GMOクリック証券で株取引するなら口座開設前に評価と特徴をチェック!

2019年2月16日

株式投資を始める前に当然行うことは証券口座の開設ですが、GMOクリック証券はその中でも手数料を見ると業界トップレベルの安さを誇っています。ということは、短期トレーダーであればここは複数口座を開設するには必須の証券会社と言えます。

またその他にもFXやバイナリー、CFDなどその他金融商品も取り揃えられていて、これから様々な金融商品を取引したいと考えているなら押さえておきたい証券会社の一つと言えます。

GMOクリック証券の株式取引特徴

GMOクリック証券

GMOクリック証券の主な特徴は

  • 手数料がとにかく安い
  • 一つのIDで様々な金融取引が可能
  • 貸株サービスで金利が受け取れる
  • 初心者向けの簡単銘柄診断で分析ができる

などがあげられます。初心者向けの投資への解説などは少なめなので、初心者向きというより経験者向きの証券会社と言えます。まあ投資の勉強に関して言えば、他で勉強すればいいだけではありますが。

私も実際に使用しているのですが、スマホチャートが他社と比べると圧倒的に見やすいのが、推奨ポイントと言えます。

手数料 業界最安値水準

手数料

現物手数料プラン

上記は現物取引の手数料画像

現物売買手数料
10万円まで 50万円まで 100万円まで 150万円まで
95円 260円 470円 570円
信用取引売買手数料
10万円まで 50万円まで 100万円まで 100万円以上
100円 210円 420円 100万毎315円

信用取引の手数料画像

信用手数料プラン
GMOクリック証券は様々なインターネットサービスを提供するGMOグループの証券会社ですが、現存の証券会社の中でも最も手数料の安い証券会社の一つだと言っても過言ではありません。

現物取引の1約定ごとプランでは、株式の取引手数料は最低95円~で、3000万円超でも960円と非常に安く取引をすることができます。また、1日で多く取引をされる方向けの1日定額プランも非常に低水準の手数料帯となっています。(上記画像参照)

他社で多くは300万円までの手数料が2500円~3000円のところが多いですが、GMOクリック証券では、最低230円~スタートし、300万円まででもなんと1660円と非常に安い金額となっています。

また、300万円を超えた部分に関しても100万円追加ごとに290円となっています。また、信用取引についても約定代金が500万円以上であれば、手数料が0円となり、大口投資家の方であれば、VIPプランに移行することで約定代金に関わらず手数料無料で取引をすることができます。

GMOクリック証券は小口の投資家の方から大口の投資家の方まで、手数料面では他社に比べて圧倒的に優位に取引をすることのできる証券会社と言えます。

チャートの特徴

スーパーはっちゅう君
GMOクリック証券では、取引ツールが多く用意されています。PC専用のツール「スーパーはっちゅう君」というツールがメインのツールとなりますが、このツールは東京証券取引所が導入している次世代システムの「arrowhead」の「FLEXFull」という機能に対応しています。

これは何かというと、通常の板では今まで見ることのできなかった、上下のすべての指値注文を確認することができる機能です。

これにより、どのような価格でどのような数量の注文が出ているのかを一目で確認できます。また、このツール独自の機能として株式価格表というものがあります。

このツールを使うと、株価の強弱を分析したり、買いと売り、どちらが強いのか、複数銘柄を並べて一度に表示したりと通常の株価や板を見ているだけでは読み取れない情報を分析することが可能です。

また、スーパーはっちゅう君のチャートは通常のテクニカル分析が30種類も用意されていることに加えて、レジスタンスラインやフィボナッチなどの描画ツールについても豊富に用意されているため、多様な分析方法で銘柄を分析することができます。

おすすめポイント

GMOクリック証券のオススメポイントとしてあげられるのが、「Shares」という他社にはない分析ツールが用意されていることです。

Sharesはファンダメンタルズを分析するという非常に優れたツールで、例えばAという銘柄が割安なのか、割高なのか、それは何%くらいなのかというような内容を一目で分かるグラフで表示したり、過去の財務諸表を全てグラフイメージ化したりなどして、一目で業績推移や株価との対比を確認することができます。

また、企業の経営効率を示すROICツリーなども用意されており、プロが利用する情報にも匹敵するほどのクオリティのファンダメンタルズ分析を利用することができます。

また、シミュレーター機能も搭載しており、売り上げ成長率がどうなると、株価がどうなる、業績がどうなる、など、個々の要因を分析しながら今後の株価見通しを自分で考えることもできます。

スマホツールの特徴

iClick株
GMOクリック証券では、iPhone向けには「iClick株」、Android向けには「株roid」というスマホ向けツールが用意されています。

この2つのツールは端末が違う以外はほとんど機能は同じで、マーケット情婦の確認から取引やチャートの確認などスムーズにタッチ操作で行えるようになっています。

利用できる注文方法やニュースなどPC版にも劣らない内容となっており、スマホがメインの方でも問題なく取引ができると思います。

また、スマホならではの機能として、例えば外出中に株を購入しようとして資金が足りないというときにも、「即時入金サービス」を利用して提携の金融機関から即座に入金を行うことができます。

その他特徴

投資チャンネル
GMOクリック証券のオススメ機能として指標から銘柄を検索することのできるスクリーニング機能が挙げられます。

選べる指標は多岐にわたり、決算月や上場時期、株価、売買代金などのファンダメンタルズ系の指標から、RSIや移動平均線などのテクニカル系の指標まで様々な指標を選択してランキング形式で銘柄を表示することができます。

また、初心者の方向けに簡単銘柄診断というものも用意されています。いくつかの項目を入力するだけで投資意向にあった銘柄を選出してくれるというものなので、こちらも是非利用してみると良いでしょう。

また、GMOクリック証券では会社四季報などの基本的なレポートはもちろん、年間2000本を超えるアナリストレポートを提供しています。

この提供元はTIWという情報提供会社で、投資のポイントや業績の推移が分かりやすく記載されており、非常に参考になる上に、内容もわかりやすいので初心者の方でも銘柄選択の際には是非利用してみると良いでしょう。

手数料 業界最安値水準

まとめと評価

以上がGMOクリック証券で株取引するなら口座開設前に評価と特徴をチェック!でした。おさらいをすると

  • 手数料が安いので短期トレーダー向け
  • スマホチャートの見やすさはかなりオススメ
  • ID一つで様々な金融商品が取引可能

など。ちなみに信用取引を考えている人は口座開設したらすぐ信用口座の開設を申請しておくことを忘れないでください。

スポンサーリンク