2021年6月5日ドル円・ポンド円最新予想とチャート分析

ブログの閲覧数今日の読者数 537
昨日の読者数 648
総閲覧数 523456

雇用統計はよもやの爆下げでした。これではドルストレートも買われますかね。

ドル円は109.00銭を割るまで押し目買いのスタンスで、ポンド円も154.70銭を割るまでは買いで良さげですかね。

ポンドドル1時間足を突破したので、ポンド円の下値はドル円次第となりました。

ダウも4時間足を見ると月曜にあげると上と見ます。

しょぼい予想だったお詫びのNZランド円の8時間

このロウソク足は買いしかなし。豪ドル円はまだ頭が重そうだし。どちらを買うかがポイント。

79.10銭と50銭が固い。

4時間足

20MA(白い点線)相場なので79.10銭で一回叩かれた後抜かしたら買うといいでしょう。

ポイントは下降トレンドの目安である-1σ 10MA 転換線を抜いた点です。

-1σが78.84銭にあるので、ちょっと割った78.80銭がサポートとなります。

もちろん20MAを抜かなければ売りとなります。

NZD/USD日足

日足の雲を抜き返しました。雲のねじれ付近は爆発ポイントなので、+1σ 0.7265で一回叩かれた後爆発と見ます。

月足雲上限を叩いていないのはドル円とNZドル円だけですからね。

予想記事は下記ランキング応援がないと続けないので、参考になると思う人はクリックして応援お願いします。

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ  

ついでに往復ビンタをくらう雲を紹介しておきます。

上記のおしり探偵の顔みたいな雲は往復ビンタになりやすい雲です。

見かけたら注意しておくといいでしょう。

もう一つ紹介。

これも結構見かけます。

下記レポートにも書いています。

ちなみにこのブログは海外FXの紹介がメインです。

私が実際にトレードや出金まで行なった海外FXは下記でまとめています。

また毎日詳しく書くのは大変なので、もう少し時間足を絞って書いて行こうと思います。

チャートの設定は下記で紹介しています。

「目次」はパソコン版ではサイドバー右下に、スマホ版では少し上に戻ると下段に「目次」が出るので効率的です。

スポンサーリンク

ポンド円の最新のトレンド

ポンド円週足チャートは下記記事を参考にしてください。

一目均衡表で見るポンド円の現在のトレンドは

  • 月足チャート もみあい
  • 週足チャート 買い
  • 日足チャート 買い
  • 8時間足チャート 買い
  • 4時間足チャート もみあい
  • 1時間足チャート 売り
  • 30分足チャート 売り
  • 15分足チャート 売り

ドル円の爆下げに巻き込まれたポンド円といったところ。

FX初心者は下記にトレードの基本を書いているので、必ず読んでおくといいでしょう。

チャートは基本1時間足を見ます!!! 1時間足の雲の上にいれば押し目買い 雲の下にいれば戻り売り これがFXの基本

トレンド確認

  1. 雲の中にいるともみあい
  2. 雲の上にいると買いが強い
  3. 雲の下にいると売りが強い

がトレンドの目安となります。

日足

上昇トレンドの目安である+1σ 転換線 10MAをまだ割っていません。

20MA相場でもあるので、154.50銭までがサポートラインと言えます。

NZドル円に買いサインが点灯したので、ポンドも上と見るのが普通でしょうか。

となると156.00銭突破が見えてきます。

2018年に156.60銭が天井だった過去があるので、ここを抜けば月足200MAの163円まではありそうですかね。

8時間と4時間足のポイント

ポンド円4時間足

引っかけ銘柄なので4時間雲割れで反転でしょうか。154.70銭を割らないのであれば買いだと思います。

また上値をトレンドラインで引くと155.70銭突破で爆上げコースです。

売りのスピードは遅いので、買うほうがよさげ

154.80銭前後で買い推奨。何曜日に爆上げするかがポイント。値幅を考えると火曜以降か

ドル円111.00銭×ポンドドル1.424=158.00銭なので十分ある値幅と言えます。

ポンドドル4時間足

こちらも引っかけ銘柄なので、20MA 1.4148あたりがサポートライン。

4時間20MAさえ見ていれば、どこが押し目かはわかります。

8時間足チャートを見ないとFXでは勝てません。

8時間足の-1σはとにかく固いので、8時間足を見れないスマホユーザーではなかなかFX攻略は難しいと言えます。

しかも現在はMT5でしか8時間足を見れないので、MT5が利用出来る海外FX業者をデモでもいいので、口座開設してチャートで利用するといいでしょう。

侍
ドル蔵
下記はMT5とMT4が両方使える大きい企業ばかりです。

要するに安心して海外FXを利用したいのであれば、大手を選ぶのが基本でかつMT4やMT5両方使えるのも大手の特徴です。

  1. HotForex 早朝の約定が弱い
  2. Tradeview 決済スピードがやや遅い
  3. Land-FX 普通
  4. XMtrading 普通
  5. FBS 注文も決済も1秒はかかる
  6. Exness やや遅め

これらの海外FX業者でトレードをした私が実感した特徴は

侍
ドル蔵
スプレッドは広めで、約定力は普通~遅いのが特徴的です。
少女1
ミミコ
要するに上記海外FX業者の約定が早いとか素晴らしいとか書いているブロガーの記事は、実際に取引していないのであてにしないほうがいいということです。

上記は全部私が口座開設してトレードや出金などを実践したので、リアルに正確です。

1時間足チャート

この雲は冒頭でも紹介しているように往復ビンタ雲ですから、買い 下値がどこかだけと言えます。

ポンドドル1時間足

前回と違い今回は本物です。4時間20MAが1.4148にいるので、雲を見ても1.4140までがサポートとなります。

15分足

ポンドドルは15分雲を抜いたら買い 割れば売りという非常に簡単な銘柄です。覚えておきましょう。(もちろん引っかけもある)

ポンドドル15分足

15分見ると1.414は早朝下窓しか無さそうですけどね。1.415までかな。

ポンド円15分足

日本時間は最近横横しかならないので、154.80銭前後で下ひげが出たら買いましょう。

ドル円予想

ドル円は、日足の大陰線、4時間大陰線も引っかけだったので、今回もまたフェイクか。

一目均衡表で見る現在のトレンドは

  • 月足チャート 売り
  • 週足チャート 買い
  • 日足チャート 買い
  • 8時間足チャート 買い
  • 4時間足チャート もみあい
  • 1時間足チャート 売り
  • 30分足チャート 売り
  • 15分足チャート 売り

トレンド確認

  1. 雲の中にいるともみあい
  2. 雲の上にいると買いが強い
  3. 雲の下にいると売りが強い

がトレンドの目安となります。

ドル円1時間足

間に合うかどうかは不明ですが、雲上抜けポイント。

その前に15分や30分をチェック

15分足

最近は15分と30分両方見ないと行けませんかね。

15分上抜けがなくても30分上抜けがあればそちらが優先されました。(木曜の30分足)

月曜間に合うかどうかは微妙だが、ドルストレートが上に行ったので横横上昇か。週足の10MAや転換線で下値探し。

4時間足・8時間足

上下値を見るのは4時間足と8時間足になります。

4時間足

雲割れポイントが無いので、引っかけと見ます。

豪ドル円が割ったので割れないとまではいいませんが、割っても買いかな。一応109.20銭がサポートライン。

8時間足

手前で落ちるのは稀なので、月曜は109.25銭に75MAがいるのでここまでかな。

今日のポンド円・ドル円予想レンジ

以上が2021年6月5日ドル円・ポンド円最新予想とチャート分析でした。

ドル円は109.30銭前後で買い

ポンドドルは買い

ポンド円は154.70銭を割るまで買い

と予想しておきましょう。

下記ランキングに参加しています。参考になったら応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ  

基本的には実際に利用してトレードや出金まで実践した海外FXをメインに紹介していますので、興味がある人は優良業者のみ紹介しているので、参考にしてください。

少女1
ミミコ
基本的に海外FXは大きな企業だけ利用すれば(そのかわりコスパや約定力は悪い)全然怖くないからね。
少年
トレ太
大きな企業はTOPページの中段記事に〇してあるから、チェックしてみてください。

FXで勝てない人はコピートレードがおすすめ!ただし自己資金20万円以上無いと、あまりお金は増えません!

一定の成績を収めている人はストラテジープロバイダーを始めると、1,000通貨取引でも稼げます。

スポンサーリンク

注目記事