に掲載しておきますので、比べてみてください。

プレミアム口座のスプレッド26銘柄一覧

  • USD/JPY 1.6pips
  • EUR/JPY 1.5pips
  • GBP/JPY 3.1pips
  • AUD/JPY 2.3pips
  • EUR/USD 1.2pips
  • GBP/USD 1.9pips

似たようなスプレッドですが、Hotforex出金できるキャッシュバックや、5万ドルまでの入金ボーナスがあるのでおすすめです。

スタンダード(STP)口座を開設するのに向いている人

  1. DealFXでとりあえず取引してみたい人
  2. 手数料が無料の口座でしか取引したくない人

が該当します。

DealFXは5,000円分の口座開設キャンペーンがあるので、これを狙って口座開設をしている人も多いのも事実です。

詳しくは下記でまとめていますので、チェックしてみてください。

アクティブNDD口座の特徴とスプレッド一覧

アクティブNDD口座の主な特徴は

レバレッジ 取引手数料 マージンコール 証拠金維持率
400倍 往復8ドル 50%以下 20%以下
スプレッド 最低入金金額 最大取引枚数 最低取引枚数
変動 100ドル 100,000,000 通貨 1,000通貨
注文方式 両建て スキャルピング 口座の通貨
STPマーケットエクスキューション 可能 可能 円 ドル ユーロ

取引手数料が往復8ドル(0.8pips)と注文方式やスプレッド以外は共通仕様となっています。

海外FX業者は結構このパターンが多いのですが、入金ボーナスを実施していない以上スタンダード(STP)口座を選択する意味はなく、このアクティブNDD口座を選ぶ一択しかないと思います。

STPマーケットエクスキューション方式とはDealFXを通さずに注文を行う方法のため、STPインスタントエクスキューション注文方式よりはるかに透明性が高い注文方法となります。

要するにFX会社の注文方式に不信感が多い人は、こちらの口座を開設したほうがいいと言う事です。

アクティブNDD口座26銘柄スプレッド一覧(MT4 MT5共通)

アクティブNDD口座26銘柄スプレッド一覧

  • USD/JPY 0.1pips
  • EUR/JPY 0.3pips
  • GBP/JPY 1.2pips
  • AUD/JPY 0.3pips
  • EUR/USD 0.1pips
  • GBP/USD 0.4pips

とかなりの低スプレッドなので、これならようやく勝負になりそうですが、ここに往復手数料が8ドル(0.8pips)加算されます。

まあそれでもかなりコストは安くなるので、やはりスタンダード口座の開設は意味がないと思います。

取引手数料は、1万通貨取引の場合は0.8ドルに縮小されますので、その点では安心してください。

その他の有名な海外FX会社の手数料と比較してみましょう。

  1. XM 手数料往復 1.0pips
  2. Axiory 手数料往復 0.6pips
  3. Hotforex 手数料往復 0.6~0.8pips

こうして他企業と比べてみると、DealFXの取引手数料は高くもなく安くもない一般レベルと言えるでしょう。

まあ後はスプレッドとにらめっこしながら、他企業の口座も見てみるといいのではないでしょうか。

アクティブNDD口座を開設するのに向いている人

  1. 短期決済トレーダー
  2. ボーナスも取引コストも重視する人

が該当します。

P2P口座の特徴

まだ準備中なのでなくなる可能性もありますが、P2P口座の主な特徴も書いておきます。

レバレッジ 取引手数料 マージンコール 証拠金維持率
未定 往復10ドル 50%以下 20%以下
スプレッド 最低入金金額 最大取引枚数 最低取引枚数
変動 未定 100,000,000 通貨 1,000通貨
注文方式 両建て スキャルピング 口座の通貨
P2P (相対取引)+ECN 方式 可能 可能 円 ドル ユーロ

詳細までは書いていなかったので、どんな口座の特徴があるかはわかりませんが、取引手数料を往復10ドルにしている以上は、何かしら特典が付くのでしょうね。

コピートレード専用口座か、さらにスプレッドが狭い口座になるのかわかりませんが、今後が楽しみな口座と言えるでしょう。

デモ口座の特徴

口座の選択画面

DealFXはデモ口座も開設できるのですが、5万円から1千万円まで仮想残高を設定することが可能です。

1千万円の設定をして豪華なFX取引を楽しむことが出来るのです。(当然大きく稼いでも全くうれしくありません)

レバレッジも400倍まで設定できるので、自分が入金する予定の金額を仮想設定して始めてみるのも良いでしょう。

口座はスタンダード口座とアクティブNDD口座両方選べるので、本口座開設時にアクティブNDD口座を開設しデモ口座でスタンダード口座を開設して、スプレッドや取引銘柄を比べてみるといいでしょう。

デモ口座を開設するのに向いている人

  1. FX取引がまだ経験が浅い人
  2. 両方の口座のスプレッドや取引できる枚数を確認したい人

が該当します。

どちらにしても操作的に不安がある人は、口座ボーナスで取引するかデモ口座で取引するといいでしょう。

ちなみにデモ口座みたいなお金がなくても、利益が出せる口座はFBSのTrade 100 Bonus口座です。

Trade 100 Bonus口座

その代わり100ドルまでしか出金出来ませんから、その点だけは注意しておいてください。

その他の口座の特徴

DealFXのその他の口座の特徴は

  1. 法人口座は開設可能
  2. 自宅へ書類の郵送はなし
  3. 口座のタイプや通貨の変更はできないので、追加口座で対応するしかない
  4. bitwalletの口座がなくてもリアル口座の開設は可能

bitwalletの口座が無くても本口座の開設は出来るのですが、どのみち入出金手段がbitwalletしかないので、結局両方の口座を作る必要があります。

また自宅への書類の郵送がないので、家族に内緒でFX取引をしたい人にはおすすめの業者と言えます。

まあ基本はどの海外FX業者も郵送はないので、この点は大きなメリットとも言えます。日本だと何かしら郵便物を送ってくるので有難迷惑ですからね。

ちなみに口座情報はほとんど変更できないので、変更するには追加口座開設しかないため下記手順でチェックしてみてください。

ボーナスキャンペーンの特徴

ボーナスキャンペーン

DealFXはあまりボーナスキャンペーンに力を入れている企業ではありません。

入金ボーナスキャンペーンは「準備中」となっているので、もうじき行われるかもしれませんね。

現在行われているキャンペーンはウェルカムボーナス プロモーションだけで、その詳細は

  1. DealFXでスタンダード口座かアクティブ口座を、初めて開設して30日以内にメールやサポートチャットに連絡します。
  2. すると5,000円分のトレーディングボーナスがもらえますが、未入金では取引出来ませんし、ボーナスを出金したり資金移動をすることも出来ません。
要するに15,000円入金して2万円にして取引枚数を多くしてチャンスを広げてください!

という証拠金UPキャンペーンという位置づけです。

最低入金金額は100ドルからなので、99ドル以下では当然ボーナス対象外となります。

もちろん利益は出金出来るので、増えた証拠金でしっかり利益を出したら出金していきましょう。

そして他の海外FX企業と違い、ここは利益を出金してもクレジットボーナスは消滅しません!

ただしゼロカットシステムの作動などで口座残高さえマイナスになるとマイナス分消滅しますが、それ以外は常にボーナスが残っていますから、これはうれしい制度と言えますね!

もっと金額の多いボーナスキャンペーンに力を入れている企業がいいなら、キャッシュバックや入金ボーナスがあるHotforexFBSでFX取引を始めてみるといいでしょう。

レバレッジの特徴

レバレッジが400倍の場合、5万円入金すると大体下記枚数が取引の最大枚数になります。

  1. ドル円(110.00銭前後の場合) 約18万通貨取引が可能
  2. ユーロ円(122.60銭前後の場合)約16万通貨取引が可能
  3. ポンド円(143.00銭前後の場合)約13万通貨取引が可能

これらはレートが変動するとまた取引枚数が変化しますので、あくまで目安として取引してください。

5万円の入金でポンド円が13万通貨取引できますから、2円トレードが上手くいくと26万円の利益が出ると言う事です。

この少ない資金でハイレバレッジ取引できることが、海外FX取引の最大の魅力ですからね。

ただしロスカットは20%以下に証拠金が下回った時なので、5万円の入金ならマイナス4万円以上で強制ロスカットされます。

となると約30銭逆に行けば損切りですから、リスク管理もきちんと行い怪物通貨で一発勝負をかけてみるといいでしょう。

ちなみにDealFXでは入金金額や残高でレバレッジ制限がかかります。

10万ドル以上口座残高がある場合、最大レバレッジ400の銘柄は200まで落とされ、x200の銘柄は100倍まで、x100の銘柄は50倍まで落とされますからこれを念頭に利益の出金などを行うといいでしょう。

まとめ

以上がDealFXのスプレッド一覧&口座の種類とレバレッジやボーナスの特徴でした。

おさらいをすると

  1. スタンダード口座開設のメリットはあまりない
  2. スプレッドはかなり狭いが手数料は一般レベル
  3. ボーナスキャンペーンはどちらの口座でももらえるが金額は小さい
  4. bitwalletの口座も必要なので二度手間
  5. レバレッジは標準レベル

など。それでもこの低コストは魅力ですから、ボーナスはあまり期待できない以上取引コストを抑えたい人が、このDealFXで積極的に取引するといいでしょう。

もっと他社のスプレッドを見たい人は下記関連記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク

注目記事