ドル円・ポンド円の予想過去記事

ブログの閲覧数今日の読者数 101
昨日の読者数 686
総閲覧数 495645

とりあえずちょっと時間の余裕ができたので、ドル円・ポンド円などの予想ブログを再開しますので、FX初心者は参考にしてみてください。

ちなみに過去1年半、2か月、2か月と予想ブログを続けては止めています。(毎日書くのは疲れるので)

大体読者が100~300名くらい毎回増えるのですが、5人くらいしかクリック応援がないので、テンションが落ちて長い休憩に入るという流れを繰り返しています。

スポンサーリンク

2021年4月26日ドル円・ポンド円予想

昨日はオセアニア通貨が15分足雲を日本時間に抜けたので、GBP/USDも抜くのが分かったと思います。

このように1銘柄だけでなく複数銘柄を見ることで、やっかいなポンドドルの動きも見えてきます。

AUD/USDも1時間足雲を突破したので、先読みをするとGBP/USDも抜くでしょう。

EUR/USDも日足の雲を抜いたので、こうなるとGBP/USDも上と見るのが妥当となります。

となると日足の雲の中に入ったポンド円も下げにくく、ドル円の下げが邪魔をすると言う流れになりそうです。

予想記事は下記ランキング応援がないと続けないので、参考になると思う人はクリックして応援お願いします。

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ  

また毎日詳しく書くのは大変なので、もう少し時間足を絞って書いて行こうと思います。

チャートの設定は下記で紹介しています。

ポンド円の最新のトレンド

ポンド円週足チャートは予想を外していますが、下記記事を参考にしてください。

外しても直さないところが私のブログの正直なところと言えます。

一目均衡表で見るポンド円の現在のトレンドは

  • 月足チャート 売り
  • 週足チャート 買い
  • 日足チャート もみあい
  • 8時間足チャート 売り
  • 4時間足チャート 売り
  • 1時間足チャート 売り
  • 30分足チャート もみあい
  • 15分足チャート 買い

と少し難解になった相場かもしれません。

上がるのであれば火曜だが、ドル円が爆下げすれば上は重いと思っておきましょう。

FX初心者は下記にトレードの基本を書いているので、必ず読んでおくといいでしょう。

チャートは基本1時間足を見ます!!! 1時間足の雲の上にいれば押し目買い 雲の下にいれば戻り売り これがFXの基本

トレンド確認

  1. 雲の中にいるともみあい
  2. 雲の上にいると買いが強い
  3. 雲の下にいると売りが強い

がトレンドの目安となります。

ポンド円とポンドドル日足チャート

ポンド円日足チャート

ポンドドルが上なので、赤四角のゲジゲジモードを想定して押し目買い

下げはドル円の爆下げしか期待できない。

FX初心者の人は ポンド円=GBP/USD×ドル円のレート の図式を知っておきましょう。

149.753=107.89×1.3879

ポンドドル日足

こちらは昨日は+1σまでの上昇で、爆上げした前回も+1σを叩いた次の日に爆上げしています。

ただし日足の雲にコブがあるので、ここを超えないと爆上げはなし。

となると早くても火曜以降が爆上げとなります。ポン円1時間足もそのように示唆しているので、間違いないでしょう。

となると月曜は雲上限1.395かダブルトップの1.40が目途

4時間足のポイント

ポンド円 4時間足

昨日は10MAまでの戻りで、抜いた状態になっています。

雲上抜けは赤丸となります。8時間足雲上限が151.00銭なので、ここを抜くまではもみ合いも想定されます。

ちょっと難解かな・・・

ポンドドル4時間足

月曜が雲割れラストチャンスなので、15分足雲を割るようであれば考えたいが考えにくい

ポンド円8時間

とりあえず見た記憶がない雲の形なので、難解と言えます。

10MAと転換線が150.00銭ぐらいなので、ここを目途に売ってもいい。

上が固いということは壁がない豪ドルやユーロを買うほうがよさげな感じですけどね

とりあえずは151.00銭が壁

ポンドドル8時間足

+1σが1.395なので日足の雲上限と一致しています。ここが固いということですが、ドル円下げれば関係なし

8時間足チャートを見ないとFXでは勝てません。

8時間足の-1σはとにかく固いので、8時間足を見れないスマホユーザーではなかなかFX攻略は難しいと言えます。

しかも現在はMT5でしか8時間足を見れないので、MT5が利用出来る海外FX業者をデモでもいいので、口座開設してチャートで利用するといいでしょう。

侍
ドル蔵
下記はMT5とMT4が両方使える大きい企業ばかりです。

要するに安心して海外FXを利用したいのであれば、大手を選ぶのが基本でかつMT4やMT5両方使えるのも大手の特徴です。

  1. HotForex 早朝の約定が弱い
  2. Tradeview 決済スピードがやや遅い
  3. Land-FX 普通
  4. XMtrading 普通
  5. FBS 注文も決済も1秒はかかる
  6. Exness やや遅め

これらの海外FX業者でトレードをした私が実感した特徴は

侍
ドル蔵
スプレッドは広めで、約定力は普通~遅いのが特徴的です。
少女1
ミミコ
要するに上記海外FX業者の約定が早いとか素晴らしいとか書いているブロガーの記事は、実際に取引していないのであてにしないほうがいいということです。

上記は全部私が口座開設してトレードや出金などを実践したので、リアルに正確です。

1時間足チャート

ポンド円雲を見ると上抜けは赤丸なので、上はまだ重い

となるとドル円が下げるか、ポンドドルが横横かということになります。

15分足チャート

ポンドドルの最も重要な15分足

落ちるポイントは朝一とねじれしかない。ねじれで落ちるのは1割くらい(昨日ポンド円は落ちた)なので、ほぼほぼ買い

30分足

1.386前後がサポートラインなので、1.384をストップに買い推奨

ポンド円15分足

雲の色が互い違いなので、レンジ臭もするが149.40銭がサポートライン ポンドドルが上なので横横も想定したい

ドル円予想

ドル円は難解相場だが、1時間足雲を抜くまでは売りの流れ

下げるとすぐ上げるので、ドルストレート買うほうがマシ

一目均衡表で見る現在のトレンドは

  • 月足チャート 売り
  • 週足チャート 買い
  • 日足チャート もみあい
  • 8時間足チャート 売り
  • 4時間足チャート 売り
  • 1時間足チャート 売り
  • 30分足チャート 売り
  • 15分足チャート 買い

トレンド確認

  1. 雲の中にいるともみあい
  2. 雲の上にいると買いが強い
  3. 雲の下にいると売りが強い

がトレンドの目安となります。

ドル日足

雲割れポイントが赤丸なので、やはり日足の75MAと週足75MAが一致する107.00銭割れが目途

5月がドル円日足の雲割れチャンスとなります。

こういった場合海外FXではドル建てにするとデメリットなので、私が一押しにしているHotForexの円建て口座がないと為替差益で損をします。

もちろん日足の雲を割らなければ押し目買いとなりますし、そう簡単には落ちないと思うので果たして・・・

ドル円1時間足

雲上抜けポイント 本命は大きい赤丸 〇の大きさで確率をしめしているので、今後の参考にどうぞ

金曜に書いた 今日は爆上げしても108.20銭までもピタリでしたね。

少女1
ミミコ
下値は全く不明だが、週足100MA 107.12銭と75MA 106.90銭が目途

上は週足転換線が107.94銭なのでやはりちょっと抜いた108.10銭までが目途だが月曜に週足の転換線の位置をチェックしないとわからない

4時間足・8時間足

上値を見るのは4時間足と8時間足になります。

4時間足

-2σと-3σで必ず反転しているので、ボリンジャーバンドが大きく広がらない状況 

とりあえず指標が今のところ1時間足雲しかなく移動平均線では読めない状況・・・

読むのは困難

とりあえず106.90銭までは売りか

今日のポンド円・ドル円予想レンジ

以上が2021年4月26日ドル円・ポンド円最新予想とチャート分析でした。

ドル円は売り

ポンドドルは買い

ポンド円横横

と予想しておきましょう。

下記ランキングに参加しています。参考になったら応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ  

2021年4月23日ドル円・ポンド円予想

去年の安値を見ると最安値から高値の値幅は

  1. ドル円 約10円
  2. ポンド円 約29円
  3. 豪ドル円 約26円

なので売る(売りを放置)なら豪ドル円のほうがいいですよね・・・

下落トレンドの基本は下記記事に書いているので、FX初心者の人は無料で読めますから読んでおきましょう。

移動平均線3本線を知っておくことと、レジスタンスについて詳しく書いています。

今週のドル円がまさに「レジスタンスの3回パターン通り」の動きをしましたからね。

記事を修正(たいしてしていない)することはないのですが、昨日のようにあきらかに下がると確信したので、売りと叫んでみました。

滅多につぶやかないので、クリックボタンを押してくれた人に届いていればいいのですが・・・

FXは1時間足が基本なのですが、昨日は夕方前ぐらいに下トレンドが発生したクロス円(ポンドではない)があったので、売りとつぶやきました。

クロス円は大体同じ方向性があるので、ポンド円やドル円だけでなく、オセアニア通貨やカナダドル円などをしっかり見ておくとドルストレートの動きがわかります。

ユーロドルやポンドドルは夕方から動くことが8割くらいなので、日本時間の流れを見るにはオセアニア通貨(豪やNZ)は参考になります。

カナダドル(USD/CAD)はNY時間が多いので、こういった時間帯を覚えておくといいでしょう。

参考になると思う人はクリックして応援お願いします。

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ  

また毎日詳しく書くのは大変なので、もう少し時間足を絞って書いて行こうと思います。

チャートの設定は下記で紹介しています。

ポンド円の最新のトレンド

ポンド円週足チャートはすでに予想を外していますが、下記記事を参考にしてください。

外しても直さないところが私のブログの正直なところと言えます。

一目均衡表で見るポンド円の現在のトレンドは

  • 月足チャート 売り
  • 週足チャート 買い
  • 日足チャート もみあい
  • 8時間足チャート 売り
  • 4時間足チャート 売り
  • 1時間足チャート 売り
  • 30分足チャート 売り
  • 15分足チャート 売り

と4時間足雲落下したポンド円

これで完全に下トレンドになったので、今日は上値探し

ドルが横横なので上値探し

FX初心者は下記にトレードの基本を書いているので、必ず読んでおくといいでしょう。

チャートは基本1時間足を見ます!!! 1時間足の雲の上にいれば押し目買い 雲の下にいれば戻り売り これがFXの基本

トレンド確認

  1. 雲の中にいるともみあい
  2. 雲の上にいると買いが強い
  3. 雲の下にいると売りが強い

がトレンドの目安となります。

ポンド円とポンドドル日足チャート

ポンド円日足チャート

雲の中に入ると一回脱出するパターンとそのまま落下のパターンがあるので、どちらか

-1σが149.70銭にいるのでそのあたりまであげるかどうか。

ポンドドル日足

こちらは転換線が1.385あたりにいるので、この辺りが目途

4時間足のポイント

4時間足

ちょっと早かったが大体赤線の動き通り

私が書いた過去記事をチェックすると参考になります。

ポンドドル8時間足

8時間足が難解 日足の-1σが 1.374にいるので今日はここか、ポンド円日足75MA 147.70銭まで下げればラッキー相場

まあここまで下げるにはドル円の下げが無いとなさそうですが

15分足チャート

ポンドドルの最も重要な15分足

今のところ赤丸はしているが、雲が分厚いので本来はなし。後はペース的な問題。

ポンド円15分足

大体赤矢印がレジスタンスなので、149.70銭までは厳しいが、ドル円のよくわからない噴き上げがあれば別

ドル円予想

ドル円は横横モード突入

1時間足突破に失敗したので、変わらず戻り売り

一目均衡表で見る現在のトレンドは

  • 月足チャート 売り
  • 週足チャート 買い
  • 日足チャート 買い
  • 8時間足チャート 売り
  • 4時間足チャート 売り
  • 1時間足チャート 売り
  • 30分足チャート 売り
  • 15分足チャート 売り

トレンド確認

  1. 雲の中にいるともみあい
  2. 雲の上にいると買いが強い
  3. 雲の下にいると売りが強い

がトレンドの目安となります。

ドル円1時間足

今のところ下しかないが、ドル円特有の横横があるので、ちょっと不明

今日は爆上げしても108.20銭まで

少女1
ミミコ
そんなに簡単に下がるのかなと言う印象だが、今のところ107.96銭は割りそうな雰囲気

4時間足・8時間足

上値を見るのは4時間足と8時間足になります。

8時間足

転換線が抜けないということ。4時間足20MA抜けもフェイクなので、一目均衡表さえわかっていれば、昨日1枚しか貼っていない画像で上値が見えるのです。

今日のポンド円・ドル円予想レンジ

以上が2021年4月23日ドル円・ポンド円最新予想とチャート分析でした。

ドル円は横横

ポンドドルは売り

ポンド円売り

と予想しておきましょう。

下記ランキングに参加しています。参考になったら応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ  

2021年4月21日ドル円・ポンド円予想

ドル円に関して言えばこのブログは昔から神予想ブログと言われてきました。

さすがにポンドクロスはイマイチですが、昨日やおとといの記事を見ればドル円の予想でおそらく日本一と言っても過言ではないと思います。

昔は予想レンジ 

少女2
カワコ
今日のドル円は107.95~108.40銭 ポンド円は151.00~152.00銭

まで書いていてこの値幅がドル円に関して言えばかなりの的中率だったのですが、面倒なので辞めました(笑)

ちなみに昨日Exnessでトレードしてみました。

10万円入れないとスプレッドが狭いプロ口座を利用できないのですが、とりあえずスタンダード口座で取引をしています。

レバレッジ2,000~無制限でスプレッドも狭く取引手数料も無料なので、現在では海外FXでは最強の仕様ですが、ボーナス特典はありません。

侍
ドル蔵
ポイントは豪ドル円を買いでエントリー(笑)
少女1
ミミコ
この予想記事を読みに来てくれる読者の皆さんを裏切るトレードと言えます。

exness取引履歴

まあドル円は107.90銭が底だと思っていたので、豪ドル円の値幅がそろそろ大きく出るかな?と思ったので豪ドル円を買いましたのさ!

ここはまだ出金記事を書いていないので、書けば下記カテゴリーに入れておきます。

このように実際にトレードして出金記事まで書いているのは私ぐらいではないでしょうかね。

ちなみにレバレッジ2,000倍だと下記のようにGBP/USDが34,000円くらいで4lot(40万通貨)取引が出来ました。

スマホでの取引画面

まあ相当自信があるときでないと、こんなギリギリのトレードは出来ません。

少女1
ミミコ
ロスカット0%なので、6~7pips逆に行くと資金は0円になります。

参考になると思う人はクリックして応援お願いします。

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ  

また毎日詳しく書くのは大変なので、もう少し時間足を絞って書いて行こうと思います。

チャートの設定は下記で紹介しています。

ポンド円の最新のトレンド

ポンド円週足チャートはすでに予想を外していますが、下記記事を参考にしてください。

外しても直さないところが私のブログの正直なところと言えます。

一目均衡表で見るポンド円の現在のトレンドは

  • 月足チャート 売り
  • 週足チャート 買い
  • 日足チャート 買い
  • 8時間足チャート もみあい
  • 4時間足チャート もみあい
  • 1時間足チャート もみあい
  • 30分足チャート 売り
  • 15分足チャート 売り

と4時間足雲突破がフェイクだったポンド円

昨日書いた通りあの雲は突破しても売られます。

FX初心者は下記にトレードの基本を書いているので、必ず読んでおくといいでしょう。

チャートは基本1時間足を見ます!!! 1時間足の雲の上にいれば押し目買い 雲の下にいれば戻り売り これがFXの基本

トレンド確認

  1. 雲の中にいるともみあい
  2. 雲の上にいると買いが強い
  3. 雲の下にいると売りが強い

がトレンドの目安となります。

ポンド円とポンドドル日足チャート

ポンド円日足チャート

ポンド円日足チャート

難しい流れになりましたが、10MAが150.30銭 -1σが150.00銭というところ

長い上ひげなので、さすがに売りでいいと思いますが、上ひげの翌日は下ひげもあるので、適度な反発にも注意が必要です。

ポンドドル日足

ポンドドル日足

ついに15分足雲を割ったので今日は+1σの1.388から10MAの1.3814までが目安となります。

4時間足のポイント

4時間足

丁度20MAを割ったところで、割ったら反発するのがポンド円なのでどこまで上がるかがポイント

-1σが150.00銭にあるので、この反発もポイント

ポンドドル4時間足

上昇トレンドの目安は +1σ 10MA 転換線の3本の線です。割っても20MAがサポートするので、ここを割れば-1σが見えてきます。

上は1.397あたり

1時間足チャート

ポンド円1時間足

さすがに1時間足は落ちそうですが、どこで落ちるかと高値がどこかということ。

ドル円が107.90銭を割れるのであれば日本時間が濃厚だが、もう一回上げるなら夕方までもつれそう。

どちらにしても150.00銭と149.80銭が固いことには違いなし。

ポンドドル1時間足

雲の中に入っても1回は脱出することも結構ありますし、そのまま落ちることもあります。

とりあえずドル円が上げたほうが下げやすいのも確か。

15分足チャート

ポンドドルの最も重要な15分足

今のところ上抜けは端までなし。

昨日の記事を見て下抜けポイントは、ピタリだったことをチェックしておきましょう。

ドル円予想

ドル円は週足転換線107.90銭をタッチして反転

昨日の上げで終わったのか、それともダブルボトムで復活かが焦点

一目均衡表で見る現在のトレンドは

  • 月足チャート 売り
  • 週足チャート 買い
  • 日足チャート 買い
  • 8時間足チャート 売り
  • 4時間足チャート 売り
  • 1時間足チャート 売り
  • 30分足チャート 売り
  • 15分足チャート 売り

トレンド確認

  1. 雲の中にいるともみあい
  2. 雲の上にいると買いが強い
  3. 雲の下にいると売りが強い

がトレンドの目安となります。

ドル円日足

こちらは昨日の記事参照

ドル円1時間足

今のところ下しかないが、ドル円特有の横横があるので、ちょっと不明

レジスタンスは3つあるので、(下記記事参照)昨日の安値を割った107.80銭あたりも反発ポイント

少女1
ミミコ
そんなに簡単に下がるのかなと言う印象だが、今のところ107.96銭は割りそうな雰囲気

普通に考えれば下だが、ちょっと考えにくい

ドル円30分足

雲上抜けポイントは赤丸なので、今日はここがポイントになりそう

正直今日はよくわかりませんかね。

4時間足・8時間足

上値を見るのは4時間足と8時間足になります。

4時間足

見事に20MAが頂点と言う流れが続いています。

雲が分厚くなってきたので、109.00銭越えは厳しいような気がしますかね。

今日のポンド円・ドル円予想レンジ

以上が2021年4月21日ドル円・ポンド円最新予想とチャート分析でした。

ドル円は横横

ポンドドルは売り

ポンド円売り

と予想しておきましょう。

下記ランキングに参加しています。参考になったら応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ  

2021年4月20日ドル円・ポンド円予想

結局ドル円があっさり下げたので、ドルストレートは上がった日となりました。

この流れが続くのであればクロス円はトレンドが掴みにくい相場になるのかもしれませんね。

ドル円週足転換線107.90銭ぐらいが反発ポイントですが、割れれば週足100MAと月足20MAが重なる107.00銭が見えてきます。

ポン円はドル円が下げてっポンドドルが上がるのであれば、膠着が続くのでポンドドルが下げない限り動きは期待出来なさそうなのか・・・

海外FXはこのブログで紹介しているように、私自身数十社口座開設をしてトレードや出金をしています。

約定力に関して書くと全体的に早い業者はTitanFXぐらいで、後は普通から遅めの業者がメインです。

一番遅い約定力だったのがFBSで、平均1秒以上かかります。

なので海外FXブロガーがその他の業者で約定力に優れていると書いている場合、実際にトレードしている感想ではない適当な情報と言う事が見抜けます。

参考になると思う人はクリックして応援お願いします。

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ  

また毎日詳しく書くのは大変なので、もう少し時間足を絞って書いて行こうと思います。

チャートの設定は下記で紹介しています。

ポンド円の最新のトレンド

ポンド円週足チャートは下記記事を参考にしてください。

一目均衡表で見るポンド円の現在のトレンドは

  • 月足チャート 売り
  • 週足チャート 買い
  • 日足チャート 買い
  • 8時間足チャート もみあい
  • 4時間足チャート もみあい
  • 1時間足チャート 買い
  • 30分足チャート 買い
  • 15分足チャート 買い

と4時間足雲と8時間足雲の中に入ったポンド円

ポンドドルのすさまじい上げで、ドル円の-80pips下げでも上げのほうが強かったと言えます。

FX初心者は下記にトレードの基本を書いているので、必ず読んでおくといいでしょう。

チャートは基本1時間足を見ます!!! 1時間足の雲の上にいれば押し目買い 雲の下にいれば戻り売り これがFXの基本

トレンド確認

  1. 雲の中にいるともみあい
  2. 雲の上にいると買いが強い
  3. 雲の下にいると売りが強い

がトレンドの目安となります。

ポンド円とポンドドル日足チャート

ポンド円日足チャート

落ちるなら赤丸なので、やはり下げには早かったようですね。

20MAまで抜いたのですが、とりあえず下値の目途は20MAか10MAと転換線が重なる150.40銭が目途

上は日足の+1σ 152.15銭

ポンドドル日足

昨日の爆上げで今日は流石に小動きか。下げるのであれば赤丸ぐらいなので、今週は押し目買いとなります。

常に書いているように1時間足雲を抜いた場合は、割るまで押し目を狙うのが基本

ポンドドルは15分足雲を割るまでは売っても勝てません!

この2点だけ守れば、ポンド攻略はある程度見えてきます。

4時間足のポイント

4時間足

雲の中に入るともみあいが強くなります。雲上抜けポイントが先なので、抜いても売られますがまだ売りではないので、今日明日は難解相場。

日足の雲割れもまだ先なので、素直に押し目買い

ポンドドル4時間足

上昇トレンドの目安は +1σ 10MA 転換線の3本の線です。割っても20MAがサポートするので、ここまでが基本の買い相場となります。

画像を見て分かるように、+1σで必ず反転している状況ですから、押し目のポイントはこのブログを長く読んできた人にはわかると思いますが、それにしても昨日はよく上げましたね。

15分足チャート

ポンドドルの最も重要な15分足

雲が分厚いので、予想は難しく下と言う感じはないが、さすがに昨日の上げが続くにはドル円週足転換線107.90銭を割れないと無さそう。

ドル円予想

ドル円は週足転換線107.90銭をほぼほぼタッチしたと言う感じ

さすがに一回跳ねそうなので、昨日の安値か107.90銭では買い推奨

一目均衡表で見る現在のトレンドは

  • 月足チャート 売り
  • 週足チャート 買い
  • 日足チャート 買い
  • 8時間足チャート 売り
  • 4時間足チャート 売り
  • 1時間足チャート 売り
  • 30分足チャート 売り
  • 15分足チャート 売り

トレンド確認

  1. 雲の中にいるともみあい
  2. 雲の上にいると買いが強い
  3. 雲の下にいると売りが強い

がトレンドの目安となります。

ドル円日足

さすがにそろそろ反転ポイント -1σは昨日の高値より少し下なので、そこまで上げるかは不明だが、売りも厳しい位置

107.90銭を割れるなら日足の雲107.50銭あたりが目途だが、さすがに107.90銭~108.00銭は買い場

ドル円1時間足

見てのとおり上抜けポイントが見えています。

少女1
ミミコ
要するに買ってもいいという状況です。

週足の10MAが108.45銭なので、しょぼあげの可能性も高いですが昨日と違い買い推奨

なのでこの場合は15分足や30分足を見ます。

ドル円15分足

雲上抜けポイントは赤丸なので、もう少しかかりそうだが買い推奨

週足の10MAが108.45銭なので30銭ぐらいしか狙えないが、買いでいいのではないでしょうか。

30分足

雲が分厚いので爆上げななし。

108.40銭前後が目途

4時間足・8時間足

上値を見るのは4時間足と8時間足になります。

4時間足

雲上抜けポイントが出現 ここまで上げるのではないでしょうか。

下落トレンドの時は4時間と8時間足の

-1σ、10MA 転換線の三本が上値のポイントです。

抜いたら20MA(白い点線)が目標となり、-1σを割らなくなると上へ行く可能性が高くなります。

現在は-1σが108.30銭 10MAが108.40銭 転換線が108.45銭なので大体30分足雲と一致しています。

今日のポンド円・ドル円予想レンジ

以上が2021年4月20日ドル円・ポンド円最新予想とチャート分析でした。

ドル円は買い

ポンドドルは売り

ポンド円買い

と予想しておきましょう。

下記ランキングに参加しています。参考になったら応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ  

今回も下記応援が無ければまたしばらく休憩に入りますので、参考になると思う人はクリックして応援お願いします。

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ  

また毎日詳しく書くのは大変なので、もう少し時間足を絞って書いて行こうと思います。

チャートの設定は下記で紹介しています。

下記は過去記事の内容を残していますので、FX初心者は分析に利用してください。

このブログはFX初心者向けのドル円やポンド円、GBP/USDの予想記事&レクチャーと海外FXを紹介しているブログです。

2021/4/19の予想記事

ドル円は週足+1σ 108.60銭を割らず、ポンド円は週足転換線149.30銭を割らずと言った結果に終わりました。

このように強いレジスタンスがどこかを知っておくと利確や損切の目安が分かると思うので、FX初心者は下記記事を読んでおくといいでしょう。

週足チャートは月曜に見ないと移動平均線が動いていないのでわかりませんが、ドル円もポンド円も週足+1σを割っている状況には違いないでしょう。

となるとドル円は来週は 週足10MAと転換線よりまだ上にいるので、ここらが下値の目途で反転ポイントと言えます。

侍
ドル蔵
今月も後2週あることを考えると、ジリ下げモードには違いないでしょうかね。

海外FXで最強スペックを提供しているのはExnessで、レバレッジは2,000倍~無制限、スプレッドも上位TOP3、ロスカットも0%で取引手数料も無料です。

このハイスペックを利用して50lot(500万通貨)以上取引するトレーダーが結構いるのですが、相当自信があるのでしょうかね?

勝てば大きいですが、ストレスも大きいのである程度お金がある人が試してみるといいでしょう。

FXは待ちのトレードです。金曜みたいにポンド円転換線149.30銭で買えるかどうか。どのレジスタンスが固いのかどうかを知っておくのがポイントです。

今回も下記応援が無ければまたしばらく休憩に入りますので、参考になると思う人はクリックして応援お願いします。

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ  

また毎日詳しく書くのは大変なので、もう少し時間足を絞って書いて行こうと思います。

チャートの設定は下記で紹介しています。

基本的には実際に利用してトレードや出金まで実践した海外FXをメインに紹介していますので、興味がある人は優良業者のみ紹介しているので、参考にしてください。

  1. Big Bossが10万円までの100%入金ボーナスを4/30まで延長
  2. TTCMが取引量に応じてレバレッジ3,000倍まで、20万円以上の入金で200%ボーナス
  3. Axioryは、5/31まで入出金手数料無料キャンペーンを実施して、Curfexより3,000円以上を入金すれば、もれなく3,000円のボーナスをプレゼント
  4. FBSは100ドル以上の入金で、300%ボーナスキャンペーンを5/12まで実施

ということで、a-book業者のTTCMが色々なキャンペーンを実施しています。

FBSはバルセロナのスポンサーになるほどの大手ですから、コスパと約定力は弱いですが、チャリティーの一環で実施している300%ボーナスを獲得してみてください。

上記は私が実際に出金している海外FX業者ばかりなので、比較的安心して利用できるでしょう。

少女1
ミミコ
基本的に海外FXは大きな企業だけ利用すれば(そのかわりコスパや約定力は悪い)全然怖くないからね。
少年
トレ太
大きな企業はTOPページの中段記事に〇してあるから、チェックしてみてください。

ポンド円の週足予想と最新のトレンド

ポンド円週足チャートは下記記事を参考にしてください。

一目均衡表で見るポンド円の現在のトレンドは

  • 月足チャート 売り
  • 週足チャート 買い
  • 日足チャート 買い
  • 8時間足チャート 売り
  • 4時間足チャート 売り
  • 1時間足チャート 買い
  • 30分足チャート 買い
  • 15分足チャート 買い

と1時間足雲突破したので、後は4時間足雲が焦点ですが、4時間足雲の中に入るまではまだ戻り売り推奨

土日は先週ポンド円とポンドドルがどこで反発したのかをチェックする重要な日です。

チャートは基本1時間足を見ます!!! 1時間足の雲の上にいれば押し目買い 雲の下にいれば戻り売り これがFXの基本

トレンド確認

  1. 雲の中にいるともみあい
  2. 雲の上にいると買いが強い
  3. 雲の下にいると売りが強い

がトレンドの目安となります。

ポンド円とポンドドル日足チャート

ポンド円日足チャート

落ちるなら赤丸なので、赤線の動きが濃厚。

月足100MA 153.40銭は抜かないと思うのでドル円かポンドドルのどちらかがジワリと下げるのでしょう。

とりあえず週の頭は週足の10MAと転換線がまだ固そう。

上は日足の10MAと20MAがポイント 月曜に動いているのでご自分でチェックしてください。

ポンドドル日足

昨日は日足の-1σを割ったところで反転しました。上は一目均衡表の雲まで、+1σより上で終わっていないのでまだ上昇トレンドとは言えません。

8時間足

こちらも-1σで大きく反発しています。

8時間足の-1σはとにかく固いので、8時間足を見れないスマホユーザーではなかなかFX攻略は難しいと言えます。

しかも現在はMT5でしか8時間足を見れないので、MT5が利用出来る海外FX業者をデモでもいいので、口座開設してチャートで利用するといいでしょう。

侍
ドル蔵
下記はMT5とMT4が両方使える大きい企業ばかりです。

要するに安心して海外FXを利用したいのであれば、大手を選ぶのが基本でかつMT4やMT5両方使えるのも大手の特徴です。

  1. HotForex 早朝の約定が弱い
  2. Tradeview 決済スピードがやや遅い
  3. Land-FX 普通
  4. XMtrading 普通
  5. FBS 注文も決済も1秒はかかる
  6. Exness やや遅め

これらの海外FX業者でトレードをした私が実感した特徴は

侍
ドル蔵
スプレッドは広めで、約定力は普通~遅いのが特徴的です。
少女1
ミミコ
要するに上記海外FX業者の約定が早いとか素晴らしいとか書いているブロガーの記事は、実際に取引していないのであてにしないほうがいいということです。

上記は全部私が口座開設してトレードや出金などを実践したので、リアルに正確です。

下記記事で冒頭に日刊取引明細(トレード結果)を掲載している(していないのもある)ので、見れば嘘ではないのが分かります。

ポンド円の時間足の予想と今日の値動きポイント

ポンド円の1時間足チャートを見てみましょう。

チャートはHotForexのMT5を利用

昨日の書いた雲上抜けポイント

昨日書いたポイントより少し早かったけど、週足転換線149.30銭が目途と書いていたので買いは余裕の勝利だったいうところでしょう。

少女1
ミミコ
ここで50lot買いで取引するトレーダーが天才トレーダーというところだね。

ポンド円1時間足

雲割れポイントは赤丸なので、月曜は売りトレーダーはぱっとしないということです。

少女1
ミミコ
ということは月曜にドル円が大きく下げたら、ポンドドルが上げると言う事が見えてきます。
ポンド円= ドル円の値 × GBP/USD

ポンドドル1時間足

こちらも雲割れポイントがぱっとしないので、月曜日はあまりトレードには向いていません。

4時間足のポイント

4時間足

雲が分厚く、とりあえず雲上抜けポイントが無いので戻り売りが基本 上がっても日足の20MAまでかな。

ストレス相場が続きそうなので、欲張らずに損切利確はこまめにしていきましょう。

ポンドドル4時間足

ポンド円がまだ上を示唆していないので、グダグダ相場か

+1σ 20MA -1σあたりで適度に反発が濃厚

ドル円が108.00銭まで行くようであれば上も見たい。

15分足チャート

ポンドドルの最も重要な15分足

雲が分厚いので、予想は難しい。ポンド円4時間雲があまり上を示唆していないので、月曜は小動きかな。

ドル円予想

ドル円は週足+1σの108.60銭を割らなかったが、終値を見ると割っていそうな位置

月曜に週足チャートをチェックして+1σを割っているのかに注目

しかし+1σを割っても週足10MAと転換線も固いので、来週は今週のポンド円のような動きも想定されます。というか間違いないでしょう。

一目均衡表で見る現在のトレンドは

  • 月足チャート 売り
  • 週足チャート 買い
  • 日足チャート 買い
  • 8時間足チャート 売り
  • 4時間足チャート 売り
  • 1時間足チャート 売り
  • 30分足チャート 売り
  • 15分足チャート 売り

1時間足を見ると日本時間がポイント

トレンド確認

  1. 雲の中にいるともみあい
  2. 雲の上にいると買いが強い
  3. 雲の下にいると売りが強い

がトレンドの目安となります。

ドル円日足

こちらもポンド円の日足の雲と似ているので、108.00銭前後で大きく跳ねます。

小動きももちろんありますが、おそらく108.00銭前後が週足の転換線かな。

上は1時間足雲を突破すれば、日足の10MA(これが固い)が見えてきます。

ドル円は月足の100MAが109.00銭、+1σが108.95銭あたりにいます。

なのでちょっとはみ出た109.10銭までが上値のポイントと言えます。

少女1
ミミコ
下は週足の転換線と10MAかな

要するに週足の10MAを叩いて上昇し、次は転換線を叩いて上昇するのが基本

少女1
ミミコ
なので来週も100pips動く可能性は低いということです。
侍
ドル蔵
もちろん月か火に週足転換線を叩けば108.00銭割れもありますけどね。

ドル円1時間足

見てのとおり上抜けポイントが見えています。

少女1
ミミコ
要するに買ってもいいという状況です。

朝窓がどちらに出るかわかりませんが、週足の+1σの位置を上回っていれば買いもありです。

なのでこの場合は15分足や30分足を見ます。

ドル円15分足

雲上抜けポイントは赤丸なので、買いは微妙というサインが出ています。

ただ左の青い雲がレンジ相場として動いているので、下もレンジの可能性もあるということがわかります。

上は108.83銭が15分雲の上限なので、早朝はここを目安に売るのが基本 赤丸までレンジが続く場合は上も警戒というところ

30分足

30分足は青い雲が平行しているので、ややレンジよりの下となっています。

だからあまり30分足は参考にならないかな。

今日のポンド円・ドル円予想レンジ

以上が2021年4月19日ドル円・ポンド円最新予想とチャート分析でした。

ドル円は売り

ポンドドルやポンド円は小動き

と予想しておきましょう。どちらも週足の+1σをチェックするのが月曜のチャートチェックポイントと言えます。

2021/4/16の予想記事

予想通りの小動き相場であまり勝てそうな相場ではない気配がしてきたでしょうか。こういう時は様子見が正解と言えます。

今月はまだ半ばなので、このまま下げ続けるとは思えないし、買い場のチャートになっていないので、横横相場が続いていると言えます。

ドル円週足

ドル円週足チャート

ようやく昨日+1σの108.60銭にタッチしたので、今日は10MAと転換線が目途になりますが、そこまでのハイペースがあるかどうかが焦点

要するに下げ渋りということなのですが、今日の終値と週明けの始値が+1σを下回って終えるかに注目となります。

今回も下記応援が無ければまたしばらく休憩に入りますので、参考になると思う人はクリックして応援お願いします。

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ  

また毎日詳しく書くのは大変なので、もう少し時間足を絞って書いて行こうと思います。

ポンド円の週足予想と最新のトレンド

ポンド円週足チャートは昨日の記事を参考にしてください。

一番下の転換線が149.30銭なので、今日は149.30~00銭が下値の目途ということになります。

おそらくこの位置をキープすることで、来週+1σと10MA、転換線が今の位置より上に行くと思います。

そこから売ればいいのでしょうが、上値がどこかということがポイントです。

一目均衡表で見るポンド円の現在のトレンドは

  • 月足チャート 売り
  • 週足チャート 買い
  • 日足チャート 買い
  • 8時間足チャート 売り
  • 4時間足チャート 売り
  • 1時間足チャート 売り
  • 30分足チャート 売り
  • 15分足チャート 売り

と小動き相場だったので、変化なし

昨日の矛盾は ポンド円が1時間足雲下 ポンドドルが1時間足雲上 要するにレンジ相場ということですね。

この2銘柄の位置が一致していないと、明確なトレンドは出にくいと思っておくといいでしょう。

チャートは基本1時間足を見ます!!! 1時間足の雲の上にいれば押し目買い 雲の下にいれば戻り売り これがFXの基本

トレンド確認

  1. 雲の中にいるともみあい
  2. 雲の上にいると買いが強い
  3. 雲の下にいると売りが強い

がトレンドの目安となります。

ポンド円ポンドドル日足

ポンド円・ポンドドルの日足チャートは昨日の記事参照

とりあえず日足の10MAが追い付いているのを待っていると言う印象。

下は週足転換線の149.30銭というところ

ポンド円の時間足の予想と今日の値動きポイント

ポンド円の1時間足チャートを見てみましょう。

チャートはHotForexのMT5を利用

ようやく上抜けポイントが出現していますが、4時間足を見ると抜いても上は重い。

ポンドドドル1時間足

雲下抜けポイントは赤丸。雲の中にはいって横横になるかどうかだが、今のところ買い優勢

ポンド円が上値が重いということは、ドル円が下げないとポンドドルは上がらないと言う事です。

ポンド円の値=ドル円の値×GBP/USDの値

4時間足をチェックするとよくわかります。

4時間足のポイント

4時間足

雲が分厚く、とりあえず雲上抜けポイントが無いので戻り売りが基本 ポンドドルが上なので横横相場が濃厚と言う流れが継続

上は+1σ 150.30銭までなので20MAや10MAを目途に売るしかないが、横横モードなので来週まで様子見

下は週足転換線149.30銭まで狙うにはドル円の下げ次第。

ポンドドル4時間足

こちらは雲の中に入ったので、迷走相場。赤丸まで小動きを想定するのが一般的

ドル円が下げないと大きくは上げないと言った所。

15分足チャート

ポンドドルの最も重要な15分足

見ての通り雲の色が互い違いのレンジ相場。こういう時にトレードする人は病気と言えます。

その他オセアニアやユーロドル取引するほうがいいのではないでしょうか。

下記でも紹介しているように、相場が動かない時はユーロNZドルやGBP/NZドルを取引すると爆動きをするので、イライラモードの人にはおすすめ

もちろんチャートがよくわからない人は手出し無用と言えます。

ドル円予想

ドル円はジリ下げモード

昨日書いたように週足+1σの108.60銭を付けたので、今日の終値が+1σを割って終えるのかに注目

しかし+1σを割っても週足10MAと転換線も固いので、来週は今週のポンド円のような動きも想定されます。

一目均衡表で見る現在のトレンドは

  • 月足チャート 売り
  • 週足チャート 買い
  • 日足チャート 買い
  • 8時間足チャート 売り
  • 4時間足チャート 売り
  • 1時間足チャート 売り
  • 30分足チャート 売り
  • 15分足チャート 売り

1時間足を見ると上がる気配なし。週足10MA 108.20銭を付けるのかに注目

トレンド確認

  1. 雲の中にいるともみあい
  2. 雲の上にいると買いが強い
  3. 雲の下にいると売りが強い

がトレンドの目安となります。

ドル円日足

こちらも昨日の記事を参照

ドル円1時間足

完全売り相場が継続。雲上抜けが赤丸なので、今日も下

108.30~10銭まで下げればいい方

4時間足・8時間足

上値を見るのは4時間足と8時間足になります。

4時間足

下落トレンドの時は4時間と8時間足の

-1σ、10MA 転換線の三本が上値のポイントです。

抜いたら20MA(白い点線)が目標となり、-1σを割らなくなると上へ行く可能性が高くなります。

取りあえず赤色の転換線がまっすぐなので、ここが今日は固い 108.80銭かな。

8時間足

こちらは-1σで止まっている状況 10MAと転換線がまだまとまっていない(下へ揃って向いていない)ので、揃ったほうが分かりやすい相場になります。

今日のポンド円・ドル円予想レンジ

以上が2021年4月16日ドル円・ポンド円最新予想とチャート分析でした。

ドル円は108.30銭か108.10銭が目途

ポンドドルはレンジか買い

ポンド円は膠着のまま

下記ランキングに参加しています。参考になったら応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ  

FXで勝てない人はコピートレードがおすすめ!ただし自己資金20万円以上無いと、あまりお金は増えません!

一定の成績を収めている人はストラテジープロバイダーを始めると、1,000通貨取引でも稼げます。

2021/4/15の予想記事

ポンド円の週足予想と最新のトレンド

ポンド円週足チャート

ポンド円週足チャート

ポンド円は週足の上昇トレンドの目安となる

+1σ 10MA 転換線の3本に差し掛かっています。

一番下の転換線が149.30銭なので、今日明日では149.00銭が下値の目途ということになります。

なので今週は様子見が正解の相場と言えます。週末にこの3本線の中に入って終わるかこのまま上昇するかが今日明日のポイント

チャートを見ると上は固そうと言う感じですかね。

クロス円全般が動きがイマイチと言う相場です。

一目均衡表で見るポンド円の現在のトレンドは

  • 月足チャート 売り
  • 週足チャート 買い
  • 日足チャート 買い
  • 8時間足チャート 売り
  • 4時間足チャート 売り
  • 1時間足チャート 売り
  • 30分足チャート 売り
  • 15分足チャート 売り

と日足チャートより下の時間足は売りモード しかし下値のレジスタンスも固いので難しい相場

チャートは基本1時間足を見ます!!! 1時間足の雲の上にいれば押し目買い 雲の下にいれば戻り売り これがFXの基本

トレンド確認

  1. 雲の中にいるともみあい
  2. 雲の上にいると買いが強い
  3. 雲の下にいると売りが強い

がトレンドの目安となります。

ポンド円ポンドドル日足

ポンド円の日足チャートを見てみましょう。

チャートはHotForexのMT5を利用

ポンド円日足

雲割れポイントは赤丸なので、ここからは下値は固そう

20MAと10MA、基準線が重なる150.90銭が今日の上値の目途

下は週足転換線の149.30銭というところ

ポンドドル日足

日足の雲を割ったとはいえ、ユーロドルが上昇に入ったのでこちらも落ちにくい

最強に固いのが+1σと基準線が重なる1.383前後

下は-1σの1.372

ドル円が下げれば上がるので、押し目買いかな

ポンド円の時間足の予想と今日の値動きポイント

ポンド円の1時間足チャートを見てみましょう。

雲が長いのでレンジ相場か、ドル円が下がればドルストレートが上がっているので、ポンドドルを買っていくほうがよさげ

ポンドドドル1時間足

雲下抜けポイントは赤丸。期待は薄いが15分足雲を割るようであれば狙っていきたい

4時間足のポイント

4時間足

とりあえず雲上抜けポイントが無いので戻り売りが基本 ポンドドルが上なので横横相場が濃厚か

上は151.40銭まであるので、今日は+1σの150.40銭と200MAの150.90銭が目途

下は特になし。週足転換線149.30銭まで狙うにはポンドドルが強いので無さそう。

ポンドドル4時間足

こちらは雲上抜けポイントはあるので、200MAの1.383までは狙いたい。

ドル円が下げないと大きくは上げないと言った所。

15分足チャート

ポンドドルの最も重要な15分足

ややレンジ臭もするが、抜いたので素直に買いたい

ドル円予想

ドル円は予想通り月足75MAが天井でした。

週足の+1σが109.60銭 10MAが108.20銭にいて、どちらも叩いていないので金曜まではどちらかが下値の目安

金曜終値で+1σを割って終えるのかが今週のポイント

一目均衡表で見る現在のトレンドは

  • 月足チャート 売り
  • 週足チャート 買い
  • 日足チャート 買い
  • 8時間足チャート 売り
  • 4時間足チャート 売り
  • 1時間足チャート 売り
  • 30分足チャート 売り
  • 15分足チャート 売り

とりあえず10MA 108.20銭か少しはみ出た108.00銭まで売りたいが 先月大陽線だったので今月大陰線は考えにくい

となると週足 +1σ 108.60銭までも考えておきたい

トレンド確認

  1. 雲の中にいるともみあい
  2. 雲の上にいると買いが強い
  3. 雲の下にいると売りが強い

がトレンドの目安となります。

ドル円日足

雲割れは赤丸なので、来週まで小動きも考えられますかね、なので週足+1σや10MA 転換線割れは再来週かな

上は109.50銭に20MAと10MAがいるのでここが目安

下は108.30銭と108.60銭

ちょっと微妙かな

ドル円1時間足

完全売り相場だが、ペースを考えると横横モード突入か。雲の中に入れば間違いなく横横

108.60銭まで下げればいい方

30分足

上抜けポイントは赤丸 大体赤丸までレンジが続くのが一般的な動き

4時間足・8時間足

4時間足

20MA 109.25銭が今日の目途 日足や週足を見ると下がまだ固い、上も固いので横横を想定

今日のポンド円・ドル円予想レンジ

以上が2021年4月15日ドル円・ポンド円最新予想とチャート分析でした。

ドル円は108.60銭か108.30銭が目途

ポンドドルは買い

ポンド円は膠着か

下記ランキングに参加しています。参考になったら応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ  

スポンサーリンク

注目記事